顧客管理システムを導入したいが、種類が多すぎてどれを選べばいいのか分からない、どんな機能が備わっているのか一覧で知りたいという方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、本記事では数あるクラウド型顧客管理システムのうち、おすすめのシステムを厳選して紹介・比較します。それぞれのシステムの機能について解説しているので、導入の際にはぜひ参考にしてください。

【最短30秒】顧客管理や問い合わせ管理ができるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【最短30秒】顧客管理や問い合わせ管理ができるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

MAツールやチャットツールとの連携、チームでの問い合わせ管理にも対応!無料でも利用できるのでまずはお試しください。

目次

  1. 顧客管理システム(CRM)とは
  2. 顧客管理システム(CRM)の主な機能
  3. クラウド型顧客管理システムの選び方
  4. おすすめのクラウド型顧客管理ツール12選
  5. 各ツール機能比較表
  6. クラウド型顧客管理システム導入による成功事例
  7. まとめ

顧客管理システム(CRM)とは

顧客管理システムとは、顧客情報の管理を効率化し、顧客との関係構築・維持を支援するシステムのことです。また、「Customer Relationship Management」、略してCRMとも呼ばれています。

顧客管理システムでは、顧客情報の一元管理や顧客の情報、行動履歴の分析、商談を一つひとつ管理できるため、営業活動やカスタマーサポート業務を効率化できます。顧客管理システムに搭載されている機能については、以下で詳しく解説していきます。

CRMを導入すべき理由とは?成功のポイント、陥りやすい失敗例を解説

CRMを導入すべき理由とは?成功のポイント、陥りやすい失敗例を解説

決して安くないCRMツールの導入を検討する中で、なかなか決断に踏み切れない、あるいは、上司を説得できていない人もいることでしょう。この記事ではCRMを今、導入する必要性について解説。さらに成功のポイントと陥りやすい失敗例についてもお伝えします。

クラウド型顧客管理システム(CRM)の主な機能

顧客管理システムには多くの種類があります。それぞれによって細かな機能は異なり、カスタマイズによる機能追加も可能ですが、ここでは多くの顧客管理システムに搭載されている基本的な機能を紹介します。

顧客情報の一元管理

メールや名刺、フォームからのお問い合わせなど、様々なチャネルから得たあらゆる顧客情報を一元管理できます。顧客情報をリアルタイムで更新するため、常に新しい情報をチーム内で共有できます。これによって顧客対応の際に、担当者が不在の場合でも、社員全員が顧客情報を確認でき適切な対応ができるのです。

また、情報だけでなく、顧客とのやり取りの履歴の共有やチーム内でのタスクの割り振りも可能なため、問い合わせ対応業務の効率化にもつながります。

顧客情報の検索

一元管理した顧客情報を確認したいときに、瞬時に探し出せるような検索機能が備わっています。顧客からの電話を受けた際にポップアップで顧客情報が自動的に出るものや、様々な条件で検索が可能なものまで、それぞれ特徴のある検索機能が用意されています。

顧客情報の蓄積・分析

蓄積された顧客情報や、問い合わせのやり取りを蓄積することで、顧客に合わせたアプローチが可能になります。どういった特徴を持つ顧客の売り上げが高いのかや、商談化しやすいのかを分析し、マーケティングだけでなく営業に活かすこともできます。

問い合わせ管理

問い合わせや営業案件ごとに、ステータスやフェーズの管理が可能なため、業務が「見える化」され、二重対応や対応漏れを防止できます。

メール配信

顧客へのメールマガジンの配信を顧客管理システム上で行うことができます。顧客の属性ごとに、異なる内容のメールを自動配信できます。

名刺管理

名刺をスキャンすることで、氏名やメールアドレス、会社名や役職まで、顧客の情報をシステム上で管理できます。デジタル化により、社内で簡単に共有できることがメリットです。

クラウド型顧客管理システムの選び方

クラウド型顧客管理システムによって、機能や利用料金、特徴などが大きく異なります。ここでは、自社に合ったシステムの選び方を紹介しますので、導入時の参考にしてください。

自社の目的を明確にする

まずは、クラウド型顧客管理システムの導入目的を明確にしておきましょう。目的を明確にすることで、自社に合ったシステムが何かを判断しやすくなります。

システムの導入自体が目的となってしまうケースも見受けられますが、顧客管理システムの導入は自社の課題を解決するための手段であり、導入自体が目的ではないため注意しましょう。

