2020年3月に5Gがスタートし、デジタル化が加速している現在、SNSマーケティングに対する注目が高まっています。中でも、Facebookの動画広告は、多くのユーザーにリーチできる手段として、多方面から期待が寄せられています。

Facebookの開発者であるザッカーバーグCEOは「Facebookは動画ファーストでいく」と発言しており、より一層動画コンテンツに注力していく姿勢です。しかし、いくら動画ファーストだとしても、Facebookの動画広告を出稿するだけで、成果をあげられなければ意味がありません

そこで、本記事ではFacebookの動画広告の基礎概要成果をあげるポイントについて詳しく解説します。また、Facebook動画広告の規定が定められているのでそちらも併せて説明します。

参考:Facebook動画広告が新機能でより効果的に | Facebook for Business

目次

  1. Facebook(フェイスブック)動画広告とは
  2. 動画広告が注目される背景
  3. Facebook(フェイスブック)動画広告のメリット・デメリット
  4. Facebook(フェイスブック)動画広告の規定
  5. Facebook(フェイスブック)動画広告の3つの種類・特徴
  6. Facebook(フェイスブック)動画広告の課金方法
  7. Facebook(フェイスブック)動画広告の費用相場
  8. Facebook(フェイスブック)動画広告で成果をあげるポイント
  9. Facebook(フェイスブック)広告の特徴を理解して運用しよう!
  10. SNS広告の特徴を知る

▼ 動画を活用したマーケティングの成功事例も紹介!

動画活用でセッション数昨対比130%アップ!動画を武器に、投稿数を改善

動画活用でセッション数昨対比130%アップ!動画を武器に、投稿数を改善

動画活用をしてSNSでのセッション数昨対比130%アップの秘訣を語ります。

Facebook(フェイスブック)動画広告とは

fb_動画広告とは.png
引用:Facebook Businessマーケティングの活用方法 | Meta for Business

Facebookの動画広告とは、Facebook上の記事広告ストーリーズなど、あらゆる場所に表示される動画広告です。

Facebookを利用しているユーザーに、自社商品やサービス、自社ブランドのストーリーを動画で認知してもらうことができます。

他にも、動画広告を配信するサービスの一つにYouTubeがありますが、YouTubeの場合は視聴する動画の始まりや合間に流れる広告になるので、ブランドの認知を向上できても、コンバージョンには繋がりにくいことが懸念されます。

しかし、Facebookの動画広告はニュースフィードに表示させることができるので、能動的にアンテナを張っているユーザーに対して認知度を高めることができます。また、すでにブランドを知っているユーザーに対して、動画広告を効率よく配信できるので、コンバージョンを目的とした出稿も可能です。

動画広告が注目される背景

近年は、インターネットの普及に伴って、動画広告を活用する企業が増加しています。

総務省が発表した報告書によると、インターネット利用時間が全ての年代で増加傾向にあることが明らかになりました。一方、テレビの視聴時間は年々低下しており、テレビ離れが顕著であることがわかります。

特に10代〜20代の若者世代は、2015年時点でインターネット平均利用時間が1日あたり100分を超えており、テレビ視聴時間と逆転しているのが特徴的です。

このような背景により、インターネット上で公開できる動画広告に対するニーズが高まっています。

令和元年版 情報通信白書

Facebook(フェイスブック)動画広告のメリット・デメリット

Facebookの動画広告を活用する際には、生じるメリットやデメリットをあらかじめ押さえておく必要があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

Facebook(フェイスブック)動画広告のメリット

Facebookへ動画広告を出稿するメリットとしては、大きく以下の点が挙げられます。

● ターゲティング精度が高く効果が期待できる

Facebookに広告を出稿すると、膨大な顧客データを元に、以下のような属性ごとにユーザーを絞り込んで、購買へとつながる見込みが高いターゲットにのみ広告を表示できます。

