ビジネスは、自社がコントロールできる部分だけでなく、市場環境や競合など様々なことに影響を受けます。

事前にどんなことが起こりうるのか、理解しておけば対策も取りやすくなります。

今回は、自社ビジネスとそれを取り巻く環境を整理するSWOT分析について解説します。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

SWOT分析とは

SWOT分析は「S=Strength(強み)」、「W=Weakness(弱み)」、「O=Opportunity(機会)」、「T=Threat(脅威)」の4つの軸で企業を評価、分析する手法です。「強み」、「弱み」の内部環境と「機会」、「脅威」の外部環境を統合的に分析し、将来の課題やニーズの把握、戦略構築に役立てられます。

SWOTの内部環境はマーケティング施策や財務など自社企業側の要因です。一方で外部環境はマクロ要素である政治動向や経済・景気、社会動向、自然環境、ミクロ要素である市場環境やユーザーのニーズ変化などを示します。これらを書き出した上でどういった事象へ社内のリソースを投入するのかの判断基準とします。

Strength:自社の強み

内部環境の強みです。製品の技術力の高さや運用経験、ブランド、人材・組織などの視点から、自社の強みについて分析します。ユーザーがなぜ自社サービスや商品を利用してくれるのかを考えましょう。

Weakness:自社の弱み

自社の弱みや苦手なことについて分析します。コストやリソースなどで競合よりも足りていない部分や、情報の打ち出し方など、自社が苦手とする部分を洗いざらい抽出するようにしましょう。

Opportunity:チャンスとなる外部要因

自社にとってビジネスチャンスとなるような環境変化や、変化に対する競合他社の動きを分析します。徹底的にデータを収集し、小さなことでもチャンスとなりうる要因を1つでも多く抽出することがポイントです。

Threat:脅威

自社の強みを打ち消してしまう危険性のある環境変化や、競合他社の動きなどを分析します。外部要因のため、自社の企業努力だけでまかなえない部分もありますが、脅威を知ることで新たなビジネスチャンスを抽出することもできます。
「Opportunity」と同様、ささいなことでも脅威となりうることは全て抽出するようにしましょう。

実際に分析してみよう

6_SWOT.jpg
それでは実践ノートを立ち上げて自社の強みや弱みを入力してみましょう。自社のプラス要因とマイナス要因を書き出すことで、自社が持つ課題や事業リスクなどが可視化されます。

まとめ

SWOT分析は内部環境と外部環境を把握することで自社や他社、また業界・市場環境の可視化につながります。外部環境の変化に対し、内部環境をどのように戦略的に構築していくのかを考える必要があります。

またSWOT分析から派生した「クロスSWOT分析」や「5フォース分析」、マクロ環境を分析するための「PEST分析」などのフレームワークもあります。Webマーケティング講座でもいくつか扱っているので、より詳しく知りたい方は実際に勉強してみましょう。

まずはSWOT分析に取り組み、さらに深い戦略を構築する際に利用するとよいでしょう。