本記事で学ぶ内容

・Yahoo!キーワードアドバイスツールの使い方がわかる
・Google AdWordsキーワードプランナーの使い方がわかる

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告です。

リスティング広告のキーワードには、自社商材に関連があるものを選定します。しかし、そもそも検索されないキーワードを選んでしまうと、広告が表示される機会が少なくなってしまうことも考えられます。

キーワードを選ぶときは、自社商材に関するキーワードの検索ボリュームを調べるところから始めると良いでしょう。ユーザーがそのキーワードをどのくらい検索しているのかを確認し、リスティング広告のキーワードを選定する際の参考にしましょう。

キーワードの検索ボリュームを調べられる公式ツールとして、Yahoo!プロモーション広告の「キーワードアドバイスツール」とGoogle AdWordsの「キーワードプランナー」があります。

今回は、これらのツールを使ってキーワードの検索ボリュームを調べる方法を解説します。

それぞれのツールの使い分けについて

キーワードの検索ボリュームを調べる時は、Yahoo!やGoogleの公式ツールを使うのが有効です。

Yahoo!とGoogleには利用しているユーザーの傾向に違いがあるため、Yahoo!プロモーション広告の対策には「キーワードアドバイスツール」を、Google AdWordsの対策には「キーワードプランナー」を利用してください。

Yahoo!プロモーション広告
Google AdWords

Yahoo!プロモーション広告「キーワードアドバイスツール」の使い方

【例】
キーワード「Webマーケティング」の検索ボリュームを調べたい場合

キーワードアドバイスツールでは、具体的な月間検索数が表示されません。しかし、「推定インプレッション数(日)×30」をすると、おおよその月間検索数を把握できます。

1.キーワードアドバイスツールを開く

lis-4_-_1.jpg
Yahoo!プロモーション広告にログインして、「スポンサードサーチ」をクリックします。

lis-4_-_2.jpg
「ツール」をクリックします。

lis-4_-_3.jpg
運用支援ツールの「キーワードアドバイスツール」をクリックします。

2.キーワードを調べる

lis-4_-_4.jpg
「キーワードまたはフレーズ」に検索したいキーワード(今回の場合はWebマーケティング)を入力します。

lis-4_-_5.jpg
「拡張する」のチェックを外し、「キーワードを抽出」をクリックしてください。

3.おおよその月間検索数を算出する

lis-4_-_6.jpg
各データは最大値、最小値ごとに表示されます。

ここで「推定インプレッション数(日)」をチェックしましょう。この数値は、1日あたりの広告の表示回数の推定値です。この数値に30をかけてください。

キーワード「Webマーケィング」の推定インプレッション数(日)は最小1,800、最大2,200です。

おおよその月間検索回数は54,000〜66,000となります。

Google AdWords「キーワードプランナー」の使い方

キーワードプランナーでは、実際に広告料金を支払ってリスティング広告を運用している場合のみ、具体的な月間検索数を調べられます。リスティング広告運用を始める前段階だと、具体的な月間検索数はわかりませんが、おおよその月間検索ボリュームが算出されます。

1.キーワードプランナーを開く

lis-4_-_7.jpg
Google AdWordsにログインして、右上の「スパナアイコン」にカーソルを合わせます。

lis-4_-_8.jpg
プランニングの「キーワードプランナー」をクリックします。

2.キーワードを調べる

lis-4_-_9.jpg
『検索ボリュームと「傾向を取得」』をクリックします。

lis-4_-_10.jpg
「キーワードを入力」の部分に検索したいキーワード(今回の場合はWebマーケティング)を入力し、「検索ボリュームを取得」をクリックします。

3.検索ボリュームを確認する

lis-4_-_11.jpg
「月間平均検索ボリューム」におおよその月間検索回数が表示されます。すでに広告を運用している場合は、具体的な月間検索回数が表示されます。

今回の場合、検索ボリュームは「1,000〜10,000」です。

まとめ

Yahoo!のキーワードアドバイスツールGoogleのキーワードプランナーも無料で使えるツールです。活用しない手はありません。

リスティング広告のキーワードを撰定する時、まずツールを使って検索ボリュームを調べてみましょう。