ネットショップを運営している方なら、一度は「顧客の顔が見えない」ことが原因で課題にぶつかったことがあるでしょう。実店舗と違い、ネットショップでは顧客と顔を合わせて直接会話をすることができません。

購入率やネットショップ上での滞在率を上げるためのWebページ施策は行っていても、その施策を顧客がどう受け止めているのか明確に把握できているでしょうか。また、どのような顧客が、どのような経路から何を求めて自社ネットショップに訪れているのか、分析まで行えていない担当者もいるのではないでしょうか。

一人ひとりの顧客のデータを把握し、それに応じて対応できるのが「Web接客ツール(オンライン接客ツール)」です。Web接客ツールを活用することで、顧客の訪問・購入のパターンを分析できるのはもちろんのこと、リアルタイムで実店舗のような接客を行うこともできます。

今回は、Web接客ツールの概念と、おすすめツール12選をご紹介します。

Web接客をするなら押さえておきたいチャットボットの仕組み

Web接客をするなら押さえておきたいチャットボットの仕組み

AI型とシナリオ型の違いや運用方法を分かりやすくまとめている資料です。

Web接客ツール(オンライン接客ツール)とは

Web接客ツールは、顧客対応を円滑にするツールです。日々の業務と並行して顧客対応をするのは、忙しさを加速させます。同じ内容の質問に対して何度も回答するのは、できれば避けたいものです。加えて、既存の顧客対応もするのは難しいでしょう。

そこで接客ツールの登場です。購買情報や閲覧状況といった情報を整理し、効率的なアプローチをサポートしてくれます。それによって、顧客との円滑なコミュニケーションを進めることができ、業績に結びつけることができるのです。

またチャットボットを設計して自動での顧客対応を実現したり、マーケティング支援やABテストをしたりするなど、ビジネス全体において重要な役割を担ってくれます。

真の1to1マーケによりコンバージョンの向上をもたらす「Web接客」とは?

真の1to1マーケによりコンバージョンの向上をもたらす「Web接客」とは?

Web接客とは、Webサイト上でユーザーに提供する「おもてなし」サービスのこと。大きく「チャット」と「ポップアップ」の2種類があり、いずれもCVの増加や顧客との関係性強化が期待されます。ツールを導入するだけで簡単に実装できるので、この記事でWeb接客の意味やメリットを理解して、導入を検討してみましょう。