まとめ

効率的に顧客へアプローチできるセールス手法がインサイドセールスです。見込み客の育成を行い、商談はフィールドセールスに任せるといった連携が非常に大切です。「ターゲットの設定」や「ニーズの収集」などマーケティングの要素も含むため、社内のマーケターとの連携も行います。自社サービスとクライアントをつなぐ重要な役割と言えます。

実際にインサイドセールスを社内で実施するにあたり、組織体制の見直しを行う手間こそかかりますが、セールスの効率化を目指す手段として活用できます。上述したポイントを参考に、実施してみてはいかがでしょうか。