  • コアオーディエンス:ユーザーの年齢や性別からターゲットを絞り込む
  • カスタムオーディエンス:ユーザーが設定している「興味のあるカテゴリ」や「いいね!」をベースに趣味や関心を絞り込む
  • 類似オーディエンス:行動からニーズを読み取る

さらに、Facebook内外でのユーザーの動向を詳しく読み取って、よりターゲット設定fの精度を高める「ターゲティング」という機能も搭載されており、広告出稿のリスクや手間を削れるのがポイントです。

● 少額の予算からスタートできる

Facebook動画広告のメリットとして、少額の予算からスタートできる点が挙げられるでしょう。

Facebookでは数万円程度の少額から広告が出稿できるので、マーケティングに費用を割けないスモールビジネスの経営者やスタートアップ、個人事業主などからも人気を集めています。

「クリック課金」を選択すれば、広告費が発生するのはユーザーが興味を持ってクリックしてくれた時だけなので、先述した、Facebookの高いターゲティング精度も手伝って、少ない予算であっても効果的な動画マーケティングが期待できるのです。

● 潜在顧客の獲得からリード育成までこなせる

言わずもがな、FacebookはSNSなので、企業やサービスのアカウントを作成して様々な人とつながることも可能です。

企業アカウントのプロフィールページを作りこんで、これまでアプローチできなかった顧客へアクセスしたり、キャンペーンを打ち出すタイミングでスポンサー記事を投稿したりといった使い方をすれば、リードの獲得や育成にも活かせます。

また、「メッセンジャー」というFacebookの機能を活用すれば、FacebookのDM機能として顧客と直接やりとりができるのも魅力です。問い合わせの窓口やアンケートへの活用など、幅広い利用用途があるので、Facebookをビジネスの起点としている企業も少なくありません。

こうした他の機能と組み合わせながら広告出稿を行うことで、他のSNSや広告媒体では得られないメリットが得られます。

Facebook(フェイスブック)動画広告のデメリット

ここまでFacebook動画広告のメリットについて紹介しました。一方で、Facebookの動画広告を利用するデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

● 登録しているユーザーにしかアプローチできない

Facebookに掲載する広告は、当然のことながら「Facebookに登録して、利用しているユーザー」のみに表示されます。GoogleやYahoo!といったプラットフォームに比べて、リーチできるユーザーの母数には限りがある点には注意が必要です。

広告出稿を検討する際には「どこに広告を載せるのか」という、広告媒体を決定する時点で大まかなターゲティングが完了してしまうことを忘れないようにしましょう。

そのため、幅広いユーザーにリーチしたい場合は、複数の媒体を組み合わせるなど、工夫することが求められます。

● ターゲティングの細かさには要注意

Facebookは細かなターゲティングができる点が魅力ですが、マーケター視点で見るとデメリットにもなり得ます。理由としては、広告の効果を検証するためのABテストの回数がおおきく増加してしまうことが挙げられます。

どこまで検証にコストをかけられるのか、あらかじめ把握したうえでターゲティングの細かさを決定するのが良いでしょう。

Facebook広告におけるABテストについて、以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Facebook広告のA/Bテスト機能の基本と活用ポイント

Facebook(フェイスブック)動画広告の規定

Facebookに動画広告を出稿する場合は、いくつかの規定を守らなければなりません。注意すべき規定は以下の通りです。

  • ファイルタイプ
  • 動画アスペクト比
  • 動画設定
  • 動画解像度
  • 動画の長さ
  • 動画のファイルサイズ
  • 動画のキャプション
  • 動画音声
  • テキストの文字数

