本記事で学ぶ内容

・品質インデックス(スコア)とは何か理解できる
・品質インデックス(スコア)の確認方法がわかる
・Googleの広告ランクが理解できる
・品質インデックス(スコア)向上のために重視すべきことがわかる

リスティング広告のクリック率は、掲載される順番(掲載順位)に大きく影響されます。より多くのユーザーにクリックしてもらうには、他社の広告よりも上位に掲載されなければなりません。

リスティング広告はキーワードに入札単価を決めて出稿するオークション形式の広告です。しかし、単純に「入札単価が高ければ上位に掲載される」という訳ではありません。

リスティング広告の掲載順位を決める要素の1つに「品質インデックス(スコア)」があります。この品質インデックス(スコア)が高ければ、広告の入札単価を抑えつつ、掲載順位を上げられるようになります。

今回は、品質インデックス(スコア)とは何か、また、運用している広告品質インデックス(スコア)を確認する方法について解説します。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

品質インデックス(スコア)とは

リスティング広告の掲載順位は、キーワードの入札価格だけで決まっているのではありません。もちろん、入札価格も掲載順位を決める要素ではありますが、Yahoo!、Googleが定める広告品質の評価も影響しています。

もしもリスティング広告の掲載順位がキーワードの入札価格だけで決まっていたら、どうなるでしょうか。きっと、広告予算を多く捻出できる企業だけが上位に表示されるようになるでしょう。また、予算に余裕のある企業が関連の薄いキーワードを高額で入札し、広告枠を独占してしまうような自体にもなりかねません。

無関係なキーワードで広告が表示されるようになれば、広告をクリックするユーザーは減少してしまいます。検索エンジン側はそのような事態を防ぐため、広告の品質(ランディングページとの関連性やユーザーの反応)を測り、その結果を掲載順位に反映するようにしています。

この広告品質を数値化したものをYahoo!プロモーション広告の場合は「広告インデックス」、Google AdWordsの場合は「広告スコア」と呼びます。

品質インデックス(スコア)は、広告のクリック率やキーワードの関連性によって評価が決められており、Yahoo!、Google共に10段階で評価されます。

品質インデックスが低すぎると「そもそも広告が表示されない」ということもあり得ます。

Yahoo!プロモーション広告
Google AdWords

品質インデックス(スコア)の確認方法

Yahoo!プロモーション広告の場合

lis-6_-_3.jpg
Yahoo!プロモーション広告にログインして、「スポンサードサーチ」をクリックします。

lis-6_-_11.jpg
キャンペーン管理」をクリックします。

lis-6_-_1.jpg
「キーワード」をクリックします。

lis-6_-_2.jpg
品質インデックスが表示されます

Google AdWordsの場合

lis-6_-_9.jpg
Google AdWordsにログインして、「キャンペーン」をクリックします。

lis-6_-_7.jpg
「キーワード」タブをクリックします。

lis-6_-_10.jpg
「表示項目」をクリックし、「表示項目を変更」をクリックします。

lis-6_-_4.jpg
品質スコア」をクリックし、「すべての列を追加する」をクリックします。

lis-6_-_6.jpg
右側の列に

・品質スコア
・広告の関連性
・ランディングページの利便性
・推定クリック数
・品質スコア(過去ベース)
・広告の関連性(過去ベース)
・ランディングページの利便性(過去ベース)
・推定クリック数(過去ベース)

が追加されているのを確認して「適用」をクリックします。

lis-6_-_8.jpg
「キーワード」のページに戻ると品質スコアを確認できます。

Google AdWordsの場合は広告ランクが影響する

Google AdWordsの場合、最終的に広告の掲載順位を決めるのは「広告ランク」と呼ばれる値です。以下の計算式で求められます。

入札価格 ×品質スコア=広告ランク

例えば、キーワードの入札単価品質スコアがそれぞれ

  • A社)入札単価100円、品質スコア5
  • B社)入札単価90円、品質スコア6

だった場合、それぞれの広告ランクはA社が500、B社が540となります。B社の方が入札単価が少なくても上位に表示されるのです。

広告ランク.png
つまり、広告ランクは入札単価品質スコアの双方の数値が関係してくるもので、広告ランクを上げるためにも品質スコアを高めることが重要になります。

品質インデックス(スコア)を向上させるには

低予算で広告を上位に表示させるには、品質インデックス(スコア)の向上が重要です。

Yahoo!とGoogleでは、品質インデックス(スコア)を決める要素として、以下を上げています。

【Yahoo!プロモーション広告

  • 推定クリック率
  • 表示URLの過去のクリック率
  • 広告文と検索クエリーの関連性
  • 広告が掲載される地域別の掲載実績(アカウント全体)
  • インターネットユーザーの検索クエリー
  • 各種デバイス(PC、スマートフォン、タブレット)での広告の掲載実績

参考:広告の品質について

Google AdWords】

  • 推定クリック率
  • 広告の関連性
  • ランディング ページの利便性

参考:品質スコアについて

Yahoo!プロモーション広告Google AdWordsの広告インデックス(スコア)の基準は全く同じではありませんが、どちらにも「広告のクリック率」や「キーワードと広告の関連性」などが影響しています。

キーワードに対してどのような広告文が表示されればユーザーはクリックしたくなるのか。

そもそも、この広告に対してこのキーワードは本当に適切なのか。ユーザーの気持ちに寄り添って考え、試行錯誤してみましょう。

常にユーザーの目線になって広告を運用することを忘れないようにしてください。

まとめ

品質インデックス(スコア)は、Yahoo!やGoogle広告の品質を評価した数値です。

品質インデックス(スコア)を向上させれば、入札価格を抑えつつも上位に表示される、費用対効果の高い広告運用ができるでしょう。

品質インデックス(スコア)の基準は「ユーザーに最適な広告であるか」です。日々数値を確認し、キーワードや広告文、ランディングページユーザーにとって適切なものであるか、試行錯誤しながらリスティング広告を運用しましょう。