3.ソーシャルメディアをはじめよう

ソーシャルメディアをはじめよう

Twitter、Facebookなど、活用しているネットショップオーナーも多いのではないでしょうか。無料で使えるショップの宣伝ツールとして、BASEの利用者の多くもSNSを活用して集客を行っています。これらはショップの更新情報や商品についてのお知らせだけでなく、ブランドのストーリーを伝える有効な手段として活用できます。

またそれだけではなく、お客様とのリアルタイムなコミュニケーションツールとして使えるサービスです。あなたのブランドに関するツイートをしているお客様とやりとりをしたり、プレゼントキャンペーンなどを行って能動的にコミュニケーションをしているショップオーナーも多く存在します。

ほかにもVine、Pinterest、Youtubeなど様々なツールがあります。ぜひお客様の特性を見極めてそれぞれのサービスを有効活用していきましょう。

4.インスタグラムでハッシュタグを活用しよう

インスタグラムでハッシュタグを活用しよう

今、小中規模のネットショップにおいて最も注目されている集客ツールがInstagramです。スマホで撮影した写真を綺麗に加工できる写真共有サービスですが、Twitterを超える利用者を集め日本はもちろん世界的にも注目を集めるサービスです。

このInstagaramの特徴として*”ブランドの世界観を伝えることが簡単にできる”*ことがあげられるでしょう。ビジュアルを中心としたサービスなので、そのブランドイメージを容易に多くの人々に発信することができます。

多くの人に見てもらえるコツがハッシュタグです。例えばアクセサリーを扱うブランドであれば 「#cute #earrings #necklace #love」などなど、考えられるキーワードをその投稿に入れることで、その分野に感心のある見込顧客の多くに見てもらえることが可能になります。

BASEでもこちらのショップがInstagramで集客を成功しています。そこで投稿する写真が素晴らしいものであれば、フォロワーとなってもらいショップにも来てもらえる潜在顧客となりえます。

5.まとめサイトを活用しよう

まとめサイトを活用しよう

ブログ以外にも検索経由で見つけてもらえる有効な手段として、まとめサービスを活用するという方法が挙げられます。何か調べ物がありGoogleやYahoo!で検索をした際、NAVERまとめというサイトを多く目にしたことはありませんか?

実はあのまとめは誰でも作成することができ、内容が有益でかつ面白いものであれば多くの人々に見てもらうことが可能です。BASEのユニークなサービスを紹介しているこちらのまとめなど276万PVにも及びます。

ご自身が得意とするジャンルで有益な情報を、ショップの紹介も交えてまとめてみるのも有効でしょう。ブログよりも簡単に作成することができますよ。まとめサービスがその構造上、SEOも強いものになっていますので検索で見つけてもらえる有効なチャネルとなりえます。

女性向けのサービスであればMERYなどオススメです。