Google(グーグル) 広告エディターの始め方

実際にGoogle 広告エディターを使いたい方に向けて、Google 広告エディターの始め方をご紹介します。

1、Google 広告エディターをダウンロードをする

https://ads.google.com/home/tools/ads-editor/
Google Ads Editor をダウンロード」からGoogle 広告エディターを無料ダウンロードします。

2、自分のアカウント情報とGoogle(グーグル) 広告データをダウンロードする

Google 広告エディターのホーム画面から、自分のアカウント情報をダウンロードして連携します。

1.ホーム画面にある「+追加」ボタンを押す
2.「ブラウザを開いてログイン」をクリック
3.新規ブラウザに自動表示されるGoogle広告のログイン画面から自分のアカウントにログインし、表示された認証コードをGoogle広告エディターに貼り付けて「OK」を押す
4.ダウンロードしたいアカウントを選択して「OK」を押す
5.「すべてのキャンペーン」を選択して「OK」を押す

3、毎回、最新のデータに更新してから使う

Google 広告エディターを利用する時は、毎回「最新の変更を取得」を押して最新のデータに更新してから操作します。

Google(グーグル) 広告エディターの検索広告の設定方法

Google 広告エディターで検索広告を設定する方法をご紹介します。
検索広告とはリスティング広告のことで、自社の商品・サービスに関連する文字や単語を設定しておき、ユーザーGoogle検索でそのキーワードを入力して検索した時に、広告が表示されるようにするものです。

1、新しくキャンペーンを作成する

「+キャンペーンを追加」をクリックし、プルダウンの一番上にある「検索 個 のキャンペーンを追加」を選択して新しくキャンペーンを作成します。
Google広告の作成同様に赤枠を埋めていき、キャンペーンを設定します。

2、広告グループを追加・設定する

画面の左下にあるキャンペーン広告グループから広告グループを選択し、上部の「+広告グループを追加」を押します。そこから広告グループの設定を記入していきます。

3、広告グループにキーワードを追加する

1と2同様に、上部の「+キーワードを追加」からキーワードを追加してきます。

4、広告グループに広告文を設定する

最後にテキスト広告を追加して完了です。広告エディターで直接広告文を入力でき、プレビューも表示されるので、自分で確かめながら設定してください。

5、アカウントに送信する

設定が完了したら、右上にある「↑送信」を押して、広告エディターの情報を管理画面に送信して完了です。送信前のプレビュー画面をチェックしてから送信を押してください。

Google(グーグル) 広告エディターは無料で効率化できるツール

インターネット広告を本格的に運用するなら、Google 広告エディターはあったほうがいいツールです。多くの広告を出稿するのであれば、一括編集などができる必須のツールだと言えるでしょう。

無料でダウンロードできるアプリケーションなので、まずは操作になれることから始めるのがおすすめです。シンプルな画面で操作しやすいので、触っているうちに使いこなせるようになるはず。Google広告エディターで広告運用を効率化して、生産性を上げていきましょう。