自社のカスタマーサポートやマーケティング業務などにおける目的・課題を洗い出した上で、それらを解決できる顧客管理システムを選ぶことが重要です。

自社の目的に必要な機能があるか

クラウド型顧客管理システムに、自社の目的に合った機能があるかを確認しましょう。システムによって、備わっている機能が異なるためです。

例えば、顧客情報の管理や分析に力を入れたい場合は、レポート機能やCSVのダウンロード機能があるシステムを選ぶと良いでしょう。問い合わせ管理の業務を効率化したい場合は、ステータス管理やメールの自動送信、フォーム作成などができるシステムがおすすめです。

システムによってはカスタマイズによる機能追加も可能ですが、機能が豊富になると料金も高くなる傾向があるため、必要最低限の機能があるかを確認しましょう。

チームでの共有ができるか

システムを複数人で運用したいなら、情報をチームで共有できるかも重要なポイントです。共有機能があれば、手作業で情報を共有する手間がかかりませんし、伝達ミスの防止にもつながります。

チームでの共有を可能にする機能には、カンバン画面方式のステータス管理や、チャットツール(Slack、Chatworkなど)との連携などがあります。

さらに、顧客とのやり取りの履歴を残して共有できる機能があれば、担当者が不在の場合でも顧客に合った対応ができるようになります。

顧客管理や問い合わせ管理の業務を効率化するためにも、チームでの共有ができるシステムを選びましょう。

他ツールとの連携はできるか

他ツールとの連携できるかという点も、クラウド型顧客管理システムを選定する上で重要なポイントです。外部ツールと連携することで、データを手動で入力する手間を省けるだけではなく、顧客情報をマーケティングに活用することもできます。

例えば、MAツールとの連携に対応していれば、顧客情報をもとにしたメールの配信やスコアリングなどが可能となります。システムごとに連携できる外部ツールが異なるため、導入前にどのようなツールと連携できるかを調べておきましょう。

無料で試せるか

クラウド型顧客管理ツールを導入する際は、無料で試すことができるかも確認しましょう。使用感を試さずに導入すると、従業員から「操作が複雑で分かりにくい」「機能が十分ではない」などの声が上がり、業務効率が低下する可能性があります。

クラウド型顧客管理ツールによっては無料で体験できるトライアル期間を設けており、期間は2週間や1ヶ月など、様々です。

自社にとって最適なツールであるかを判断するために、導入前にはトライアルを利用して使用感を確認しましょう。

多機能なら良いということはない!CRM(顧客管理システム)を選ぶときのポイントとは?

多機能なら良いということはない!CRM(顧客管理システム)を選ぶときのポイントとは?

今回は「CRMを導入したいけど、どこから手をつけていいのかわからない」「大きな買い物だし、失敗したくないけど何に気をつけたらいいの?」という方へ、CRMを導入するポイントをステップに合わせて説明します。

おすすめのクラウド型顧客管理ツール12選

数あるクラウド型顧客管理システムのうち、厳選したシステムを12個紹介します。
各ツールの料金や機能をまとめた表もあるので、ぜひご活用ください。

Zoho CRM

image10.jpg

Zoho CRMは、世界25万社が選んだCRM/SFAツールです。

様々なチャネル上の顧客とのやり取りを一元管理やレポート作成、メール配信などの業務を自動化することで、営業活動を効率化できます。また、専用のモバイルアプリもあるため、営業先での顧客情報や顧客とのやり取りの確認も可能です。

営業活動に注力したい方におすすめです。

自社の業務に合わせて、様々な要素を変更できるカスタマイズ機能が用意されており、画面レイアウトやセキュリティルール、データ共有ルールなどのカスタマイズが可能です。

《導入事例》
世界25万社が利用しており、星野リゾートや明和地所、三菱ケミカルアナリテックなど、企業規模や業種を問わず導入されています。

formrun(フォームラン)

image1.jpg

formrunは、デザイン性の高いフォームを最短30秒で作成できるフォーム作成ツールです。フォーム作成だけではなく、問い合わせや顧客管理も一貫して行うことができます。