広告のタイプによって、推奨されている要件が異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

ただし、運営側にコンテンツが不適切と判断されてしまうと、動画広告を出稿できません。

詳しくは以下のページを参考にしてください。

Facebookヘルプセンター

Facebook(フェイスブック)動画広告の3つの種類・特徴

Facebookの動画広告は、種類ごとに特徴や規格、掲載場所が異なります。広告タイプを決定する際は、リーチしたいターゲットごとに適切な広告を選ぶことが大切です。

ここでは、Facebookにおいて代表的な以下の動画広告について紹介します。

  • フィード広告
  • インストリーム広告
  • ストーリーズ広告

動画広告の種類によって、アスペクト比や動画の長さなどの規格が異なるので、それぞれについて詳しく確認していきましょう。

フィード広告

フィード広告とは、Facebookホームページの中央に表示される広告のことです。Facebookの中では、フィード広告のインプレッション数が最も多く、コンバージョン率も高い傾向にあります。

また、デスクトップのニュースフィードを見ているユーザーはそれぞれのコンテンツを流し読みしていることが多いので、インパクトのある動画広告を作成すれば認知度が高くなるでしょう。

【動画規格】

項目 内容
アスペクト比 1:1(デスクトップまたはモバイルの場合)または4:5 (モバイルの場合のみ)
解像度 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画の長さ 1秒~241分
最大ファイルサイズ 4GB

インストリーム広告

インストリーム広告とは、Facebookの記事内にある動画の再生中に流れる動画広告のことです。多くの広告は15秒ほどの長さで、ユーザーの潜在意識を刺激するような内容の動画広告となっています。

また、動画広告の流れるタイミングははじめの1分間の内に1回です。それ以降は自動的に広告が流れます。

【動画規格】

項目 内容
アスペクト比 16:9~1:1
解像度 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画の長さ 5秒~10分
最大ファイルサイズ 4GB

ストーリーズ広告

ストーリーズ広告とは、オーガニックストーリーズの間に表示される広告のことです。長さが15秒以下の動画広告がストーリーズ広告として再生されます(15秒を超える場合は複数のストーリーにわけられます)。

縦型のフルスクリーン広告でユーザーに印象付けたい広告を出す際に効果的です。

【動画規格】

項目 内容
アスペクト比 9:16
解像度 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画の長さ 1秒~2分
最大ファイルサイズ 4GB

Facebook(フェイスブック)動画広告の課金方法

Facebookに動画広告を出稿する際には、以下のいずれかの課金方法を選択しなければなりません。

  • クリック課金
  • インプレッション課金
  • 動画の10秒再生
  • アプリインストール課金
  • ページの「いいね!」課金

それぞれ詳しく見ていきましょう。

クリック課金(CPC)

Facebookの動画広告でよく活用される課金方法です。広告がユーザーに表示され、興味を持ったユーザーが広告をクリックした際に広告費が発生する方式で、クリックされない場合は何度表示されても広告費はかかりません。

手軽に広告出稿をはじめたい方におすすめの料金プランと言えるでしょう。

インプレッション課金(CPM)

インプレッション、つまり広告がユーザーに表示された際に広告費が発生する場合の課金方法です。こちらは広告出稿の目的が「クリック」や「購買」でなく、「興味を持ってもらう」「知ってもらう」ことである際に効果を発揮する課金システムです。

1回の出稿で1000回のインプレッションが確約されるので、リード獲得にうってつけの手法と言えます。

動画の10秒再生(CPV)

動画広告である以上、動画を長く見てもらうことが、動画コンテンツを提供する目的となります。そこに着目した課金手法がこちらのCPVです。先述したCPMを「1000回表示されること」を目的とした出稿だとすれば、CPVは「動画を10秒再生してもらうこと」を目的とした課金手法と言えます。

動画広告が10秒以上再生された場合にのみ広告費が発生するので、すでに配信している動画広告の効果はあるのか、ユーザーの視聴と行動変容の関係性を検証したい時に活用すると良いでしょう。

アプリインストール課金

動画広告のコンバージョンが「アプリのインストール」だった場合は、こちらの課金手法を活用するのが良いでしょう。ユーザーが動画広告を見つけて、再生したタイミングでは、まだ広告費は発生せず、アプリをインストールした際にのみ広告費が発生します。

コンバージョン数の増加と広告コストがダイレクトにつながっているので、広告費を最適化しつつアプリのユーザー数を増やしたい時や、インストール数を増加させたいときにおすすめの課金手法です。

