Google(グーグル)広告エディターで使用できるGoogle広告の種類

Google 広告エディターで利用できる広告の種類を一通りご紹介します。

  • テキスト広告

文字のみの広告です。

  • イメージ広告

画像の広告です。

  • ディスプレイ広告ビルダーで作成した広告

ディスプレイ広告ビルダーは、AdWordsアカウント内で手軽にイメージ広告を作成できるツールです。

  • 動的検索広告

検索連動型広告のひとつで、広告主のWebサイトに基づいて検索語句と関連性が高いページリンク先に設定し、自動で広告出稿します。広告文も自動作成されるため、キーワード選定・登録、広告文の作成の3つが自動化できます。

  • 商品ショッピング広告

ユーザー検索結果に合わせて、検索画面に商品の画像、名称、価格、店舗名や会社名などを併せて表示できる広告で、ワンストップで購入画面に誘導できます。

  • 動画広告

YouTubeやGoogleディスプレイネットワーク上で表示される動画の広告です。

  • プロモート動画広告

ユーザーが指定したキーワードに連動して、YouTubeなどで自動で表示する動画広告です。

  • 電話専用広告

電話発信が可能なデバイスにのみ表示される広告で、クリックすると電話問い合わせができます。

  • 広告パラメータを使用した広告

Yahoo!プロモーション広告など、Google広告以外の広告からの流入も計測したい場合に、リンク先のURLGoogleアナリティクスのパラメータをつけてGoogleアナリティクスと連携している広告のことです。

  • 広告テンプレート広告

広告テンプレート広告をダウンロードして、同じアカウントの他のキャンペーンにコピーできます。

  • アプリ訴求広告

モバイル端末でGoogleの関連サイトに表示されるアプリ訴求広告です。ダウンロードして、同じアカウントの他のキャンペーンにコピーできます。

ほかにも、アプリ インストール広告アプリ エンゲージメント広告、Gmail広告、ショーケース広告、拡張動的検索広告、レスポンシブ広告などがGoogle広告エディターで利用できます。

Google(グーグル) 広告エディターの始め方

実際にGoogle 広告エディターを使いたい方に向けて、Google 広告エディターの始め方をご紹介します。

1、Google 広告エディターをダウンロードをする

https://ads.google.com/home/tools/ads-editor/
Google Ads Editor をダウンロード」からGoogle 広告エディターを無料ダウンロードします。

2、自分のアカウント情報とGoogle(グーグル) 広告データをダウンロードする

Google 広告エディターのホーム画面から、自分のアカウント情報をダウンロードして連携します。

1.ホーム画面にある「+追加」ボタンを押す
2.「ブラウザを開いてログイン」をクリック
3.新規ブラウザに自動表示されるGoogle広告のログイン画面から自分のアカウントにログインし、表示された認証コードをGoogle広告エディターに貼り付けて「OK」を押す
4.ダウンロードしたいアカウントを選択して「OK」を押す
5.「すべてのキャンペーン」を選択して「OK」を押す

3、毎回、最新のデータに更新してから使う

Google 広告エディターを利用する時は、毎回「最新の変更を取得」を押して最新のデータに更新してから操作します。