カンバン画面からは、顧客からの問い合わせを「未対応、対応中、対応完了」などのステータスで管理できます。管理ステータスは、追加・削除などのカスタマイズが可能です。

管理画面からは、個別メールの送信や自動返信メールの設定、顧客データの一元管理も可能なため、チームで顧客管理したい企業におすすめです。

また、広告タグを埋め込むことでリードの獲得チャネルを判別できるので、マーケティング施策が立てやすくなります。さらに、データをCSVやGoogleスプレッドシートにエクスポートすることも可能です。

Slack・Chatworkなどのチャットツールや、Salesforce・PardotなどのMAツールとも連携できるため、顧客管理・問い合わせ管理業務を効率化できます。

《導入事例》
BASE、文化放送、DMM.com などスタートアップから大企業まで、幅広い規模や業種の企業に導入されています。

FastHelp5(ファストヘルプファイブ)

image3.jpg

FastHelp5は、すべての業種・規模で利用できる、コンタクトセンター向けのCRMです。様々なチャネルからの問い合わせ、顧客情報を一元管理することで、対応業務の際に素早く探し出すことができます。また、FAQを作成できる機能もあり、あらかじめカテゴリーや条件に合わせたFAQを用意しておくことで、オペレーターが必要な時にすぐに参照できます。

セルフカスタマイズ機能により画面レイアウトを変更できるだけではなく、業務内容や利用シーンなどの要望に合わせて、システムをカスタマイズ開発してもらうことも可能です。

コンタクトセンターに特化したシステムを導入したい方におすすめです。

《導入事例》
日立システムズや第一保険生命、資生堂ジャパンなどの大企業からスタートアップ企業まで幅広く導入されています。

HubSpot(ハブスポット)

image7.jpg

HubSpotは、120ヵ国もの国で利用されており、手厚いサポートが特徴のCRMです。

案件ごとの進捗状況の確認や、営業担当者のタスク割り当てをダッシュボード上で行うことができます。さらに、それらの営業活動の履歴が自動的に記録されます。顧客とのあらゆるやり取りを把握できるほか、データをもとにキャンペーンを展開して成約率向上につなげられます。

また、SNSと連携することで、SNSへの投稿をCRM上で行ったり、投稿のパフォーマンス分析を行うことも可能です。SNSの活用に力を入れたい方にもおすすめです。

《導入事例》
世界120か国以上10万もの企業に導入されており、世界有数のソフトウェアレビューサイトでも顧客や専門家から評価を得ています。

Senses(センシーズ)

image11.jpg

Sensesは、営業部での実際の使いやすさを徹底したCRMです。

カード形式で直感的に顧客情報や案件進捗を管理できます。また、営業先の事前情報や取引先とのやり取りなどの行動履歴を登録・管理することも可能です。これによって、チーム全体の営業活動を時系列に把握できます。

さらにSensesは、取引先企業の情報を自動取得するため、情報収集をCRM上で行うことができます。

《導入事例》
RICOHや三菱地所、Z-KAIなど、幅広い業界から導入されています。

FlexCRM(フレックスシーアールエム)

image12.jpg

FlexCRMは、低価格で様々な機能を備えているCRMです。

FlexCRMは、問い合わせ内容を全て記録でき、それらをチーム内で共有することで、チーム全体の対応の質を向上させることができます。また、上長から問い合わせや見積もりの承認をシステム上で受けることができるという機能も備わっており、迅速な対応につながります。

問い合わせ対応の質の向上や、社内決済のスピードアップをしたい方におすすめです。

《導入事例》
要問合せ

kintone(キントーン)

image4.jpg

kintoneは、部署や立場、スキルに関わらずどんな人でも気軽に使うことのできるCRMです。

顧客情報や案件のデータをkintoneで一元管理できます。さらに顧客情報に紐づけて、案件やすべてのやり取りを記録できるため、スムーズな情報共有が可能です。また、案件の進捗を見える化し、二重対応や対応漏れを防止できます。

kintoneにはアプリや拡張機能が多数用意されており、自社の業種や業務内容に合わせてカスタマイズできます。使いながらいろいろなカスタマイズを行いたい場合におすすめです

《導入事例》
ANAや朝日新聞、住友不動産など幅広い業種の20,000社から導入されています。

ちきゅう

image6.jpg

ちきゅうは、シンプルな操作画面が特徴のCRMです。

ちきゅうには、案件の進捗状況や顧客情報をカード形式で直感的に管理できる機能が備わっています。また、チーム内ディスカッション機能が搭載されており、ツール内であるテーマについてのコメントやり取りができます。SNS感覚でディスカッションすることによって意思決定の速度が上がります。