ページの「いいね!」課金

Facebookページを作成している方は、「いいね!」がつけられた際に、広告費が発生する課金手法も活用できます。「いいね!」をつけられたページは、「いいね!」をつけたユーザーの友達にも表示されるので、効率よく顧客との距離を近づけたり、自動的に拡散するための架け橋として活用したりといったメリットが得られます。

Facebook(フェイスブック)の動画広告の費用相場

Facebookにおける動画広告の費用は、課金方法や掲載期間などによって変わります。極論をいうと、1週間あたり500円程度から出稿することもできますし、500万円を費やすことも可能です。

fb動画広告.png

上記の図のように、 Facebookの広告管理ツールである「広告マネージャ」を使用することで、予算や掲載期間を細かく設定できます。例えば、最初は10万円程度に設定して、効果が得られた広告に追加で投資することもできます。

Facebookにおける動画広告の予算感について、以下のページで詳細を確認できますので、ぜひ参考にしてみてください。

Facebook広告は予算に合わせた購入が可能

Facebook(フェイスブック)の動画広告で成果をあげるポイント

ここでは、Facebookの動画広告で成果を上げるために重要なポイントを紹介します。

開始5秒でユーザーを惹きつけよう

Facebookの動画広告で成果を上げるためには、広告となる動画の作成に注力しなければなりません。自社ブランドのストーリーやコンバージョンにつながる動画広告の作成の方が高い技術を必要とし、広告費よりも作成費用もかかります。

動画作成を生業としているフリーランスや業者に頼む、または自社で動画を作成する場合でも共通して言えることは、開始5秒でユーザーを惹きつける動画を作成するということです。

簡単ではありませんが、重要なポイントをいくつか押さえておくだけで、ユーザーを惹きつける動画広告を作成できます。以下をご覧ください。

・音楽をつける																									
・動きをつける																									
・高画質の動画を提供する																									

以下の動画はティッシュペーパーは製造、販売している「Kleenex®(クリネックス)」のドキュメンタリー風の動画広告です。

動画広告の初めに動画を要約し、動画再生時間を引き伸ばすことに成功。動画広告にも関わらず、15万回も再生されています。

テンポのいい動画を作成しよう

動画広告を作成する際は、テンポ感を意識しましょう。テンポによって、伝えたい内容を理解してもらえるか、ユーザーが飽きずに動画を視聴してくれるかが決まります。

テンポの悪い動画はスキップされてしまうため、注意が必要です。また、動画の内容がわかりにくいものも、ユーザーからは煙たがられる傾向があります。

動画広告を作成する場合は、音声の途切れているところをカットし、テンポの良い動画を作成しましょう。

ストーリー性の高い動画にしよう

コンバージョンを意識するのか、自社ブランドの認知度を高めたいのか、Facebookの広告動画を活用する目的は様々です。

しかし、ストーリー性の高い動画を作ることはどのような目的であっても重要になります。ストーリー性の高い動画は、再生時間が長くてもユーザーがすぐに離脱することはありません。

これはGoogleが行った「Honey Maid」という調査の結果で立証されています。その内容とは、15秒の動画よりもストーリー性の高い30秒の動画の方が30%以上も高い視聴完了率を叩き出したということです。

動画広告こそストーリー性を持たせ、ただの広告ではない動画を作る必要があります。

字幕を入れよう

Facebookの動画広告の初期設定は無音です。動画広告が流れたとしても、無音を解除しなければ、動画の音声を聞いてもらうことはできません。

つまり、動画に字幕をつけていなければ、無音で動画を視聴しているユーザーに内容が伝わることはないということです。そのため、動画広告を作成する際は、必ず字幕をつけるようにしましょう。

