チャットボットを導入する企業が増えている

近年、チャットボットを導入する企業が増えており、チャットボットの2018年の売上は前年から倍増した24億1000万円を記録。そして2020年の市場規模は100億円を超えると予想されています。

参考:ITR、国内のチャットボット市場規模推移および予測を発表

多くの企業が生産性向上を求めており、より多くの人員を割きがちな顧客対応をチャットボットで自動化することで、業務効率化とコスト削減につなげているんですね。

チャットボットサービス10選

生産性向上に役立つチャットボットサービスを10個ご紹介します。

sAI Chat(株式会社サイシード)

image5.png

参考:『sAI Chat』自動・半自動のハイブリット型AIチャットボット

自動対応だけでなく半自動対応を行い、顧客を細かくサポート可能なチャットボットです。AIが回答候補を提示し、オペレーターが確認・編集できる機能が搭載されています。

搭載されているAIは導入時点で初期学習を完了しており、すぐに本格運用できるのが特徴。自動・半自動を切り替えることで有人で対応しなければならないシーンにも活用できます。

初期費用50万円〜
月額10万円〜

LoBot(ピーシーフェーズ株式会社)

image2.png

参考:LoBot(ロボット)|エントリーフォームにもスマートフォンに最適な形式を

LINEのAPIを利用し、LINEでの顧客対応に特化したチャットボットです。LINEからお店にお問い合わせや予約などができるため、入力フォームからの離脱を防げるのがポイント。

任意項目を選択するだけで簡単にシナリオ作成ができ、API連携による顧客データベースへの登録も可能。お問い合わせのほか、アンケートやキャンペーン応募などさまざまなシーンで活用できます。

初期費用 20万円〜
月額費用 5万円〜

ChatBook(株式会社チャットブック)

image1.png

参考:ChatBook|Facebook広告の効果を最大化のマーケティングやインサイドセールス向けのチャットボット簡単作成

Facebookメッセンジャー上で稼働し、Facebook/Instagram広告からの流入にスムーズに対応できるチャットボットです。広告をクリックしたユーザーをメッセンジャーで自動対応し、コンバージョンまで誘導できます。

SNS広告と連携しているため、広告とチャットボット両方のレポートを取得できます。プログラミング経験や専門知識がなくても簡単に導入を開始できるのもポイント。

初期費用・月額費用 要お問い合わせ

COTOHA Chat & FAQ(NTTコミュニケーションズ株式会社)

image10.png

参考:COTOHA Chat & FAQ|NTT Com のAIチャットボット

顧客が入力した単語だけではなく、文章の意味を理解し、膨大なデータベースから回答を検索、表示させる辞書型のAI搭載チャットボットです。AIでは未解決だった質問などは、そのままオペレーターにつなげられます。

アバター、問い合わせフォームなどのフロントエンド機能が満載。さらに対応言語は20言語以上、外国人向け顧客への対応にも活用できます。

・初期費用 19万5000円〜
・月額費用 相談

KARAKURI(カラクリ株式会社)

image4.png

参考:KARAKURI (カラクリ) | カスタマーサポート特化型AI搭載チャットボット

従来のチャットボットの課題を解決するため、深層学習アルゴリズムを活用しているAI搭載のチャットボットです。深層学習とシナリオを組み合わせることで細かな対応を実現し、正答率95%を保証しています。

さらにカスタマーサポート業界の精鋭たちが設計しているため、現場の豊富な知識により高精度な顧客対応が可能です。

初期費用・月額費用 要お問い合わせ

OKBIZ. for AI Chatbot(株式会社オウケイウェイヴ)

image6.png

参考:OKBIZ. for AI Chatbot - 株式会社オウケイウェイヴ

OKWAVEのQ&Aサイトから言語データを読み取って、事前に膨大な量のデータを学習済み。リアルな質問やよくある質問などを学習しているため、あらゆる質問に対応可能です。

AIが理解できない質問は聞き返す機能もついているため、オペレーターに手間をかけません。OKWAVEに新たに登録された辞書データも機械学習し続けるため、さらに精度を高めていきます。

初期費用・月額費用 要お問い合わせ

GoQSmile(株式会社GoQSystem)

image8.png

参考:すぐに使える直感的チャットボット。AIチャットボットGoQSmaile

まるで人と話しているような、自然な返答を行えるのが特徴。あらかじめプログラミングされているため、導入後すぐに運用開始できます。設置タイプ・入力タイプや自由入力欄の有り・無しなどの切り替えも可能です。

さらにWebサイトやLINEだけでなくECサイトにも設置できるため、店員のように顧客のお買い物をサポート。低価格ですぐに導入できるうえ、20日間の無料お試し期間もありますよ。

初期費用 無料
月額費用 5000円〜(無料お試し期間あり)

QA ENGINE(株式会社Studio Ousia)

image9.png

参考:QA ENGINE|世界最先端の人工知能による質疑応答システム

世界最先端の人工知能が搭載されているため、質問と回答のデータをアップロードし機械学習を行えば、エンジニアによるチューニングは不要。学習データが少なくても高精度の質疑応答を行えます。

さらにシンプルで直感的に操作できるため、チャットボット導入が初めての人でも扱いやすいのがポイント。スピーディーに運用を開始できます。

初期費用 なし
月額費用 30万円(2つめ以降は20万円)

Repl-AI (インターメディアプランニング株式会社)

image3.png

プログラミング知識がなくても、自社で簡単にチャットボットを作成できるサービスです。シナリオテンプレートも充実しており、高精度の受け答えができます。

何より無料、または低価格で利用できるため、「チャットボットがどんなものか試してみたい」という人に。FacebookやLINEとも連携できます。

初期費用 無料
月額費用 無料プランは0円(APIコール数は1000円/月〜) 有料プランは5000円〜

Chat Dealer(株式会社ラクス)

image7.png

参考:チャットボットといえば、ラクスの「チャットディーラー」

穴埋め式のシナリオ作成ではなく、フローチャート式を採用。それにより、顧客の回答に合わせて幅広い対応が可能です。有人対応と無人対応も併設できるため、チャットボットでは解決できない質問等をスムーズに引き継げます。

さらに、レポートでは「よくある質問」「顧客の離脱ポイント」などのデータも取得。それをもとに、チャットボットをブラッシュアップしていけるでしょう。

初期費用・月額費用 要お問い合わせ