あらゆる操作を直感的に行いたい方におすすめです。

《導入事例》
ビックカメラや大成化工、DUSKINなど業種を問わず導入されています。

sansan(サンサン)

image8.jpg

sansanは、名刺管理に特化したCRMです。

受け取った名刺をスマートフォンでスキャンすることで、顧客情報をデジタル化できます。デジタル化によって、顧客情報管理が楽になり、さらに人物情報の他にやり取りの履歴を併せて管理できます。

また、オンライン上で知り合った人ともデジタル名刺を交換できるので、コロナ禍の社会でも役立つでしょう。企業に合わせた、カスタマイズの導入・運用支援サービスを行っています。

《導入事例》
NTTや三井住友銀行、TOYOTAなど7,000社から導入されています。

cyzen(サイゼン)

image9.jpg

cyzenは、SNS感覚で利用できるスマホベースのCRMです。

訪問件数・出退勤・顧客訪問など、1日の活動内容を簡単に記録・共有することができます。記録する情報の内容や種類は、自社用にカスタマイズできます。

また、共有されたデータをランキング形式で表示することも可能なので、楽しみながら営業活動を行うこともできます。顧客の名前や会社名だけでなく、営業で訪れる場所のデータをスポットとして一元管理することもできます。

訪問営業先で顧客情報や商談履歴を簡単に確認したい方におすすめです。

《導入事例》
SonyやLotteria、幸楽苑など1,400社以上の導入実績があります。

CustomerRings(カスタマーリングス)

image2.jpg

CustomerRingsは、顧客情報の蓄積・分析・アクションまでをノーコードで行うことができるCRMです。

CustomerRingsでは、顧客情報を蓄積・共有できることはもちろん、実店舗スタッフが顧客の購買履歴のチェックや専用ダッシュボードの閲覧、接客メモの登録を行うことができます。さらにそれらの分析を自動的に行うことができるため、マーケティングにもつながります。

データの活用までワンストップで行いたい方や、実店舗での活用を考えている方におすすめです。

《導入事例》
WEGOやアートネイチャー、KTCなど600社から導入されています。

Canbus.(キャンバス)

image5.jpg

Canbus.は、顧客管理以外にも、勤怠管理や経理なども行えるCRMです。

顧客情報を一元管理できることはもちろん、管理画面の変更履歴も残すことによって、大事なデータを消してしまったときにもすぐに復元できます。

さらに、搭載されている機能はすべてクラウド上で行えるため、在宅ワークでも勤怠管理や経理を行えるのが利点です。また、CSVインポートも可能なため、Excelなどに貯めていたデータをインポートすることで、過去のデータもマーケティングに活用できます。

顧客管理の機能以外にも、勤怠管理や経理なども行いたい方におすすめです。

《導入事例》
横浜銀行やダイコクドラッグ、Yahooなど500社から導入されています。

各ツール機能比較表

ツール 料金 MAツール連携 CSV エクスポート 名刺管理 無料トライアル
Zoho CRM 月額1,440~5,400円
formrun 月額0~25,800円 ×
FastHelp5 要問合せ × × ×
Hubspot 月額5,400~384,000円
Senses 月額25,000~300,000円 ×
FlexCRM 月額1,200~2,000円※「エンタープライズ」プランは要問合せ ×
kintone 月額780~1,500円
ちきゅう 月額1,480~9,800円
sansan 要問合せ
cyzen 3,500円/ID × × ×
CustomerRings 要問合せ × ×
Canbus. 月額10,000~100,000円 × ×
顧客管理とは?顧客管理のメリット・ツールの種類・選び方を解説

顧客管理とは?顧客管理のメリット・ツールの種類・選び方を解説

顧客管理(CRM)はマーケティングを行う上で欠かせないものです。本記事では、顧客管理で何ができるのか、どんな顧客管理ツールを使えばいいのかといった疑問を抱えている方に向けて、顧客管理のメリットや顧客管理ツールの種類、選び方のポイントを解説します。

