フォーム作成・顧客管理ツール「formrun(フォームラン)」のマーケティングを担当している佐藤でございます。

広報や人事、カスタマーサポート、Web担当といった業務に従事している方に馴染みのある、「メールフォーム」。
いつでも問い合わせを受け付けることができる上、知りたい情報を効率良く顧客から取得することができます。企業と顧客の双方に便利なサービスです。

メールフォームの作成・設置にあたって、PHPやCGIといったプログラム言語を使って自作する、もしくは既存のブログサービスやCMSに組み込まれているフォームを利用するという方法もありますが、ASP(Application Service Provider)型のサービスを選択する方も少なくありません。
つまりASP型のメールフォームは、簡単にフォームが作成できるということでしょう。

しかし、メールフォームを提供する企業は数多くあり、各社がどのような特徴・強みを持っているのかが分かりづらいという声も散見されます。

そこで今回は、他社メールフォームの良いところを正直に紹介します。

無料で始められるものを挙げておりますので、ぜひメールフォーム選びの参考にしてみてください。

目次

  1. メールフォーム比較
    1. formrun(フォームラン):作成の手軽さとデザイン性重視のメールフォーム
    2. フォームズ:注文フォーム作成も可能!基本を網羅したメールフォーム
    3. オレンジフォーム:とにかくシンプルデザイン!有料版もお手頃価格で利用可能
    4. フォームメーラー:ドラッグ&ドロップの簡単操作でフォームが作成できるツール
    5. Tayori:カスタマーサポート用のFAQ機能が魅力
  2. まとめ

メールフォーム比較

今回は5つのメールフォームについてまとめました。
各サービスの違いがわかるよう、機能の部分で共通のものは紹介しておりません。

formrun フォーム オレンジフォーム フォームメーラー Tayori
フォーム作成数 3 無制限 無制限 5 1
作成可能項目数 無制限 10 無制限 7 無制限
作成のしやすさ
条件分岐ができる × × ×
注文フォーム × 有料 有料 ×
PayPal決済可能 × 有料 有料 ×
他ツールとの連携 × 有料 × ×
公開の詳細設定
トーク形式フォーム × × × ×
セキュリティ対策
広告の非表示 有料 有料 有料

form_matrix.jpg

formrun(フォームラン):作成の手軽さとデザイン性重視のメールフォーム

formrun.png
formrun

formrunは直感的にフォームを作成したいという方に、おすすめのメールフォームです。
「カタログ請求」「会員登録」「お見積もり依頼」など目的ごとに用意されたテンプレートと、クリックによる項目追加・項目変更により、デザイン性の高いフォームが簡単に作成できます。
作成したフォームにデザイン性を損ねる広告が表示されることもありません。

また、問い合わせ管理を“ボード表示”の「カンバン方式」で行うことができるため、顧客のステータスが把握しやすいです。
情報セキュリティマネジメントについての国際規格「ISO 27001 (ISMS)」を取得しており、セキュリティ面での安心感が魅力です。

一方で、フォームの公開期間設定や回答内容による条件分岐ができないなど、アンケートフォームとして利用する場合に残念な部分もあります。

フォームズ:注文フォーム作成も可能!基本を網羅したメールフォーム

formzu.png
フォームズ

フォームズは、メールフォームとして必要な機能がほぼ全て備わっているのが特徴です。
PCやスマホなどデバイスごとの公開設定や、IPによるアクセス制限ができたり、フォームの公開状況に関して細かな設定が可能です。

また、無料で使えるプランでもPayPalによるクレジットカード決済に対応しており、商品の注文やイベント参加申し込みのタイミングで代金の支払いができます。
問い合わせをしたユーザー決済等のコミュニケーションが発生する場合は、フォームズを使うと良いでしょう。

ただし、項目の追加・編集・並び替えをそれぞれ個別に行わなければならないため、慣れないとフォームの作成に手間取ってしまいます。

オレンジフォーム:とにかくシンプルデザイン!有料版もお手頃価格で利用可能

orangeform.png
オレンジフォーム

シンプルなフォームを手軽に作成できる、オレンジフォーム
デザインにこだわらずオーソドックスなフォームが欲しいという方におすすめです。
同社が提供する「オレンジメール」と連携することで、簡単にメルマガやステップメールを配信することができ、とても魅力的です。

他社ツールに比べ無料で使える範囲は広くはないものの、有料プランが月額1200円という低価格です。
GoogleスプレッドシートやGoogleアドワーズ、Chatworkなど外部ツールとの連携が可能です。
複数のツールと組み合わせて使いたいという方は有料プランがおすすめです。

フォームメーラー:ドラッグ&ドロップの簡単操作でフォームが作成できるツール

formmailer.png
フォームメーラー

項目をドラッグ&ドロップするだけで思い通りのフォームが作成できます。
公開設定やアクセス制限が細かく設定でき、IPによるアクセス制限や連続投稿に対する規制、禁止ワードの設定、パスワード入力要求なども可能です。

また、月額1000円から利用できるPro版ではランディングページの作成もできるので、キャンペーンページやイベント集客用のページを作る必要がある際、重宝するでしょう。

無料のプランでも人気投票や簡易アンケートに使える「投票フォーム」が1つまで作成できますが、回答データの保持期間が6ヶ月になっているので要注意です。

Tayori:カスタマーサポート用のFAQ機能が魅力

tarori.png
Tayori

Tayoriは他のメールフォームに比べ、カスタマーサポートの業務を効率化する機能が多いのが特徴です。
利用シーン別に用意されたテンプレートを使って、問い合わせフォーム或いはチャット形式のフォームまで作成することができます。

さらにFAQの作成機能もあります。Webサイトに訪れた人々の疑問を解決するためのヘルプページを簡単に作れる上、FAQページフォームを連携させて使うことも可能です。

フォームの条件分岐ができなかったり、公開設定・外部ツール連携が少なかったりという点はあるものの、フォームをカスタマーサポートに特化して使いたいという場合には適したツールと言えます。

まとめ:各メールフォームの特長を押さえよう

無料から使えるメールフォーム5つについて、その特長を紹介しました。すべての面で優れたメールフォームというものはなく、それぞれに強み・弱みがあります。

メールフォーム導入の際には、その目的と必要とする機能の優先順位を明らかにした上で、
どのツールが自分たちに適切なのかという視点で選ぶと良いでしょう。

bnr_formrun2.png