株式会社フィードフォースの川田です。
GoogleやFacebookなどのプラットフォーマーが最近注力している分野として、データフィード広告、動的(ダイナミック)リターゲティング広告領域が挙げられます。
多くの広告サービスが登場し、各社が凌ぎを削る中、データフィード広告はどういったものか、どんな違い、特徴があるのか、という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回は、海外企業の日本参入や、新サービスが次々と現れる「データフィード広告」に関するトレンドについてご紹介します。
各サービスの押さえておきたい機能の特徴や狙いを簡潔にまとめているので、新たな集客施策を検討する際にぜひご参考にしてください。

目次

- そもそもデータフィードとは?
- データフィード広告の2トップ
- ディスプレイ型データフィード広告
- 検索連動型データフィード広告
- 人材ポータルサイトでデータフィードを活用する!
- まとめ

そもそもデータフィードとは?

各サービスのご紹介の前に、データフィードの定義とその仕組みを押さえておきましょう。

データフィードとは

データフィードはその名の通り、データ(Date)を供給する(Feed)という意味です。つまり、企業が抱える商品・商材データを広告出稿のために媒体側へ送る仕組みのことを指します。

1-DFAds.jpg

データフィードが注目されている背景

では、なぜデータフィードが徐々に注目されているのかをトレンドと合わせて見ていきます。
近年、消費者の趣向が多様化するにつれて企業の広告効果は、「いかに個々にパーソナライズされた広告を最適なタイミングで配信できるか」が重要事項となっています。
それによって広告配信サービスを提供する各社は、最新の技術を駆使した広告のパーソナライズを実現しようと試みており、その代表格として、動的(ダイナミック)リターゲティング広告が登場しました。

いわゆるリターゲティング広告は、「一度訪れてくれたユーザーに対して予め用意した広告を表示する」ものに対し、動的リターゲティング広告は「ユーザーが見ていた商品に合わせて広告バナーを自動生成」します。

例えば、下図のようなバナーを目にすることはないでしょうか。
こちらは、動的(ダイナミック)リターゲティング広告を活用した一例です。

2-DFAdssample.png

このように動的(ダイナミック)リターゲティング広告では、ユーザーが実際に閲覧していた商品がバナーに表示されるため、一般的なリターゲティング広告に比べて、かなり高い効果を上げているという事例が多く発表されています。

実際に、動的(ダイナミック)リターゲティング広告を実現するには、ユーザーが見ていた商材に関する情報として画像・商品名・値段などを、広告媒体に提供する必要があります。これらを提供する仕組みが先に述べた「データフィード」であり、動的リターゲティング広告の注目度が高まっているからこそ、データフィードそのものも注目されているのです。

前置きが長くなりましたが、それぞれデータフィード活用広告をご紹介していきましょう。
今回は、動的(ダイナミック)リターゲティング広告だけでなく、検索連動型の広告、及び業界特化型ポータルサイト(バーティカルメディア)も含めています。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

ディスプレイ型データフィード広告の2トップ!

まずは、データフィード広告の王道である動的(ダイナミック)リターゲティング広告の2トップ、CriteoとGoogle動的リマーケティングです。

1. Criteo(クリテオ)

3-Criteo.png
第三者からYahoo!JAPANに配信ができるのはCriteoのみ、ということで非常に注目されているCriteoです。世界2位のリーチ数(9.94億万人…月間リーチユニークユーザ数)と言われるアドネットワークを形成し、Yahoo!JAPANの検索トップに配信できるので、現在は動的リターゲティング広告において確固たる地位を築いています。
ちなみに、Criteo社は、フランスで設立した会社ながら、Criteoの広告を見たインターネットユーザの国別割合では、日本が全体の88%を占めているそうです。

2. Google 動的リマーケティング

4-Google動的リマーケティング広告.png
そのCriteoを追うのがGoogle動的リマーケティングです。今までEC業界でしか利用することができなかったのが、全業種でも利用可能になりました。
もちろん世界1位のリーチ数を誇るGoogleディスプレイネットワークを利用できます。Yahoo!JAPANへの配信面という強みを持つCriteoと、Googleのネットワークを活かせるGoogle動的リマーケティングが、今はデータフィード広告の2強と言えるでしょう。

スマートフォンに強い、ディスプレイ型データフィード広告

3. Facebook

5-Facebook.png
Facebookは先ほど挙げた二社と比較して、スマートフォン(アプリ)面に大きな強みを持っており、カルーセル広告(旧Multi-Product Ads)という最大5つの商品(画像、テキストリンク)を挿入して1つのニュースフィード枠に表示させる広告フォーマットがあります。

一方、Dynamic Product Adsは、動的(ダイナミック)リターゲティング広告で、ユーザーに合わせて最適な商品を表示します。
特徴としては、Facebook IDをキーにしてクロスデバイス(PC・スマートフォン・アプリ)で完璧なクロスデバイス配信が可能な点です。
現在、各プラットフォーマーが注目しているインフィード広告(ニュースフィード上にタイムライン形式で商品を表示させる広告フォーマット)で一歩先を行っていると言えます。

