メルマガ配信することで企業が得られるメリットとは

メルマガは特定のユーザーに対して継続したアプローチが行えるツールです。
かつ、1通ずつ郵送代がかかるダイレクトメールと比較して、メルマガなら大量に送信しても費用は増えるどころか、1件あたりの経費はむしろ安くなっていきます。

その点でも、メルマガマーケティングツールとして利用するメリットは大きいでしょう。
また、メルマガ「プッシュ型販促」と呼ばれる、企業がユーザーに対して特定のサービスや商品を案内できるツールである点もポイントです。

例えば、TwitterやFacebookのようなSNSの場合、特定のユーザーに対してメッセージを送るにはユーザーを指定してダイレクトメールを送る必要があります。
むしろ1対多数に投稿を発信していくツールと言えます。

また、ホームページそのものは、検索エンジンやSNSを通じて訪れたユーザーに見てもらう一方的なコミュニケーションがメインです。

ユーザーに対して手紙を送るような感覚でアプローチを行えるので、企業が見て欲しい情報を特定のユーザーに届けやすいというメリットがあります。

参考:全然古くない!効果抜群のメルマガ配信の3つのメリット | Marketing Bank (マーケティングバンク)

メルマガを出すとビジネスにメリットをもたらす3つの理由|株式会社インファクト

どうやってメルマガを配信するの?

メルマガを配信するには、メルマガ配信システムを利用するのが便利です。
無料から利用できるシステムも多いので、個人や小規模事業主など予算が限られる方でも使いやすいでしょう。

メルマガ配信システムを利用する

メルマガ配信システムとは、G-mailやOutlookのようなメールシステムと比べ、1対多数のメルマガ配信を想定して開発されたシステムです。

配信先のメールアドレス管理や特定のユーザーに対する配信、メルマガのテンプレート作成など独自の機能が揃っているのが特徴です。

メルマガ配信システムの種類

メルマガ配信システムには無料から利用できるものから導入時に10万円近い費用がかかるものまで存在します。

無料のシステムは安価に利用できるものの、配信数やその他の機能に制限が設けられている場合があります。

また、有料のものは導入や運用に費用がかかる分、機能が充実していたり、自社サーバーで運用できたりといったメリットがあります。

以下のようなポイントをおさえながら、自社の目的や予算、商品にあったシステムを選ぶようにしましょう。

・費用
・(HTMLメールを作成する場合)HTMLメールが作れるか
・ステップメールに対応しているか
・メール配信の上限は何通ぐらいか
・配信ターゲットを属性ごとに分けて配信できるか

こちらの記事では、無料から有料まで、主要なメルマガ配信システムをまとめて紹介しています。具体的に導入を検討している方は参考にしてみてください。

無料もあり!メルマガスタンド(メール配信システム)20選を比較

無料もあり!メルマガスタンド(メール配信システム)20選を比較

おすすめのメルマガツールを無料と有料にわけて比較します。これからメール配信システムを選択するという方はもちろん、今使っているものを見直したいという方もぜひ参考にしてみてください。