昨今、Webマーケティングの施策として注目されている「オウンドメディア」ですが、オウンドメディアを運営している企業はどのような目的を持ってメディアを立ち上げたのでしょうか。

今回は、メディアとして明確な目的を持ち、成果にコミットしているであろうオウンドメディアを12個ピックアップし、オウンドメディアと目的と成果ポイントの設け方について解説します。

目次

  1. オウンドメディアの目的=事業や採用の課題を解決すること
  2. 目的別オウンドメディアの成功事例12選
  3. 成功しているオウンドメディアの共通点とは
  4. 事例を参考にオウンドメディアを成功にう導こう

▼「ゼロからわかる オウンドメディア 立ち上げガイド」はこちら

ゼロからわかる オウンドメディア 立ち上げガイド

ゼロからわかる オウンドメディア 立ち上げガイド

オウンドメディアの立ち上げに欠かせない基礎知識から、具体的なノウハウまでを解説した資料です

オウンドメディアの目的=事業や採用の課題を解決すること

まずは、オウンドメディアの目的について理解しておくことが大切です。運営する事業者によってオウンドメディア運営の目的は異なりますが、事業や採用の課題を解決することが主な目的であるといえます。

以下では、オウンドメディア運営による目的をさらに細分化してお伝えします。

オウンドメディアを運営する5つの目的

オウンドメディア運営の代表的な目的として以下の5つが挙げられます。

1.リード獲得

オウンドメディアから問い合わせや資料請求などに誘導できれば、アクセスしてきたユーザーをリードとして獲得できます。ユーザーにとって有益な情報をコンテンツとして提供することが大切です。

2.採用力強化

自社の採用力強化を目的としてオウンドメディアを展開することも一般的です。社員インタビューや新入社員に求めることなどをコンテンツとして発信することで、求職者に豊富な情報を伝えることができます。社内の様子や従業員の働きぶりを脚色なく伝えることで、入社後のミスマッチを防ぐことにつながるでしょう。

3.認知拡大

認知拡大を目的としてオウンドメディアを運営することもあります。例として、商品や自社名のネームバリューが弱い場合も、顧客層に対して有益な情報を提供することで検索流入を狙うことが可能です。情報をきっかけに社名や商材名を知ってもらうことができます

4.ブランディング

自社や商材のイメージを印象付けるブランディングの目的でオウンドメディアを運営することもあります。強みを打ち出すことで、競合の差別化につながるでしょう。自社ならではの特徴をコンテンツとして打ち出すことで、顧客に与えるイメージをコントロールすることができます

5.マネタイズ

条件が揃っていれば、オウンドメディアによって直接マネタイズを行うことも可能です。SSP、アフィリエイトといった仕組みを利用して収益化することで、運営コストをまかなうことができます。ただし、ある程度のトラフィックが必要ブランドのイメージを損ねる可能性がある、といった注意点があります。

目的別オウンドメディアの成功事例12選

以下では、オウンドメディアで成功した事例を、BtoCビジネスBtoBビジネス採用強化に分けて紹介します。

【BtoB】BOXIL Magazine

image11.png
参考:BOXIL Magazine

●SaaSの魅力をわかりやすく訴求

メディア運営目的:リード獲得・マネタイズ

株式会社スマートキャンプが運営するオウンドメディアです。状況別に活用可能なSaaSをわかりやすく紹介している点が特徴です。

SaaSの特徴を比較できるように解説し、資料請求に誘導していることから、マネタイズに成功しています。ユーザーの検索KWでの上位表示にも成功しているため、アクセス数の増加にもつながっているようです。

【BtoB】サイボウズ式

サイボウズ式-新しい価値を生み出すチームのメディア (1).png
参考:サイボウズ式

●働く人のニーズに寄り添ったコンテンツを提供

メディア運営目的:認知拡大・採用力強化

サイボウズ株式会社が2012年から運営しているオウンドメディアです。

発信しているコンテンツは「働き方」や「マネジメント」「ワークライフバランス」といったテーマのものが中心です。見込み客のニーズにフォーカスしたコンテンツを発信することで、自社の認知拡大や採用強化を実現しました。自社サービスに関する問い合わせ数の増加にも成功しています。

