お問い合わせや応募、登録など様々な用途で使われるフォームですが、文章だけでなくファイルを使ってのやり取りをしたい方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ファイル添付機能があるフォームを作成できるツールや、ファイル添付機能のメリットなどを紹介します。無料で利用できるものも紹介しているので、本格的な導入の前に使用感を確かめたい方もぜひご覧ください。

【専門知識不要】ノーコードでフォームを作成!簡単にファイル添付機能を実装できるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【専門知識不要】ノーコードでフォームを作成!簡単にファイル添付機能を実装できるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

チームでの問い合わせ管理やフォーム単体ページ・サイト埋め込みの運用にも対応!無料でも利用できるのでまずはお試しください。

目次

  1. ファイル添付機能があるフォームを作成する方法
  2. 【無料でも使える】ファイル添付機能があるフォーム作成ツール4選
  3. 【有料】ファイル添付機能があるフォーム作成ツール5選
  4. Googleフォームにファイル添付機能はある?
  5. フォームにおけるファイル添付機能の活用シーン・メリット
  6. ファイル添付機能のあるフォームを利用しよう

ファイル添付機能があるフォームを作成する方法

まずは、ファイル添付機能付きのフォームを作成する方法を紹介します。フォームを作成する方法は主に以下の3通りです。

  • HTMLCSS、PHPなどコードで作成する
  • フォーム作成ツールを利用する
  • WordPressプラグインを利用する

それぞれについて解説します。

HTMLやCSS、PHPなどコードで作成する

HTMLCSS、PHPなどコードを使ってファイル添付機能付きのフォームを作成することができます。

コードでフォームを作成すれば、デザインや入力形式、搭載機能などを細かく指定でき、完全オリジナルのフォームが作成可能です。しかしコーディングには専門的な知識が必要となるため、イチから作成方法を学ぶとなるとフォームができるまでに時間がかかる可能性が高いです。

フォーム作成ツールを利用する

フォーム作成ツールには様々なテンプレートが用意されているツールが多いため、短時間でフォームを作成したい方や、デザインに困っている方におすすめです。ファイル添付機能の他に、EFO(エントリーフォーム最適化)機能や顧客管理機能、自動集計機能など、様々な機能が搭載されているツールもあるため、ユーザーの作業やフォーム管理者の作業の効率化につながります。

ツールによってはファイル添付機能がないもの、有料プランでしかファイル添付機能が使えないものがあったり、1ファイルごとの容量や、保存しておけるファイルの容量が決まっているものがあるため、導入前に確認が必要です。

WordPressのプラグインを利用する

WordPressでサイトを作成している場合は、プラグインを使ってフォームを作成・設置する方法もあります。

プラグインとは、WordPressに様々な機能を追加できるプログラムのことで、フォーム作成・設置ができるものも含め様々な用途のプラグインがあります。ファイル添付ができるフォームを作成可能なプラグインもあります。

プラグインにはカスタマイズ性が高いものが多いですが、英語にしか対応していないものや、実装の際にHTMLなどコードの知識が必要になるものもあるため注意が必要です。

【無料でも使える】ファイル添付機能があるフォーム作成ツール4選

無料でファイル添付機能を使えるフォーム作成ツールを紹介します。無料版の場合、一度に送れるファイルの容量や保存できる容量が小さいことがあるので、導入前に確認しましょう。

サービス 料金(月額) 可能添付ファイル数 ファイルの保存容量
formrun - FREE:0円
- BEGINNER:3,880円
- STARTER:12,980円
-PROFESSIONAL:25,800円
無制限 - FREE:100MB
- BEGINNER:5GB
- STARTER:10GB
-PROFESSIONAL:30GB
formzu - フリー:0円
- パーソナル:1,900円 (3ヶ月)
- ビジネス:3,300円 (3ヶ月)
- プロフェッショナル:8,500円 (3ヶ月)
- フリー:1
- パーソナル:1
- ビジネス:3
- プロフェッショナル:5
要問合せ
FormOK - フリー:0円
- ライト:3,500円
- スタンダード:7,200円
無制限 - フリー:100MB
- ライト:10GB
- スタンダード:30GB
SuguForm - フリー:0円
- プレミアム:2,000円
要問合せ 無制限

formrun(フォームラン)

image1.png

formrunは、専門的な知識がなくてもビジュアル豊かなフォームを作成できるツールです。豊富なテンプレートから用途に応じたものを選び、テキストを入力するだけで簡単にフォームを編集・設置できます。

FREEプランでもファイル添付機能が利用できます。サーバー上に保存可能なファイル容量が100MBまでと限られていますが、不要なファイルを適宜消していけば十分に運用できるでしょう。