4. アイレコ

6-i-reco.png
アイレコは、国内最大級のアドネットワーク『i-mobile』を提供するアイモバイル社と、高性能レコメンドエンジン『deqwas.AD』を提供するサイジニア社の2社が共同で提供するサービスです。
ユーザーに最適化された広告、ダイナミックリターゲティング広告を配信することができ、高い広告効果が期待されています。

特徴としては、スマートフォンに強く、提携メディア数は、スマートフォンが約85,000サイト、PCが約54,000サイト、モバイルが約86,000サイト。
その他、業界唯一の複雑系ネットワーク理論を用いたレコメンデーションエンジン(deqwas.AD)を搭載していて、各ユーザーに合ったパーソナライズドレコメンデーションを実現しているのが特徴です。

5. nex8(ネックスエイト)

7-nex8.png
nex8は、ファンコミュニケーションズが運営しており、国内最大級のスマートフォンアドネットワーク『nend(ネンド)』への独占配信やiOSAndroidの両OSに対応したスマートフォン、特にアプリ面に強いのが特徴です。

また、ファンコミュニケーションズが独自に開発したシステムにより、ユーザーが商品一覧ページを閲覧して離脱したのか、詳細ページまで閲覧したが申込・購入に至らなかったのかなど、ユーザー行動の段階に応じて配信内容を細かくチューニングできることも特徴として挙げられます。
モバイル化が急速に進む昨今においては、前述で紹介したスマートフォンのWEB配信面に強いアイレコ、アプリ配信面に強いnex8は共に要チェックな存在になっていくのではないでしょうか。
ディスプレイ型データフィード広告 国産DSP編

6. MicroAd BLADE

8-MicroADBLADE.png
MicroAd BLADEは、老舗国産DSPです。
他社に先駆けてRTBのシステムを確立したことで、現在も国内最大規模の売上シェアを誇っています。
豊富な提携先を抱え、月間約700億インプレッションの広告枠を確保し、10,000社を超えるユーザーが既に利用しているのも特徴です。
動的リターゲティング広告としては「ダイナミックリターゲティング」という名称で海外への広告配信も可能となり、既に200社導入済みで2015年12月までに導入社数300社を目指しています。

7. FreakOut(フリークアウト)

9-Freakout.png
国産DSP第1号として2011年1月にローンチされたDSPです。
PCとスマートフォンの両面で合計約1700億impの広告在庫を保有しています。

広告配信のロジックに力を入れており、「認知」から「購買」といった各プロセスごとに最適なコミュニケーションできるよう設計されてるのが特徴です。
こちらは「FreakOut DynamicAds」という名称で、動的リターゲティング広告を展開しています。
ディスプレイ型データフィード広告 海外DSP編
続々と海外からも日本に進出してきています。中でも、今注目する3つのサービスの紹介です。

8. AdRoll(アドロール)

10-Adroll.png
AdRollは2007年に設立され、アメリカのサンフランシスコに本社があります。
アメリカで最も成長が早いアドテク企業に選出され、グローバルで20,000社の顧客基盤を誇っています。

顧客層としては、中小規模にも強みを持ち、大手企業の実績もあります。
特徴としては、フルファネル型で全ての興味レベルのユーザーに合わせて、静的リターゲティングと動的(ダイナミック)リターゲティングを使い分けられる点です。
配信媒体としてはソーシャルメディアに強く、FacebookやTwitterに配信可能な点も押さえておきたいポイントです。

9. Vizury(ビズリー)

11-Vizury.png
Vizury社は2008年に設立され、インドのバンガロールに本社があります。
2012年から、広告代理店経由でサービス提供をスタートし、2014年の7月に日本拠点が開設されています。

リターゲティング広告をはじめとしたサービスで、日本では既に130社以上の導入実績があり、業界ではECサイト、人材、不動産、旅行、化粧品、教育等々、多岐に渡っています。

ひと月当りのインプレッション数10億というリーチ数や広告主の継続利用率95%という実績も特徴です。
最近ではDMP製品の提供を新たに始められており、こちらの動向も目が離せません。

10. Appier(エイピアー)

12-Appier.png
Appierの特筆すべき点は、非常に高いAI(人工知能)技術を活用している広告サービスであることです。
Appierでは、広告の最適化にAIを活用し、広告配信の実施やリターゲティングタグにより学習を行い、継続するほど効果が上がっていくという特徴があります。

このAI技術と広告主のログイン情報を活用することで、80%-90%以上の精度まで引き上げたうえでクロスデバイスターゲティングを行えるそうです。

検索に連動したデータフィード活用広告

検索連動型の広告と言えば、リスティング広告ですが、データフィードを活用して商品画像と合わせて訴求できることから、その効果が期待されています。

11. Google商品リスト広告(PLA)

13-PLA.png
Google商品リスト広告とは、Google検索結果画面に画像や商品名・価格・店舗名などを表示することができるGoogle広告サービスです。例えば、Googleで「スニーカー メンズ」と入れて検索すると商品の画像や価格が表示されます。

