コンテンツマーケティングを実施する際、まずオウンドメディアやブログを開設し、記事コンテンツの更新から始めるのが多くの企業にとって参入障壁が低く、一般的になっています。
それにより、業種問わず多くの企業がオウンドメディアが乱立し、ユーザーの目にとまるだけでも難しくなっています。
 
ユーザーの目にとまり、コンテンツを読んでもらい、更にサービスのファンになってもらえるような記事コンテンツはどのようにライティングすればいいのでしょうか。
 
今回は、コンテンツマーケティングを行うにあたり、最低限守るべきライティング方法について解説します。

<コンテンツマーケティング記事一覧>

  1. コンテンツマーケティングとは何か〜歴史・事例などから解説
  2. コンテンツマーケティングの歴史を徹底解説
  3. コンテンツマーケティング界隈の市場規模を徹底解説
  4. コンテンツマーケティングを成功させるために必要な7つの要素
  5. コンテンツマーケティングでやりがちな失敗事例5選
  6. コンテンツマーケティングの目的とゴールの設計方法
  7. コンテンツマーケティングに不可欠なユーザーニーズの調べ方
  8. オウンドメディアを一から立ち上げるための方法論
  9. コンテンツマーケティング開始直後の効果測定の考え方
  10. コンテンツマーケティングに立ちはだかる最大の障壁!会社や上司を説得する方法とは
  11. コンテンツマーケティングでよく使われる13の手法
  12. コンテンツマーケティング時代のスマホ対応方法とは?
  13. コンテンツマーケティングの時代に本当に必要なライティング方法を徹底解説(今読んでいる記事)

ライティングする前に理解しておきたい、文章の「質」の定義

「PVが多いから質が良い」とは限らない

コンテンツを作成する際、よく「質を重視せよ」と言われますが、「質」とはそもそもどのように定義づければいいのでしょうか?
 
記事は、PVやSNSシェア数など、どれだけ多くのユーザーにリーチできているかで評価される場合が多いですが、PVを稼げていたりSNSで拡散されたからといって必ずしも質が良い記事とは限りません。
 
単純にその2つを追求するのであれば、釣りタイトルPVを集めたり、炎上しそうなネタにすることでSNSで拡散させて数字を稼ぐという思考になってしまいます。
 
しかし、そのようなコンテンツでは、自社のファンが増えることは難しいです。
重視するべきなのは、ターゲットユーザーに「役立った」と感じてもらえるかどうかという点です。
その結果としてPVやSNSでの拡散となります。

もちろんフェースによっては、数字を集める段階をもつことは悪いことではありませんので、その点ご理解ください。

ユーザーの「役に立てた」かどうかが成功のカギ

コンテンツマーケティングは、自社製品を知らないけれども、潜在的なニーズを抱えているであろうユーザーに対して、いきなり売り込みをかけるのではなくまずは興味関心をひくようなコンテンツを提供し、段階的に顧客へ育成する為の手法です。
 
オウンドメディアを運営する場合、最初に接触した段階でターゲットユーザーの興味を引けなければすぐに離脱されてしまいます。
しかも、ただ興味を引くことだけを目的とした内容の薄いコンテンツでは他と差別化が図れず、自社を覚えていただくことは難しいでしょう。
 
オウンドメディア成功への第一歩は、まずユーザーの「興味」を引き、記事を読んで「役に立った」と感じてもらうことです。
 
ですので、コンテンツマーケティングにおける良質な記事とは、ターゲットユーザーの問題を解決する・役立つ記事」ということになるでしょう。