個人としてPinterestを活用した方がいい理由があるのと同様に、企業、特に中小企業がPinterestを活用した方がいい理由もあります。

全ての企業がマスメディアを使った広告を実施できる訳ではありません。現在はマスメディア以外にもデジタルメディア、ソーシャルメディアが一般化しています。多くの企業が広告予算の規模に関わらず、自社ホームページソーシャルメディアの運用を実施、もしくは実施を検討しているのではないでしょうか。

Pinterestには既存のソーシャルメディアとは異なる、Pinterestならではの活用メリットがあります。

Pinterestが既存のソーシャルメディアとどう違うのかは「Pinterestとは」でお話させていただきましたが、ここでは中小企業にとっての活用メリットを3つご紹介します。

- ホームページへのアクセスに貢献
- ブランドエンゲージメントに貢献
- クリエイティブ作業に貢献

それぞれ見ていきましょう。

ホームページへのアクセスに貢献

既存のソーシャルメディア、SNSにおけるタイムラインがフロー型(情報が時間の経過とともに流れ、その瞬間に情報の価値がある)だとすると、Pinterestはストック型(情報がストックされ、あとでも情報を見返しやすい)のプラットフォームです。つまりコンテンツに寿命がなく、一度Pinterestにピンとして保存されたコンテンツは多くのユーザーの興味関心に基づいてレコメンドされ続けます。

Pinterestでパフォーマンスの高いピンは、クオリティーの良いビジュアルや、リンク先に有益な情報、正確な参照元があるピンであることが多いです。

パフォーマンスの高いピンはより他のユーザーにもレコメンドがされやすくなりますので、まずは自社のサイト上にある、もしくはサイトにアップロードできるコンテンツはPinterestにピンとして保存しておくのがオススメです。

さらに、SNSではないので投稿するタイミングは重要ではありません。毎日決まった時間に、何回、といった運用テクニックは必要なく、たくさんピンができるタイミングでまとめて作業するのが良いでしょう。

https://ferret.akamaized.net/images/5acc3f4cfafbd80b41000009/original.jpg?1523334987
例えばRoomclip、LIMIA、レシピブログ、NADIA、HAIR、ビューティーナビさんなど、多くの企業はPinterestアカウントを自社で運用するだけでなく、自社ホームページに「ピン保存ボタン」を導入しています。ピン保存ボタンをユーザーが押すと、そのコンテンツユーザー自身のボードに保存されます。それも一つのピン保存になります。ピン保存、つまり自社コンテンツのアップロードをユーザーに委ねるというのも一つの手法です。

ブランドエンゲージメントに貢献

SNSでブランドエンゲージメント(ブランドへ愛着を持っている状態)を高めるのは簡単ではありません。投稿の数、タイミング、内容に世界観など、今や気をつけるべき要素が多岐に渡ります。
Pinterestの魅力の一つである「ボード」を使うことで、自社がどんな会社なのか、どんなことをやっているのか、などをを複数カテゴリに分けてそれぞれ、または全体として表現できることが可能です。

pinterest02.png
https://www.pinterest.jp/flymeejp/

インテリア通販のFLYMEeさんは、自社ホームページにたくさんの商品と活用スタイルの画像があり、そのほとんど全てをPinterest上にピン保存しています。

一言で「ナチュラル系」と言っても、人によってイメージするものが違い、共有が難しいテイストをPinterestのボードにまとめることで自社商品の紹介と、自社の定義する「ナチュラル」「モダン」といったテイストをわかりやすく表現しています。

また、FLYMEeさんはTwitter、Instagram、Tumblrも運用されていて、Pinterestアカウント上に保存されているピンのリンク先がそれぞれのSNS投稿に紐づいていることも特徴です。自社のブランドのフォロワーであってもプラットフォームごとにその趣味嗜好は多少なりとも異なっていることがあります。それぞれのSNS、そしてそのフォロワーに合ったテイストのコンテンツも、Pinterestがハブとなって潜在的なユーザーに届けられる可能性が高く、その仕組みをうまく活用している事例です。

クリエイティブ作業に貢献

自社コンテンツやブランドの発信だけでなく、自社商品の企画や、社内プロジェクト、社外の方とのミーティングにおけるイメージの共有にもPinterestはオススメです。
設計士とお客様のグループボードを事例としてご紹介したいと思います。

pinterest03.jpg
https://www.pinterest.jp/ecodeco/o%E6%A7%98/

自社のお客様とのイメージ共有がビジネスの鍵となる、リノベーションコーディネートのEcoDecoはお客様と設計士の「理想の家」のイメージを共有するためにグループボードを使ったワークショップを実施しています。お客様が理想のイメージとして集めたピンを参考に、設計士がさらに新しいピンをご提案することで必要な打ち合わせの効率化にも繋がります。

まとめ

自社ホームページ以外のメディアを持ちたいけど、どんなメディアを選ぶべきなのかよく分からなかった皆様、この記事を読んでPinterestの特長が理解できたのではないでしょうか。

Pinterestを中小企業が活用するメリットは3点。

1. ホームページへのアクセスに貢献できる
2. ブランドエンゲージメントに貢献できる
3. クリエイティブ作業に貢献できる

です。まずは、自社のやりたいことを明確にして、Pinterestでどう実現できるのか考えてみましょう。