株式会社電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」が2019年に発表した世界の広告費成長率によると、2018年の世界のデジタル広告費の成長率は14.9%であり、二桁成長が継続する見通しとなっています。主な要因として挙げられているのがオンライン動画広告ソーシャルメディア広告であり、モバイルデバイスの成長率が21.4%という大きさであることも影響しています。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

上記の調査で影響力が高かったソーシャルメディア広告の中にも様々なメディアが存在します。中でもFacebook(フェイスブック)広告は、ソーシャルメディア広告の中でも中心的な存在でしょう。今回はこのFacebook広告について詳しく解説します。ソーシャルメディアを活用したプロモーションを検討している方は、ぜひご参考ください。

参考:電通イージス・ネットワーク「世界の広告費成長率予測」

Facebook(フェイスブック)広告とは

fbad.jpg
Facebook広告とは、実名を使ったSNSとして厚い支持を受けているFacebookのタイムラインなどに広告を表示させられるものです。ソーシャルメディア広告TwitterやInstagramなどいくつか存在しますが、Facebookは月間アクティブ利用者数が23億2000万人(2018年12月31日時点)と非常に多く、様々な見込み客にアプローチできることから、有効なプロモーションメディアとして多くの企業に支持されています。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

世界最大のSNSであるFacebookは、様々な国でユーザーを保有しているため、日本国内だけではなく、海外に向けたマーケティングとしても広告を展開できます。