YouTube(ユーチューブ)は世界最大の動画プラットフォームで、全世界で10億人以上が利用していると言われています。

そこに広告を出稿することは、自社のサービスや商品を多くの人に知ってもらえる効果的な手段です。

この記事では、動画広告をYouTubeに出稿する流れやその種類を一から解説します。

YouTube(ユーチューブ)とは?

まずは動画広告をYouTubeで出稿する前に、YouTubeについて簡単に説明しておきます。

世界中に利用者を抱えているYouTubeは、YouTube社が制作、運営を行っているサービスです。2006年にGoogleに買収され、Googleの様々なサービスと連携を行うことが可能になりました。

YouTube(ユーチューブ)の動画広告とは?種類・特徴・課金のタイミングを解説

YouTube広告のキャプチャ
YouTube広告

YouTubeの動画広告といっても、その種類は様々です。動画を再生する前に表示される広告や、関連動画に出てくる広告など表示方法も異なります。

また、課金のタイミングや種類によって特徴も異なるので、それも合わせて解説します。

YouTube(ユーチューブ)の動画広告1:インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画の本編を再生中に流れる広告です。5秒後にスキップできることが特徴です。

インストリーム広告の課金のタイミングは、広告が5秒後にスキップされず、30秒間流された場合です。視聴しているユーザーが30秒以内にYouTubeの動画広告をスキップした場合は、広告費が課金されません。

メリットとしては、ユーザーが視聴した動画に差し込まれるので、確実に目に留まることです。しかし、広告をスキップするユーザーが多いので、動画広告を最後まで見てもらうことは難しく、デメリットとも言えます

Youtubeのインストリーム広告について理解しよう

Youtubeのインストリーム広告について理解しよう

膨大なトラフィックを持つYouTubeは、バナー広告等のWeb広告の他に、「トゥルービュー広告」と呼ばれる独自の広告を配信しており、トラフィックを活かした収益拡大を図っています。今回は、今後の動向に注目が集まる「トゥルービュー広告」の中の1種である「インストリーム広告」について理解できる記事をまとめました。

YouTube(ユーチューブ)の動画広告2:ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、検索結果のトップや関連動画のサムネイルの左下に「PR」として表示される広告です

インプレッション数で課金されるタイプの広告になりますが、上記で説明した「インストリーム広告」を出稿すればどちらも表示されるようになっています。また別途課金が必要でないことが特徴です。

検索結果のトップや関連動画に出てくる広告であるために、インストリーム広告と比べてユーザーの目に留まることが少ないです。

しかし、動画を視聴してもらうことさえできればコンバージョンに繋がる確率は高いので、質の高い動画広告を作成しておく必要があります。

YouTube(ユーチューブ)の動画広告3:バンパー広告

バンパー広告とは、インストリーム広告と同じく、動画本編の再生中に流れる広告のことです。表示回数が1,000回を超えた時点で課金される仕組みです。

また、特徴としては、広告の6秒以内のスキップができないという点が挙げられます。というのも、バンパー広告は6秒以下の短めの動画広告です。例として、スマホゲームアプリのスキップができない動画広告をイメージしてください。

そのために、ユーザーがバンパー広告をスキップすることができませんので、6秒以内で内容を凝縮した動画広告を作成する必要があります

6秒あれば記憶に残る!「動画広告の俳句」YouTubeのバンパー広告を最大限に活かす3つのポイント

6秒あれば記憶に残る!「動画広告の俳句」YouTubeのバンパー広告を最大限に活かす3つのポイント

YouTubeで動画を再生するときに、数秒で終わる広告がありますが、それがバンパー広告です。 たった6秒の新しい動画広告がユーザーの記憶にとどまり、広告の想起率を最大限に高めるためのポイントをまとめました。

YouTube(ユーチューブ)の動画広告4:アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、スマホサイズに特化した広告のことです

アウトスクリーム広告は上記で紹介した他の広告とは違い、動画の50%以上の面積を2秒以上再生された時に課金が発生します

特徴としては、YouTube以外の様々なメディアに掲載できることです。モバイルユーザーに向けたメディアで認知されることも多く、プロモーション効果を最大限に活かせる広告になります。