【BtoB】ボーグル

ボーグル|企業の働き方改革は「分かる」から「やってみる」へ (1) (1).png
参考:ボーグル

●「働き方」にフォーカスしたコンテンツ発信で上位表示に成功

メディア運営目的:リード獲得

株式会社ベネフィット・ワンが運営しているオウンドメディアです。

2017年の運営当初からリード獲得を目的として、「福利厚生」「働き方改革」といったテーマのコンテンツ発信を続けています。コンテンツを上位表示させることで、検索流入の増加を実現しました。

【BtoB】Money Forward Bizpedia

image12.png
参考:Money Forward Bizpedia

●求める情報をメディア内で獲得可能

メディア運営目的:リード獲得

株式会社マネーフォワードが運営しているオウンドメディアです。

コンテンツ間のリンクを多数設けており、ユーザーが求める情報をすべてメディア内で網羅している点が特徴です。また、インタビュー記事などオリジナリティに優れたコンテンツ作成にも注力しています。

【BtoB】制御機器知恵袋

image3.png
参考:制御機器知恵袋

●専門性が高い情報発信による顧客との関係構築

メディア運営目的:リード獲得

パナソニック株式会社の制御機器コールセンターから生まれたブログで、オウンドメディアとしては珍しいBtoBの事例です。

コールセンターへのよくある質問やお問い合わせを元にコンテンツを制作し、専門性の高い情報を発信することで、既存顧客との信頼関係を築きながらサポート業務の効率化を実現しています。

【BtoC】北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店.png
参考:北欧、暮らしの道具店

●顧客に寄り添った情報発信

メディア運営目的:ブランディング・リード獲得・認知拡大

株式会社クラシコムが運営しているECサイト兼オウンドメディアです。

スタッフが愛用している商品紹介や着用レビューなど、自社商材を生活に密着した視点から提案する切り口が好評を博しています。各商品ページにスペックだけではなく、使い方が紹介されている点も特徴です。

各キーワードでの上位表示に成功しているだけでなく、メディア自体のファンも多数獲得しています。

【BtoC】THE BAKE MAGAZINE

image2.png
参考:THE BAKE MAGAZINE

●業界全体にフォーカスしたコンテンツ発信によるブランディング

メディア運営目的:ブランディング・リード獲得・認知拡大

チーズタルト専門店の株式会社BAKEが運営するオウンドメディアです。「多数の仲間をつくること」を目的に運営されています。

飲食業界のスタートアップ・先駆者のインタビュー記事を中心に掲載している点が特徴です。初回のコンテンツから20,000PVに到達して以降も安定したアクセス数を維持しており、同社のブランディングに一役買っています。

【BtoC】TechAcademy公式ブログ

image6.png
参考: TechAcademy公式ブログ

●ライト層に訴求するコンテンツでCVに直結

メディア運営目的:リード獲得・認知拡大

オンラインでプログラミングを学習することができるサービス「TechAcademy」を運営するキラメックス株式会社のオウンドメディアです。

学習サービスに集客するメディアという位置付けで、プログラミング初心者やエンジニアと仕事をする事が多いポジションの方に向けた比較的ライトな記事が多い印象です。これから勉強してみたいという人だけでなく、興味はあったけど難しそうと諦めていた方にもピッタリな内容となっています。

成果ポイントはサービスへのお問い合わせとオンラインブートキャンプへの申し込みと想定できます。特にお問い合わせについては、気になったらすぐに質問ができるチャット機能があり、成果に直結させるための工夫が盛り込まれています。

【BtoC】SPACEMARKET MAGAZINE

image9.png
参考:SPACEMARKET MAGAZINE

●わかりやすいコンテンツと自然な導線

メディア運営目的:リード獲得

レンタルスペースのマッチングサービス「SPACEMARKET」を運営する株式会社スペースマーケットのオウンドメディアです。レンタルスペースを借りた事例、貸した事例を魅力的な写真を添えて紹介しているため、スペースの活用方法を具体的にイメージしやすくなっているのが特徴です。