クラウド型顧客管理システム導入による成功事例

ここでは、実際にクラウド型顧客管理システムを導入して業務改善などに成功した事例を4つ紹介します。

formrunで問い合わせ対応の効率化を実現

家具・家電のサブスクリプションサービスを運営している「株式会社クラス」は、問い合わせ管理や注文管理などの用途でformrunを活用しています。

formrunを導入するまでは、顧客への連絡対応をGmailの代表アドレスから行っていたため、担当者が把握しきれずに対応漏れが頻発していました。そこで顧客対応におけるミスの防止や業務効率化を図るために、ボード画面の視認性が良いformrunを導入しました。

formrunのステータス管理やラベル機能により、誰がどの案件を担当しているかがチームで簡単に共有できるようになり、対応漏れをなくすことにもつながりました。

ステータス管理機能に関しては、必要に応じてステータスをカスタマイズできるため、イレギュラーな問い合わせにも対応可能です。

また、導入前は問い合わせ1件につき2分以上の対応時間を要していたものの、formrunのメールテンプレート機能を活用したことで、対応時間を1分に短縮できました。

参考:formrun|株式会社クラス

kintoneを導入して顧客管理を効率化

ワークライフバランスに関わるコンサルティング事業を手掛けている「株式会社ワーク・ライフバランス」は、Excelで顧客リストを管理することに課題を感じていました。Excelでは、顧客へのアプローチ状況や納期といった情報の一元化が難しかったためです。

そこで顧客情報を一元管理できる方法を求めて、カスタマイズ性が高いkintoneの導入を決めました。

kintoneを使って「顧客リスト」のアプリを構築することで、顧客の基本情報だけでなく、やり取りしたメールの内容や打ち合せ時の議事録、担当者が感じた所感なども記載できるようになりました。

顧客情報を探す時間が短縮され、業務の効率化を実現しています。

参考:kintone|株式会社ワーク・ライフバランス

sansanの導入により営業活動を改善

トータルソリューションのテクノロジーを提供している「レノボ・ジャパン合同会社」は、顧客情報の管理について、リアルタイムに情報をアップデートできないことや、名刺情報の入力に時間がかかることを問題視していました。

そこで、名刺情報を一元管理しCRMデータベースと連携させるために、sansanを導入しました。

導入により名刺情報を簡単にデジタル化できるようになり、チームメンバーに情報を共有しやすくなりました。また、顧客との過去のやり取りを確認できるようになったため飛び込み営業が減少し、営業活動の業務効率を改善できているようです。

参考:sansan|レノボ・ジャパン合同会社

cyzenで営業活動の可視化と訪問の抜け漏れ防止を実現

医薬品の販売を行っている、製薬業界の事例です。製薬業界のとある企業では、営業活動の内容が把握できておらず、訪問漏れが発生してしまう点に課題を感じていました。そこで、チーム内で状況を共有できる仕組みづくりや顧客情報の一元管理を図るために、cyzenを利用し始めました。

cyzenでは顧客情報をクラウド上で管理できるため、訪問の抜け漏れ対策につながっています。また、写真や位置情報によるリアルタイムの活動状況が共有されるので、営業活動の可視化もできるようなりました。

参考:cyzen|製薬業界

まとめ

本記事では、厳選した顧客管理システムの紹介をしてきました。

顧客管理システムを取り入れることで、顧客情報の一元管理や行動履歴の分析、案件一つ一つの管理ができるため、営業活動やカスタマーサポート業務を効率化できます。システムによっては拡張機能が用意されており、導入後のカスタマイズも可能です。

自社に必要な機能を事前に確認し、本記事で紹介したシステムの中から検討してみてはいかがでしょうか。また、無料トライアルがあるものも多いため、本格的な導入前に使用感を確かめることをおすすめします。

formrunは、無料でも利用できるフォーム作成ツールです。カンバン画面で顧客のステータス管理や、管理画面からの個別メール送信・自動返信メールの設定などが行えます。フォームデザインのカスタマイズも簡単です。

フォームの回答はCSVやGoogleスプレッドシートにエクスポートでき、MAツールやチャットツールとの連携も可能なので、回答の分析やマーケティング施策を行う際にも便利なツールです。

フォーム作成から顧客管理まで業務を一貫させたい企業は、ぜひお試しください。

【最短30秒】顧客管理や問い合わせ管理ができるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【最短30秒】顧客管理や問い合わせ管理ができるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

MAツールやチャットツールとの連携、チームでの問い合わせ管理にも対応!無料でも利用できるのでまずはお試しください。