YouTube(ユーチューブ)は世界最大の動画プラットフォームで、全世界で10億人以上が利用していると言われています。「ウチもYoutube広告を検討した方が良いかな?」と考えている企業様も増えて来ているのではないでしょうか?

そこで、この記事では動画広告YouTubeに出稿する流れや配信の種類などをひと通り解説して行きます。

●こんな方へ

・Youtube広告の出稿を検討している企業様、担当者様

目次

  1. YouTube(ユーチューブ)とは?
  2. YouTube(ユーチューブ)動画広告のメリット・デメリット
  3. YouTube(ユーチューブ)の動画広告の種類・特徴・課金のタイミングを解説
  4. YouTube(ユーチューブ)動画広告のターゲティング方法
  5. YouTube(ユーチューブ)の動画広告を始める前に準備しておくもの
  6. 動画広告をYouTube(ユーチューブ)に出稿する流れ
  7. YouTube(ユーチューブ)の動画広告作成のポイント
  8. 動画広告を配信して自社のサービスや製品の認知度をアップさせよう

▼ Video BRAIN監修のおすすめ資料

YoutubeチャンネルのKPI設定や運用のポイント解説

YoutubeチャンネルのKPI設定や運用のポイント解説

YoutubeチャンネルのでのKPI設定の仕方や、VSEO対策など、運用のポイントを解説した資料です。動画制作ツールののVideo BRAINが監修しています。

1. YouTube(ユーチューブ)とは?

YouTubeは、世界最大級の動画共有プラットフォームです。
今では動画共有プラットフォームとして世界最大の規模を誇り、世界中の企業や事業者が広告を掲載できる広告媒体としてのビジネスモデルを確立しています。

広告のターゲティング精度が非常に高く、低予算から広告出稿ができる明瞭な料金プランが話題を呼び、数多くの企業がWebマーケティングの成果を高めるべくYouTubeへ動画広告を出稿しています。

2. YouTube(ユーチューブ)動画広告のメリット・デメリット

ここからは、YouTubeへ動画広告を出稿することで得られるメリットや、生じるデメリットを見ていきましょう。

YouTube(ユーチューブ)動画広告のメリット

YouTubeへ動画広告を載せることで以下のようなメリットが期待できます。

● 数多くのユーザーへアプローチできる

YouTubeのユーザー数は、国内だけで5000万人を超えると見られています。圧倒的な母数にリーチできるので、広告の出稿先としては非常に魅力的です。

● ターゲットを絞って効果的なマーケティングが実施できる

YouTubeで広告を出稿する際には「セグメント機能」というターゲティング機能を活用します。

YouTubeアカウントに登録されているユーザー情報から、ユーザーの年齢や居住地、性別、興味、志向などを分析し、広告に興味を持つと判断されるユーザーに対して広告を狙い撃ちできるので、高精度なWebマーケティングが可能です。

●リマーケティングに取り組んで顧客との距離を縮められる

YouTubeの動画広告Google広告と連携しているので、ユーザーがYouTubeを離れたあとも、ユーザーの訪れたサイトにGoogle広告を表示してリマーケティングに取り組めます。

例えば、一定以上のあいだ広告を閲覧してくれた「興味を持ってくれそうなユーザー」に対してリマーケティングを実施すれば、自社への認知がアップしたり、CVへ繋げやすくなったりといったメリットがあります。

● 顧客を自社サイトへ誘導できる

YouTubeの動画広告にはリンクを設定できるので、広告が表示されているあいだに画面をタップ・クリックすると、自社サイトやサービスサイトへ誘導できます。従来のマス広告とは異なる、Webならではの機能と言えるでしょう。

YouTubeは2006年に、YouTubeの動画広告テレビCMよりも80%以上高い広告効果を生むと発表しており、これらのメリットが掛け合わさることで高い費用対効果を生み出せることをアピールしています。

YouTube(ユーチューブ)動画広告のデメリット

YouTubeへ動画広告を載せることで以下のようなデメリットが生じます。

● 広告がスキップされる可能性がある

YouTubeの動画広告は、ユーザーが観たい動画を開いたときに強制的に表示されるものです。そのため、ユーザーは広告をスキップして早く目当ての動画を観たいと考えています。

スキップ可能な動画広告は、5秒で「スキップ」というボタンが表示されてしまうので、早々にユーザーが離脱してしまう可能性が高いのです。

● 広告のクオリティによっては逆効果になりやすい

先述したようにユーザーは早く目当ての動画を観たいと考えています。そこに強制的に差し込まれる動画広告に対してはネガティブなイメージを持ちやすく、広告のクオリティが低かったり、興味を惹かない内容なのに何度も表示されたりすると、かえって悪い印象を抱いてしまうのです。