また、フォームの回答を「カード」として管理できることが特徴で、「未対応」「対応中」「対応済み」など回答者ごとのステータスを整理することができます。この管理画面からメールを送ることができるため、ユーザーと連絡を取る際のメーラーを開く手間が省けます。

formzu(フォームズ)

image5.png

formzuは、メールフォームが無料で作成できるフォーム作成ツールです。
メールアドレスを登録するだけで、お問い合わせや予約フォーム、申し込みフォームなど幅広いジャンルのフォームを作成できます。新規作成画面には丁寧なガイドがついているので、誰でも簡単に操作することができます。
デフォルトのファイル添付容量は小さめですが、プロフェッショナルプランを利用する場合、オプションで増量することも可能なので、ぜひご検討ください。

また、Googleアナリティクスによるアクセス解析、公開期間設定など、無料プランであっても使える機能が充実しているのも魅力です。セキュリティ対策もしっかりしてあるので、安心して身分証などのファイルを添付してもらうことができます。

FormOK

image6.png

FormOKとは、アメリカの企業であるKodama & Company, Inc.が開発したメールフォーム作成ツールです。無料プランでも1ファイルごとの添付容量が無制限なため、画像や動画といったデータを送信してもらう必要があるなど、添付ファイルの容量制限に悩んでいる方に特にオススメしたいツールです。

365日24時間ノンストップでサーバーが運用されており、基本的にメンテナンス時間がありません。常時および日次の多重バックアップでデータの保存体制も万全です。また、フォームの書きかけ途中保存機能も搭載されています。

SuguForm(スグフォーム)

image9.png

SuguFormは、問い合わせからアンケート、イベント受付まで様々なシーンで活用できるフォームを作成できるフォーム作成ツールです。

ファイル添付機能に関しては、フリープランでは添付ファイルの上限サイズが1MB、プレミアムプランでは100MBまでとなっています。

SuguFormのサーバーはセキュリティに優れており、Amazon Web Servicesを採用しています。フォーム送信数や回答データ保存数、項目の設置数などは、プランを問わず無制限であるため、コストを抑えたい企業におすすめのツールです。

【有料】ファイル添付機能があるフォーム作成ツール5選

次に、有料プランでファイル添付機能を使えるツールを紹介します。プランによって1ファイルごとの添付容量や、保存できるファイルの容量が変わってくるので、必要な容量を考えて導入しましょう。

サービス 料金(月額) 可能添付ファイル数 ファイルの保存容量
Tayori - フリー:0円
- スターター:3,400円
- プロフェッショナル:7400円
要問合せ - フリー:添付不可
- スターター:10GB
- プロフェッショナル:30GB
SELECTTYPE - フリー:0円
- ベーシック:1,500円
- プロフェッショナル:3,000円
- プレミアム:10,000円
要問合せ 要問合せ
FormMailer - Free:0円
- Pro:1,375円
- Business:2,063円~
- Free:添付不可
- Pro:3
- Business:3〜5
要問合せ
SECURE FORM - フリー:0円
- ベーシック:990円
- ビジネス:1,980円
- フリー:添付不可
- ベーシック:50
- ビジネス:100
要問合せ
QuboREQUEST - BASIC:2,750円
- PRO:4,400円
- BUSINESS:7,150円
- BASIC:添付不可
- PRO:無制限
- BUSINESS:無制限
要問合せ

Tayori(タヨリ)

image7.png

Tayoriは、シンプルなフォームを作成したい方におすすめのフォーム作成ツールです。操作画面でフォームの項目とカラーデザインを設定するだけで、簡単にフォームを設置できます。テンプレートが、「お問い合わせフォーム」「予約フォーム」「申し込みフォーム」など用途別に使い分けられるよう用意されており、必要に応じてカスタマイズするだけで、簡単にフォームを作成できます。

Tayoriの管理画面ページでは、フォームへの回答を「未読」「未返信」「未完了」に分けて管理したり、フラグで重要度をつけることができます。これらの機能により、問い合わせへの対応漏れを防げるようになります。

SELECTTYPE(セレクトタイプ)

image2.jpg

SELECTTYPE(セレクトタイプ)は、株式会社セレクトタイプが提供しているホームページフォーム作成ツールです。求人応募受付や問い合わせ受付のテンプレートがあり、デザイン性に優れたフォームを簡単に作成できます。

作成したメールフォームからの問い合わせを、SELECTTYPE内で一元管理し、複数の担当者で効率的な対応が可能です。誰がいつ、どのような対応をしたか、すぐに共有できるので返信漏れや二重対応を防ぐことができます。