記事の最後にCTA(Call To Action)を配置しており、申し込みまでの自然な導線が工夫されています。

【BtoC】健康美塾

image4.png
参考:健康美塾

●ユーザーが安心感・信頼感を得られる設計

メディア運営目的:リード獲得・認知拡大

第一三共ヘルスケア株式会社が運営する、美容や健康の情報を発信しているオウンドメディアです。健康や美容に敏感な女性向けに、健康的なレシピの紹介や、女性ならではの悩みを漫画なども盛り込んだコンテンツで分かり易く解説しています。

ただ単に商品を紹介するだけではなく、ユーザーが普段から気になっていることや他の人にはちょっと聞きにくいことなどを取り上げ、安心感や信頼感が得られるような内容となっています。

【採用強化】mercan(メルカン)

image8.png
参考:mercan

●親近感・興味を抱かせる設計でリファラル採用の増加に貢献

メディア運営目的:採用力強化・ブランディング

フリマアプリの展開で知られる株式会社メルカリが運営しているオウンドメディアです。社内の人について伝えることをコンセプトとしており、メルカリ内の出来事や従業員についての情報をシェアしています。

ありのままの社内の様子を伝えることで、採用後のミスマッチを防いでいます。また、社員の友人や知人にメルカリへの興味を抱かせることで、リファラル採用の増加にもつながっているようです。

【採用強化】onLINE

image1.png
参考:onLINE

●ビジョン・イメージの共有で採用数増加を実現

メディア運営目的:採用力強化・ブランディング

LINE株式会社が運営しているオウンドメディアです。

自社のビジョンや従業員の働き方について発信するためのインタビュー記事中心のメディアです。明確な企業イメージを求職者に伝えることで、採用数増加につなげている好例といえるでしょう。各部署のスタッフが顔出しで登場することで、求職者に親近感を抱かせています。

▼「ゼロからわかる オウンドメディア 立ち上げガイド」はこちら

ゼロからわかる オウンドメディア 立ち上げガイド

ゼロからわかる オウンドメディア 立ち上げガイド

オウンドメディアの立ち上げに欠かせない基礎知識から、具体的なノウハウまでを解説した資料です

成功しているオウンドメディアの共通点とは

今回紹介した成功しているオウンドメディアに共通している点を解説します。

目的が明確に設定されている

第一の共通点は、明確な目的が設定されていることです。目的なくして運用方法や評価方法を決めることはできません。目的を定義することは、オウンドメディア運営における出発点であるととらえましょう。

目的に対して最適な運用が行われている

目的に対して、適切な運用方法が選ばれている点も共通しています。目的から逆算し、オウンドメディアを訪問したユーザーにどのような行動をとってほしいのか検討しましょう。想定しているユーザー行動に誘導できるように、導線を意識した設計にすることが重要です。

常に改善を繰り返している

効果測定と改善を繰り返していることも共通点のひとつ。オウンドメディアが運営当初から成功することは稀です。中長期的な成果を期待して、何度も改善を加えることで少しずつ効果を上げていきましょう。

事例を参考にオウンドメディアを成功に導こう

以上、オウンドメディアとしての役割を明確にし、成果にコミットしているであろうオウンドメディアを12個ご紹介いたしました。

それぞれ分野も業界も異なりますが、これらの事例に共通している点としては「目的が明確に設定されている」「 目的に対して最適な運用が行われている」「 常に改善を繰り返している」といったポイントではないでしょうか。

自社でオウンドメディアを運営する場合は、今回ご紹介したような事例や共通点を意識してみてください。

▼「ゼロからわかる オウンドメディア 立ち上げガイド」はこちら

ゼロからわかる オウンドメディア 立ち上げガイド

ゼロからわかる オウンドメディア 立ち上げガイド

オウンドメディアの立ち上げに欠かせない基礎知識から、具体的なノウハウまでを解説した資料です