スキップされずにユーザーの心を掴むような魅力的な動画広告を制作しましょう。

3. YouTube(ユーチューブ)の動画広告の種類・特徴・課金のタイミングを解説

YouTubeの動画広告といっても、その種類は様々です。動画を再生する前に表示される広告や、関連動画に出てくる広告など表示方法も異なります。

また、課金のタイミングや種類によって特徴も異なるので、それも合わせて解説します。

インストリーム広告、ディスカバリー広告、バンパー広告、アウトストリーム広告.png

YouTube(ユーチューブ)の動画広告❶ インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画の本編の前や再生中に流れる広告です。5秒後にスキップできることが特徴です。

インストリーム広告の課金のタイミングは、広告が5秒後にスキップされず、30秒間流された場合です。視聴しているユーザーが30秒以内にYouTubeの動画広告をスキップした場合は、広告費が課金されません。

メリットとしては、ユーザーが視聴した動画に差し込まれるので、確実に目に留まることです。しかし、広告をスキップするユーザーが多いので、動画広告を最後まで見てもらうことは難しく、デメリットとも言えます

YouTube(ユーチューブ)の動画広告❷ ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、検索結果のトップ関連動画のサムネイルの左下に*「広告」として表示される広告です*。

インプレッション数で課金されるタイプの広告になりますが、上記で説明した「インストリーム広告」を出稿すればどちらも表示されるようになっています。また別途課金が必要でないことが特徴です。

検索結果のトップや関連動画に出てくる広告であるために、インストリーム広告と比べてユーザーの目に留まることが少ないです。

しかし、動画を視聴してもらうことさえできればコンバージョンに繋がる確率は高いので、質の高い動画広告を作成しておく必要があります。

YouTube(ユーチューブ)の動画広告❸ バンパー広告

バンパー広告とは、インストリーム広告と同じく、動画本編の再生中に流れる広告のことですが、表示回数が1,000回を超えた時点で課金される仕組みです。

また、特徴としては、広告6秒以内のスキップができないという点が挙げられます。というのも、バンパー広告は6秒以下の短めの動画広告です。例として、スマホゲームアプリのスキップができない動画広告をイメージしてください。

そのために、ユーザーがバンパー広告をスキップすることができませんので、6秒以内で内容を凝縮した動画広告を作成する必要があります。

6秒あれば記憶に残る!「動画広告の俳句」YouTubeのバンパー広告を最大限に活かす3つのポイント

6秒あれば記憶に残る!「動画広告の俳句」YouTubeのバンパー広告を最大限に活かす3つのポイント

YouTubeで動画を再生するときに、数秒で終わる広告がありますが、それがバンパー広告です。 たった6秒の新しい動画広告がユーザーの記憶にとどまり、広告の想起率を最大限に高めるためのポイントをまとめました。

YouTube(ユーチューブ)の動画広告❹ アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、スマホサイズに特化した広告のことです。

アウトスクリーム広告は上記で紹介した他の広告とは違い、動画の50%以上の面積を2秒以上再生された時に課金が発生します。

特徴としては、YouTube以外の様々なメディアに掲載できることです。モバイルユーザーに向けたメディアで認知されることも多く、プロモーション効果を最大限に活かせる広告になります。

4. YouTube(ユーチューブ)動画広告のターゲティング方法

YouTubeの動画広告には、精度の高いターゲティング機能が備わっています。ここからは、YouTubeに広告を出稿する際にぜひ覚えておきたいターゲティング機能について、詳しく見ていきましょう。

オーディエンスターゲティングとコンテンツターゲティングの違い.png

オーディエンスターゲティングは「誰に広告を表示するか」

オーディエンスターゲティングとは、YouTubeに登録されているユーザー情報をもとに、広告が”刺さりやすいユーザーを割り出し、選択的に広告を表示する機能*です。「誰に広告を表示するか」によってターゲティングをおこなうと考えましょう。