FormMailer(フォームメーラー)

image8.png

問い合わせ・申し込み・応募など様々な種類のフォームを作成できるツールです。ドラッグ&ドロップの直感的な操作で簡単にメールフォームを作成できます。1フォームに添付できるファイルの数・容量は、オプションでそれぞれ増やすことができます。用途によって自社に必要なだけ追加で購入しましょう。

また、作成したフォームには、1時間あたりの送信数や、受付期間を設定するなど、細かな設定も可能です。無料プランと有料プランが利用できますが、有料プランでは問い合わせフォームだけでなくLP(ランディングページ)が作成できたり、スパム防止機能が搭載されたりとより充実したサービスが利用できるようになります。

SECURE FORM(セキュアフォーム)

image4.png

SECURE FORMは、パーツをドラッグ&ドロップで設置するだけで簡単にフォームを作成できるツールです。フォーム作成の専門知識がなくても、直感的に操作できるのが魅力です。ファイル添付の上限サイズは「ファイル添付パーツ」1つにつき50MBとなっています。1つのフォームに対するファイル添付パーツ自体の設置個数に制限は設けられていませんが、サーバーの負荷状況によっては制限される可能性もあります。

フリープランでの機能は限られていますが、最大でも月額1,980円と安く設定されています。標準でSSL暗号化通信に対応しているため、大切なデータのやり取りも安心して行うことができます。フリープランのフォーム作成数は最大3つ、項目は8つまで設定できます。

QuboREQUEST(キューボリクエスト)

image3.png

Qubo REQUESTは、お問い合わせや各種お申込みなど、様々な用途に対応したメールフォームを簡単に作成できるフォーム作成ツールです。ドラッグ&ドロップの操作でフォームを作成することができ、初心者でも簡単に利用することが可能です。

1ファイルごとの添付容量は小さめですが、サーバーへの保存容量は無制限なため、容量の小さなファイルを多くの方から集める際におすすめです。

エラー箇所の表示や住所入力の補助機能など、入力をサポートする機能も多数搭載されているので、ユーザーに負担を与えないメールフォーム作りを実現することができるでしょう。

Googleフォームにファイル添付機能はある?

ここまで、無料と有料のフォーム作成ツールを紹介してきましたが、よく使われるのがGoogleフォームだと思います。Googleフォームは、Googleアカウントを持っていれば無料で利用できます。ファイル添付機能も利用できるので、多くの企業に利用されています。

以下では、Googleフォームでファイルを添付してもらう方法とGoogleフォームのファイル添付における注意点を解説します。

Googleフォームでファイルを添付してもらう方法

Googleフォームでファイル添付用の項目を設置する流れは以下の通りです。

  1. Googleフォームを開く
  2. フォームを作成し、項目を設置する
    3.「ファイルのアップロード」を回答形式として選択する
  3. 回答者によるドライブへのファイルのアップロードを許可する
  4. ファイル形式を選択する
  5. ファイルの最大数と最大ファイルサイズを設定する
  6. アップロードされるすべてのファイルの最大サイズを設定する
  7. テストを実施する

ファイル形式は、PDFや画像、スプレッドシートを含めた8種類から選べます。なお、
Googleフォームをカスタマイズする方法は以下の記事で紹介しているので、ご確認ください。

Googleフォームを編集画面からカスタマイズする方法とは?注意点も紹介!

Googleフォームを編集画面からカスタマイズする方法とは?注意点も紹介!

Googleフォームのカスタマイズ方法を、画像付きで解説します。編集画面からカスタマイズする方法やHTMLやCSSでカスタマイズする方法を紹介するとともに、Googleフォームをカスタマイズする際の注意点も説明します。

Googleフォームのファイル添付における注意点

Googleフォームでファイル添付用の項目を設置する場合、いくつかのポイントに注意する必要があります。

Googleフォームでは、ファイルをアップロードする形式の項目を設置する際は、回答者がGoogleにログインする必要があります。Googleユーザー以外の方は回答することができないのです。

また、添付ファイルの保存先は自分のGoogleドライブなので容量不足になる可能性があります。Googleユーザー以外も含めた多くの方から回答を集めたい場合は、フォーム作成ツールを利用したほうがよいでしょう。

フォームにおけるファイル添付機能の活用シーン・メリット

フォームのファイル添付機能はどのようなシーンで役立つのでしょうか。ここでは、フォームにおけるファイル添付機能の活用シーン・メリットを解説します。

問い合わせフォーム

ファイル添付機能は問い合わせフォームに活用できます。

サービスや製品の不具合に関して、テキストだけで状況を伝えてもらうのは限界がありますが、画像付きで問い合わせてもらうことで、どんな不具合かをすぐに把握できるのです。状況を把握するために何度もやり取りする必要がなくなるだけでなく、早く対応することができるので、ユーザーのストレスを軽減できます。

