まとめ

コンテンツマーケティングを実施するためのライティングにおいて、気をつけなければいけない点は多々あります。
ここまで解説してきたことの全てを一度で網羅するのは難しいかもしれません。
 
ただ、唯一ブレてはいけない点が1つあります。
作成した記事コンテンツは、誰の、どんな問題を、どのように解決しているのかを明確に答えられるようにしましょう。
 
例えばこの記事の場合、「コンテンツマーケティングに取り組むWeb担当者様の」「効果的なライティング方法がわからないという問題を」「コンテンツマーケティングの定義と最低限守るべき3つのポイントを説明することで解消する」ことを目的としています。

この3つを埋めることができなければ、誰にも響かない曖昧な記事に仕上がっていることがほとんどです。
 
ユーザーの問題を解決するためのコンテンツ」ということを常に忘れないようにしましょう。
 

このニュースを読んだあなたにおすすめ

ライティングに悩んだ際に参考しておくべき記事6選
一歩先をいくコピーライティングを編み出す5ステップ
知っていると便利な文章作成ツール10選

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。