ホームページの改善には欠かせないのがA/Bテストです。
複数の仮説を導き出して、仮説Aと仮説Bを比較するシンプルな検証手法の1つと言えます。
このA/Bテストがヒントとなり、改善した結果、売上が数倍に上がったという例も少なくありません。最近では、グロースハックが話題となったことでもA/Bテストの重要性が再認識されています。
今回は、A/Bテストの実例記事の中からオススメ記事とA/Bテストを行ううえで読んでおくべき10記事をまとめました。

このニュースに興味のあるあなたにおすすめ

グロースハックとは
グロースハックを始める時に役立つ記事5選
【2014年話題】グロースハックが良く分かるSlideshare厳選6スライド
広告に頼らずに成果を出せるグロースハックの概要と成功事例記事
会員獲得を目的としたグロースハック事例6選

1.ランディングページ最適化(LPO)事例で学ぶ問い合わせ数10倍の手法

ランディングページ最適化(LPO)事例で学ぶ問い合わせ数10倍の手法

http://liskul.com/lp_lpo3-5929

LPOにおけるA/Bテスト事例が3例紹介されています。また、記事中にはLPOを行ううえで、向き・不向きのあるジャンルや分析する際の手法についても解説されています。

2.事例で学ぶ5つのUI改善エッセンス | 40日で登録数2.23倍。転職会議が行った32回のABテスト【中編】

事例で学ぶ5つのUI改善エッセンス | 40日で登録数2.23倍。転職会議が行った32回のABテスト【中編】

http://jp-blog.kaizenplatform.com/tensyokukaigi_abtest_casestudy

限られた期間(40日間)という中で、実に32回のA/Bテストを行った結果、登録数が2倍になった事例について紹介されています。
主に、EFO(エントリーフォーム最適化)を中心とした会員登録ページUI改善を行ったようです。フォーム内の文言1つで明確な差が生まれることが分かると、早速実践したくなる内容です。

3.【実践グロースハック】ポップアップがネットショップの売り上げを激増させる

【実践グロースハック】ポップアップがネットショップの売り上げを激増させる

http://growthhackjapan.com/2014-09-09-netshop/

海外のネットショップが行ったA/Bテスト事例です。
とても基本的な改善で、結果的に50%以上の収益が改善されるという結果になりました。
基礎の重要性について、再認識するとともに、「当たり前だけど、外せない」という施策は抜けがないか必ずチェックするべきでしょう。

4.神は細部に宿る!「たった1つのリンクの改善が、100万ドルを生み出した」事例から学ぶデジタルマーケティングの教訓

神は細部に宿る!「たった1つのリンクの改善が、100万ドルを生み出した」事例から学ぶデジタルマーケティングの教訓

http://www.ctale.jp/blog/archives/1832

A/Bテストの際にGoogleAnalyticsとClickTaleのヒートマップを併用した結果、1つのリンクを改善しただけでCVRが7%改善された実例です。
元々の売上が300万ドル(300億)というだけあり、1つの改善で7%の改善がもたらす売上増は計り知れません。

5.【成果を上げる色の選び方】色彩心理学から学ぶ サイトカラーの「正解」

【成果を上げる色の選び方】色彩心理学から学ぶ サイトカラーの「正解」

http://liskul.com/wm_cpsychology-4111

色彩心理の観点からA/Bテストを行った実例についてご紹介されています。色を使ったA/Bテストは以前から多くの企業が取り入れており、明確にどの色がいいのか?は諸説あります。
そのため、ホームページを利用するメインのユーザーに最適な色をベースに検証するとよいでしょう。

6.【グロースハック永久保存版】20のケーススタディから学ぶ、必ず押さえておきたいUI/UX改善の7つのポイント

【グロースハック永久保存版】20のケーススタディから学ぶ、必ず押さえておきたいUI/UX改善の7つのポイント

http://jp-blog.kaizenplatform.com/+abtest_20casestudy

Webサービスを中心に、UI/UX関連の改善事例を20例紹介されています。
その中で、押さえておくべきポイントも紹介されていますので、Webサービスに限らず応用できそうなテクニックは参考にしましょう。

7.元Huluのグロースハッカーが語る “真のグロース” とHuluで行ったグロースの軌跡

元Huluのグロースハッカーが語る “真のグロース” とHuluで行ったグロースの軌跡

http://growthhack.vasily.jp/2014/02/hulu-growthhacker-2/

テレビドラマを配信するHuluの事例と元Huluに所属していたグロースハッカーが語るグロースハックにおける戦術や概念について語られている記事です。
特にHuluでの事例については、フォーム周りを中心の改善事例が参考になりました。

8.【リスティング】広告文でよく見かける2つの無意味なABテスト

【リスティング】広告文でよく見かける2つの無意味なABテスト

http://s-supporter.hatenablog.jp/entry/sem-ab-test

リスティング広告の運用で行うA/Bテストの中で、不要なA/Bテストの項目が紹介されています。リスティング広告を運用している方であれば、無駄をなくすためにも必ずチェックしておきたい内容です。

9.A/BテストでECサイトのコンバージョン率を120%改善させたグロースハック

A/BテストでECサイトのコンバージョン率を120%改善させたグロースハック

http://liginc.co.jp/web/useful/135228

ネットショップを対象に行ったA/Bテスト例について紹介されています。
ボタンのデザインだけで、CVRが1%近く改善されるのは参考にしておきたいところです。

10.【保存版】今すぐ使いたい!海外の必携グロースハックツール30選。

【保存版】今すぐ使いたい!海外の必携グロースハックツール30選。

こちらはA/Bテストやグロースハックで使いたいツールの紹介です。
効率よく正確なデータを必要とする改善には、必須のツールばかりですので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://growthhack.sirok.co.jp/growthhacks/bestgrowthhacktool/

まとめ

A/Bテストとして参考にするだけでなく、これからグロースハックしたいという方にとってはオススメの記事ばかりです。
特に、売上に直結するネットショップを事例とした内容に関しては、応用する価値があると思いますので、おすすめです。
是非、実践してみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

ランディングページ(LP)のA/Bテストとは
ランディングページ(LP)で売るためにはクロージングが重要
ランディングページ(LP)での商品説明は心理学を活用しよう

このニュースに関連するカリキュラム

LPOカリキュラム

LPOカリキュラム

LPO(ランディングページ最適化)で最も重要なランディングページの構成をユーザーの心理やノウハウを元に説明します。さらに、LPOの効果を高めるために必要なA/Bテストの方法も併せてどうぞ。