問い合わせフォームの作成方法に関しては、以下の記事で解説していますので、ご参照ください。

【2021年最新版】問い合わせフォーム作成ツール10選!作り方のコツも

【2021年最新版】問い合わせフォーム作成ツール10選!作り方のコツも

問い合わせ窓口として電話やメールを設置する場合、欲しい情報が効率よく取得できず、余計なコミュニケーションが発生してしまったり、顧客体験を損ねてしまったりする恐れがあります。今回は問い合わせ対応に便利なメールフォームを紹介します。

応募フォーム

応募フォームでファイル添付機能を活用するのも有効です。

例えば、写真やイラストのコンテストなどを開催する際に、フォームにそのまま作品を添付してもらえば、郵送・メールなどによるやり取りを省くことが可能です。

複数人で郵送・メールでの応募受付を行う場合、送られたファイルを手動で共有フォルダなどに移動する必要があります。しかし、フォームのファイル添付機能を活用すれば特定の場所に自動でファイルが保存されるため、複数のファイルをまとめて管理できます。

応募フォーム作成ツールの作り方についてもう少し詳しく知りたいという方は、以下の記事をチェックしてみましょう。

無料&有料のおすすめ応募フォーム・申し込みフォーム作成ツール8選を紹介!

無料&有料のおすすめ応募フォーム・申し込みフォーム作成ツール8選を紹介!

「プレゼントキャンペーン」や「求人応募」、「写真コンテスト」などに使うことができる応募フォーム。導入することで業務の効率化や人件費の削減にもなります。本記事では無料から使えるおすすめのフォーム作成ツールも紹介しているのでぜひ最後までご覧ください。

登録フォーム

登録フォームにもファイル添付機能を設置すると便利です。例えば、顔写真やアイコンの写真などをフォームに添付してもらえます。Webサービスなどでは、自身を識別するために画像を登録したりしますが、画像添付がなくては登録ができないのです。

しかし、顔写真などはユーザーにとって重要な情報でもあるので、フォームには個人情報の取り扱いについて明記しておきましょう。

登録フォームを作成する際の注意点に関して、以下の記事で解説していますので、ぜひご確認ください。

【おすすめツール9選】登録フォームの作り方と注意点を徹底解説!

【おすすめツール9選】登録フォームの作り方と注意点を徹底解説!

企業のサービスや講演会に、顧客が登録する際の窓口となる「登録フォーム」。登録フォームを設置すれば24時間の登録対応や顧客の管理、分析まで自動で行うことができます。本記事では登録フォームを作る際の注意点からおすすめのフォーム作成ツール9選を紹介。

採用エントリーフォーム

採用エントリーフォームでも、ファイル添付機能はよく利用されます。応募者の選考に必要な履歴書・職務経歴書などのファイルを送付してもらえるからです。

他にもポートフォリオのファイルや写真、自己紹介動画などをアップロードできるので、あらゆる選考方法に対応できます。

エントリーフォームについては、以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

エントリーフォームのおすすめ作成ツール8選!作り方も紹介

エントリーフォームのおすすめ作成ツール8選!作り方も紹介

応募者数の増加や採用効率の向上に欠かせない、エントリーフォームについて解説します。エントリーフォームの作り方や重要性、作成時に注意すべきポイントを解説するとともに、エントリーフォームを設置するのにおすすめのツールも紹介します。

ファイル添付機能のあるフォームを利用しよう

ファイル添付機能のあるフォームは、問い合わせや応募受付、採用エントリーなどの様々なシーンで役立ちます。テキスト情報だけでなく、必要な書類や画像などのファイルをアップロードしてもらえるので、問い合わせの内容把握や選考がよりスムーズになります。

そして、ファイル添付機能のあるフォームを作成するには、フォーム作成ツールがおすすめです。コードの知識がなくてもファイル添付機能を簡単に設置できます。

formrunは、ファイルを無制限で添付できるフォームの作成が可能なツールです。デザインのカスタマイズもノーコードで簡単にでき、セキュリティ対策も充実しています。

さらに、顧客管理機能や管理画面上から個別で連絡が取れるなど、フォーム作成から問い合わせ管理まで一貫させることが可能なので、ぜひサービスの詳細をご確認ください。

【専門知識不要】ノーコードでフォームを作成!簡単にファイル添付機能を実装できるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【専門知識不要】ノーコードでフォームを作成!簡単にファイル添付機能を実装できるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

チームでの問い合わせ管理やフォーム単体ページ・サイト埋め込みの運用にも対応!無料でも利用できるのでまずはお試しください。