以下のような項目をもとに、広告を表示するユーザーを絞り込みます。

● ユーザー属性

性別や年齢、居住地、世帯収入などの属性

● 詳しいユーザー属性

学生や社会人などの属性

● 興味関心

ユーザーが興味を持っているカテゴリやトピック

● 動画リマーケティング

YouTubeの視聴履歴や登録しているチャンネル、閲覧した広告など

● ウェブサイトおよびアプリリマーケティング

広告を出稿する企業のWebサイト広告に以前アクセスしているかどうか

● 類似ユーザー

広告を出稿する企業が作成した「マーケティングリスト」や「カスタマーマッチリスト」に類似・共通した特徴を持っているかどうか

これらの情報をもとに、広告の効果が高くなるようにターゲティングをおこないます。

コンテンツターゲティングは「どこに広告を表示するか」

コンテンツターゲティングとは、広告を「どこに表示するか」選択してターゲティングをおこなう機能です。コンテンツターゲティングでは、主に4種類から選択します。

● プレースメント

動画やGoogleディスプレイネットワーク上のWebサイトアプリといった選択肢のなかから掲載場所を選んで広告を表示する

● トピック

YouTubeやGoogleディスプレイネットワークが分類したトピックのなかから特定の種類を選んで広告を表示する

● キーワード

広告と連動する「キーワード」を決め、ユーザーから関心を持たれやすい動画やWebサイトを指定して広告を表示する

● デバイス

スマートフォンやPC、タブレット、テレビ画面といったデバイスを選択基準にして広告を表示する

これらのなかから、適切なターゲティング方法を選ぶのが大切です。

2種類のターゲティングの使い分け

オーディエンスターゲティングとコンテンツターゲティングはどちらも有力なターゲティング手法ですが、費用対効果を高めるためには、どちらか一方だけを利用するのではなく、場合に応じて使い分けていくことが肝心です。

例えば、短いあいだで自社サービスの認知を向上させたい場合は、ユーザーに焦点を当てるよりも「今この瞬間に興味を持ってくれそうなユーザー」を狙ったほうが効果的なので、コンテンツターゲティングを選択します。キーワードを指定して、興味を持ってくれそうなユーザーを狙いうちできれば、短期間で広く認知してもらえるでしょう。

このように、それぞれのターゲティング手法によって得られるメリットは異なるので、特徴を把握したうえで使い分けていくことが大切です。

ターゲティングする時の注意点

ターゲティング機能は非常に優秀ですが、それゆえに「どこまでもユーザーを絞れてしまう」という懸念点が生じます。ある程度はユーザーを絞り込んだほうが効果は高まりますが、あまりに絞り込みすぎてユーザー数が減少してしまうと、本末転倒です。

条件を厳しくするほどコンバージョンにつながる可能性は高まりますが、成果が出なかった際のデメリットも大きくなります。まずは緩くターゲティングを行い、効果測定を繰り返しながら条件を調整していきましょう。

5. YouTube(ユーチューブ)の動画広告を始める前に準備しておくもの

YouTubeの動画広告を始める前に準備しておくものが2つあります。

・YouTube広告用の動画作成
・Google広告の登録

自社サービスや商品のプロモーション効果を最大限に発揮するYouTube広告用の動画と、広告を配信するためのプラットフォームGoogle広告」への登録が必要です。

YouTube(ユーチューブ)広告用動画の作成

YouTubeの動画広告を配信する場合は、作成した動画は先にYouTubeにアップロードしておく必要があります。YouTubeのトップの右上にあるビデオカメラのボタンをクリックし、「動画をアップロード」から動画のアップロードをしましょう。

また、YouTubeに動画広告を配信する場合は魅力的でいかに視聴者の興味を惹きつけるか、ということが大切です。動画編集をやったことがない方は、初心者でも簡単に動画作成ができるツールの利用がおすすめです。YouTube公式の動画編集ツール「YouTube Video Builder」もそのひとつ。無料で簡単に本格的な動画が作成できるので、ぜひ利用してみましょう。

どんな動画が作れる?YouTube公式ツール「Video Builder(ビデオビルダー)」を使ってみた

どんな動画が作れる?YouTube公式ツール「Video Builder(ビデオビルダー)」を使ってみた

新型コロナウイルスで打撃を受けているスモールビジネスのサポートをするため、YouTubeは米国時間4月14日に「YouTube Video Builder(ユーチューブビデオビルダー)」のベータ版をローンチしました。記事ではYouTube Video Builderの概要や実際の使い方を解説します。実際に作成できる動画のサンプルも一緒に載せますので、ぜひ参考にしてください。

Google(グーグル)広告への登録

Google広告に登録しておかなければ、どれだけ魅力的な動画広告を作成しても配信することができません。
Google広告の具体的な登録方法は、下記の記事で紹介していますのでご参照ください。

Google広告とは?いまさら聞けない基礎知識と広告出稿までの流れを解説

Google広告とは?いまさら聞けない基礎知識と広告出稿までの流れを解説

皆さんはGoogle Adwords(アドワーズ)というものを聞いたことはありますか?Googleアドワーズは、Googleが運営する広告主向けの広告出稿サービスのことを指します。現在は名称が変更され、Google広告と呼ばれていますGoogleアドワーズを使えば、予算が少なくても広告出稿を出すことが出来ますし、効果が悪ければすぐに広告出稿を取りやめることも出来ます。今回はこのGoogleアドワーズの基本と、実際の出稿までの流れを解説していきます。

