動画広告をYouTube(ユーチューブ)に出稿する流れ

実際に動画広告をYouTubeに出稿する流れを紹介します。

Google広告(旧Googleアドワーズ)で新しいキャンペーンを作成する

まずはGoogle広告青い枠組みのプラスボタンをクリックし、新しいキャンペーンを作成しましょう。

グーグル広告のキャプチャ

キャンペーンタイプを選択

次にキャンペーンタイプを選択します。YouTubeに動画広告を配信する場合は「ブランドと認知度のリーチ」から「動画」をクリックしましょう

グーグル広告のキャプチャ

広告配信の具体的な情報を入力する

次に、広告配信に関する具体的な情報を入力しましょう。入力する内容は以下の通りです。

・入札単価
・リーチする国と地域
・広告のスケジュール
・配信期間
・配信場所

これらの具体的な情報を入力しましょう。

グーグル広告のキャプチャ

YouTube(ユーチューブ)にアップロードされた動画で【動画広告の作成】を開始

YouTubeにアップロード済みの動画のURLを指定の場所に貼り付けましょう。その後、広告経由でどのページに誘導したいのかを設定します。

グーグル広告のキャプチャ

最後に「保存して次へ」をクリックすれば、YouTubeを活用した動画広告の配信設定は完了です。あとは、広告が適切なものか審査が入り、クリアすれば動画広告が配信されます。

YouTube(ユーチューブ)の動画広告作成のポイント

ここからは、YouTubeの動画広告を作成する際に押さえておきたいポイントを紹介していきます。

最初の5秒で関心を引く

YouTubeの動画広告は、ユーザーがスキップできるものとスキップできないものに分けられます。スキップできる広告であっても、はじめの5秒はユーザーもスキップができないので、この5秒の間にユーザーから興味を持ってもらうことが大切です。

動画広告を作成する場合は、はじめの5秒で重大な発表をおこなったり、惹かれるキーワードを盛り込んだりしてユーザーが「思わず目を向けてしまう」ような内容に仕上げましょう。

スキップできない視聴者側の気持ちを考慮

スキップできない動画広告の場合は、さらにユーザーへの配慮が欠かせません。ユーザーはスキップできないため動画広告を全て観ることになりますが、そのなかで延々とサービスのアピールを続けられても、購買意欲はそそられにくいでしょう。むしろ、マイナスに働いてしまう可能性が高くなります。

こうしたデメリットを避けるためにも、動画広告を作成する際にはユーザーが望まないタイミングでこの動画は再生されてしまう」という前提を忘れずにいましょう。その状況から、いかに興味を持ってもらうかを考えていくことが、より良い動画広告の制作につながります。