やはり、一番のポイントは「商品の画像が表示される」ことです。テキストのみの表示とは異なり、画像で訴求することができる商品リスト広告は、クリック率が高くなっています。
このGoogle商品リスト広告を使用する場合は、「Googleマーチャントセンター」と呼ばれる場所に自社の商品データを提供する必要があります。

Yahoo! JAPAN検索結果にも商品画像が表示

Yahoo! JAPANの検索結果にもGoogle同様に商品画像が表示される場合があります。
上段に表示されるものは「ユーザーの検索ワードに合わせて、ファッションに特化した各サービスの人気ランキングに基づいた商品が表示される」というものです。
連携しているサービスとしては、「ZOZOTOWN」「Lumine」「iQON」「109」などの若者向けファッション関連サービスです。そして2015年5月からは「伊勢丹オンラインストア」も加わっています。

下図は「シャツ」で検索した時の結果です。
14-yahoo.png
検索結果画面のかなりの割合を占めるランキング枠が表示され、現在はファッション関連アイテムだけですが、今後、多様な業界に拡大していく流れも考えられますので要注目です。

参考:「Yahoo!検索」のファッション検索機能に、伊勢丹オンラインストアのアイテムが掲載開始

また、価格比較サイトconeco.netとの提携もしており、coneco.netにデータフィードを使って自社の商品データを提供することで、検索結果の中段あたりに画像付きで広告枠を表示させることが出来ます。

参考:Yahoo!検索、価格比較 coneco.net 情報を検索結果に掲載開始

人材ポータルサイトに求人情報をデータフィードする!

データフィードを活用して、ポータルサイトやバーティカルメディアに広告を掲載することもできます。中でも、人材系ポータルサイト界隈でデータフィード広告の活用が注目されています。

12. Indeed(インディード)

15-indeed.png
Indeedは、”あらゆる仕事、まとめて検索”をキャッチフレーズに、派遣、契約、パート、アルバイトから正社員まで多種多様な求人を検索することができるサイトで、2012年にはリクルートが買収したことで話題にもなりました。

Indeedは、インターネット上に存在する求人データをクローリングで集めてきてIndeed内の検索結果に反映させています。
Indeedに掲載されている求人情報を使って広告運用を行うことができますが、その際に用いる求人情報は、クローラーによって掲載されたものだけではなく、データフィードを利用して提供した求人情報も利用することができます。

「自社で保有する求人データ」を「Indeed社のフォーマット」で提供し、広告運用面・効果の面でも大きく向上させられるケースもあるようです。

13. スタンバイ

16-standby.png
先日リリースされ話題となったスタンバイ。ビズリーチが運営する求人検索エンジンであり、Indeedと似た特徴を保有しています。
Indeedがクリック課金型の料金体系を採用し、掲載に費用がかかる「スポンサー求人」などを展開しているに対し、スタンバイにはそういった仕組みが一切ない完全無料となっています。
スタンバイへの求人掲載も同様に、データフィードを活用することができますので、自社が保有する求人が多ければ多いほど、更新の手間を省くことにもなるでしょう。

14. Careerjet

17-Careerjet.png
Career jetもIndeedやスタンバイと同じような見た目の求人ポータルサイトですが、掲載されている求人はクリック課金で運用されています。全世界28,000以上の求人サイトに掲載されている4000万件以上の求人情報にアクセス可能なのが特徴であり、こちらも他と同じようにデータフィードの活用が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
データフィード広告のメニューは、各社新規サービス・機能アップデート含めて拡充されていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

最後に、上記でご紹介してきたFacebook、Google、Yahoo!等も登壇するデータフィード広告の今を一日で掴める日本最大級データフィード広告イベント『データフィード広告専門イベント FeedTech2015 ”データフィード元年”』についてお知らせいたします。
定員600名・事前申込制となっております。ぜひご参加お待ちしています。

FeedTech2015___国内最大級データフィード広告専門イベント.png

主催: 株式会社フィードフォース
日時: 2015年10月1日(木)
時間: 13:30 ~ 18:10(13:00開場)
参加費: 無料(事前申込制、先着順)
定員: 600名
会場: ベルサール六本木 B1 HALL

▼本イベントのお申し込みはこちら▼
データフィード広告専門イベント FeedTech2015 ”データフィード元年”

▼feed force全力ブログ
http://blog.feedforce.jp/

このニュースを読んだあなたにおすすめ

リスティング広告(検索連動型広告)とは
Google AdWordsのコンバージョンの設定方法

リスティングに関するカリキュラム

リスティングに関するカリキュラム

リスティング広告の基礎を解説しているカリキュラムもご用意しています。まだリスティング広告を始められていない方はこちらも確認してみましょう。