6. 動画広告をYouTube(ユーチューブ)に出稿する流れ

実際に動画広告をYouTubeに出稿する流れを紹介します。

Google広告で新しいキャンペーンを作成する

まずはGoogle広告青いプラス(+)ボタンをクリックし、新しいキャンペーンを作成しましょう。

グーグル広告のキャプチャ

キャンペーンタイプを選択

次にキャンペーンタイプを選択します。YouTubeに動画広告を配信する場合は「ブランドと認知度のリーチ」から「動画」をクリックしましょう。

グーグル広告のキャプチャ

広告配信の具体的な情報を入力する

次に、広告配信に関する具体的な情報を入力しましょう。入力する内容は以下の通りです。

・入札単価
・リーチする国と地域
・広告のスケジュール
・配信期間
・配信場所

これらの具体的な情報を入力しましょう。

グーグル広告のキャプチャ

YouTube(ユーチューブ)にアップロードされた動画で【動画広告の作成】を開始

YouTubeにアップロード済みの動画のURLを指定の場所に貼り付けましょう。その後、広告経由でどのページに誘導したいのかを設定します。

グーグル広告のキャプチャ

最後に「保存して次へ」をクリックすれば、YouTubeを活用した動画広告の配信設定は完了です。あとは、広告が適切なものか審査が入り、クリアすれば動画広告が配信されます。

7. YouTube(ユーチューブ)の動画広告作成のポイント

ここからは、YouTubeの動画広告を作成する際に押さえておきたいポイントを紹介していきます。

最初の5秒で関心を引く

YouTubeの動画広告は、ユーザーがスキップできるものとスキップできないものに分けられます。スキップできる広告であっても、はじめの5秒はユーザーもスキップができないので、この5秒の間にユーザーから興味を持ってもらうことが大切です。

動画広告を作成する場合は、はじめの5秒で重大な発表をおこなったり、惹かれるキーワードを盛り込んだりしてユーザーが「思わず目を向けてしまう」ような内容に仕上げましょう。

はじめの5秒が勝負.png

スキップできない視聴者側の気持ちを考慮

スキップできない動画広告の場合は、さらにユーザーへの配慮が欠かせません。ユーザーはスキップできないため動画広告を全て観ることになりますが、そのなかで延々とサービスのアピールを続けられても、購買意欲はそそられにくいでしょう。むしろ、マイナスに働いてしまう可能性が高くなります。

こうしたデメリットを避けるためにも、動画広告を作成する際には「ユーザーが望まないタイミングでこの動画は再生されてしまう」という前提を忘れずにいましょう。その状況から、いかに興味を持ってもらうかを考えていくことが、より良い動画広告の制作につながります。

8.動画広告を配信して自社のサービスや製品の認知度をアップさせよう

サービスのローンチや新商品の発表には、動画広告がオススメです。バナー広告などに比べると作成の難易度が上がりますが、ユーザーの目にとまりやすい効果的な動画広告をつくることによって、商品やサービスの購買、契約につながります。

どの種類の動画広告が自社に適しているかを検討し、YouTubeに動画広告を出稿してみましょう。

▼ Video BRAIN監修のおすすめ資料

YoutubeチャンネルのKPI設定や運用のポイント解説

YoutubeチャンネルのKPI設定や運用のポイント解説

YoutubeチャンネルのでのKPI設定の仕方や、VSEO対策など、運用のポイントを解説した資料です。動画制作ツールののVideo BRAINが監修しています。

関連記事

YouTube(ユーチューブ)の動画広告の料金と成果を上げるポイント!最初の5秒で心を掴め

YouTube(ユーチューブ)の動画広告の料金と成果を上げるポイント!最初の5秒で心を掴め

YouTubeの動画広告はまだまだ参入が少ないものの、すでにプロモーション効果のある動画を配信している企業は大きな利益を得ています。また、YouTube動画を活用した広告を配信を検討する企業も増えていますが、まだまだわからないことだらけでしょう。そこで、YouTubeの動画広告を配信する仕組みや料金、広告にかかる費用目安をご紹介します。記事の最後には、成果を上げるために押さえておく3つのポイントをご紹介します。「YouTubeを活用して自社商品やサービスをたくさんの人に認知してもらいたい」と考えている企業やウェブ担当者は、参考にしてください。

YouTube広告のターゲティング配信の基本を解説。広告効果を最大化するテクニック

YouTube広告のターゲティング配信の基本を解説。広告効果を最大化するテクニック

YouTubeは全世界で最も親しまれている動画共有サービスです。視聴はもちろん、最近ではYouTuberといった仕事もあるくらいの盛り上がりを見せています。 最近では企業の広告をYouTubeに配信するケースも増えており、広告媒体としての側面も強くなってきています。 YouTubeの広告では、特にそのターゲティングが重要になってきます。 ターゲティング次第で大きく広告の認知度をあげたり、反対になかなか思うような結果が出なかったりといったことも考えられます。 そこで今回は、YouTube広告のターゲティングについて詳しく解説していきます。