また、単調な字幕ではなく、色をつけて見やすくすることでより視聴完了率が伸びるでしょう。

最後に訴求を盛り込む

動画広告コンテンツとして良いものであることは前提ですが、さらに大前提としてそのコンテンツは、購買や認知の向上といった「利益」につながるものでなければなりません。

動画の最後には、結論としての訴求を設置して、ユーザーの購買意欲を刺激したり、行動を促したりするようにしましょう。動画の内容が魅力的であれば、訴求内容に対しても嫌悪感を抱くことなく、ポジティブなイメージを持ったまま受け取ってくれるでしょう。

Facebook(フェイスブック)動画広告の成功事例に学ぶ!4つの運用ポイント

Facebook(フェイスブック)動画広告の成功事例に学ぶ!4つの運用ポイント

動きと音声を含んだ動画広告は、ユーザーに提供できる情報量が多いだけでなく、ブランドのストーリーを表現できるメリットがあるでしょう。今回は、4つの事例から学ぶ、facebookの動画広告のポイントを紹介します。

Facebook(フェイスブック)広告の特徴を理解して運用しよう!

Facebookを活用してマーケティングを行う企業は、まずFacebook広告の特徴を理解することが重要です。特徴を理解しないまま運用しても、満足のいく効果を得られません。

特に、動画広告の場合は、動画の長さや掲載場所、字幕など、注意すべきポイントが多数存在します。Facebookにおける動画広告の効果を最大化するためにも、このようなポイントに注意した上で、ユーザーの興味・関心を惹きつけるコンテンツを制作しましょう。

動画広告を効果的に活用することで自社商品やサービス、ブランドの認知度を高められます。目的にあった広告の種類を選んで、Facebookの動画広告の運用を開始してみましょう。

▼ 動画を活用したマーケティングの成功事例も紹介

動画活用でセッション数昨対比130%アップ!動画を武器に、投稿数を改善

動画活用でセッション数昨対比130%アップ!動画を武器に、投稿数を改善

動画活用をしてSNSでのセッション数昨対比130%アップの秘訣を語ります。

SNS広告の特徴を知る

今さら聞けない「SNS広告」の基礎知識!どのSNSに出稿すべき?

今さら聞けない「SNS広告」の基礎知識!どのSNSに出稿すべき?

潜在層向け、顕在層向けのように“狙いやすいユーザー層”が異なるため、それらを踏まえて広告の運用戦略を練らなければなりません。今回は、運用型広告の中でも「SNS広告」に焦点をしぼり、SNS広告の特徴やそれぞれの使い分けの基本について解説します。

Instagram(インスタグラム)広告に効果はある?動画広告やインフルエンサーマーケティングの成功事例からみる「インスタ消費

Instagram(インスタグラム)広告に効果はある?動画広告やインフルエンサーマーケティングの成功事例からみる「インスタ消費

近年、Instagramのユーザーのなかで、「モノを買う」ことを目的としてInstagramを利用する人が増えつつあります。自分が購入したい商品のレビューや使い方を調べたり、流行している商品をチェックしたり、Instagramに投稿できそうな商品を探したりなど、Instagramはユーザーのそうした消費を促しているのです。今回はInstagram広告やストーリーズを使って「インスタ消費」を促している事例から、これからの「インスタ消費」の生み出し方を見ていきましょう。

Twitter(ツイッター)広告とは。成果を上げる運用のポイントや広告の種類を解説

Twitter(ツイッター)広告とは。成果を上げる運用のポイントや広告の種類を解説

日本国内で4,500万人(2017年10月時点)の月間アクティブユーザー数を持つTwitter。Twitter広告は、多くのユーザーに視認してもらう広告手法として無視することはできません。今回は、Twitter広告の特徴、運用のポイントを紹介します。

全世界で8億人が使っている!マーケター注目の「TikTok広告」を解説

全世界で8億人が使っている!マーケター注目の「TikTok広告」を解説

若い世代を中心に人気の高い動画配信SNS「TikTok」。実は最近は広告プラットフォームとしても注目を集めています。そこで、TikTokの広告にはどんな種類があるのか、そしてどんな特徴があるのか、解説していきます。