新たなマーケティングの手法が目まぐるしく登場する昨今、マーケターは日々新たな情報をインプットし、時代に合ったマーケティングの手法を取り入れる必要があります。

本記事では、スキルアップに役立つマーケティング資格・検定を分野別に厳選して紹介します。なお、試験の実施時期は変更となる場合があります。それぞれの公式サイトで最新情報を確認してください。

目次

  1. マーケティング資格を取得するメリット
  2. おすすめのマーケティング資格一覧
  3. マーケティング全般に役立つ資格
  4. 広告運用におすすめマーケティング資格
  5. SEOに役立つマーケティング資格
  6. アクセス解析のマーケティング資格
  7. SNSマーケティングに役立つ資格
  8. PRに関するマーケティング資格
  9. 組織としてWebマーケ人材の育成に取り組むなら

▼Webマーケティングを効率良く学習する方法はこちら

学んで実践!社内でBtoBのWebマーケティングの施策を効率良く学習する方法

学んで実践!社内でBtoBのWebマーケティングの施策を効率良く学習する方法

マーケティング資格を取得するメリット

マーケティング資格を取得すると、様々なメリットが得られます。まずは、資格取得によって得られるメリットを見ていきましょう。

知識・スキルの証明になる

マーケティング資格があれば、その分野に関する知識やスキルを持っていることの証明になります。資格があるだけで担当できる仕事が増えるのはもちろん、他の人から見た時に持っているスキルがひと目で分かるのがメリットです。

仕事やキャリアの幅が広がる

マーケティング資格を取得することで新しい仕事にチャレンジするきっかけになります。そのため、仕事やキャリアの幅を広げやすくなるでしょう。

また、専門性の高い資格を取得すれば、転職でも有利になりやすいのもメリットです。キャリアや仕事の幅を広げたい方は、ぜひ挑戦してみましょう。

年収アップにつながる

マーケティング資格を取得することは、年収アップにもつながります。というのも、資格の取得によってスキルアップすることで社内の評価が上がりますし、資格手当がある会社に勤めていれば年収に直接影響を及ぼすからです。また、社内の評価が上がれば昇進のチャンスを掴める可能性もあるでしょう。

さらに、スキルアップをすることで、より高い年収が期待できる会社に転職できる場合もあります。

おすすめのマーケティング資格一覧

一口にマーケティング資格といっても、その種類は様々です。本記事では下記の資格について、分野別に紹介します。

●マーケティング全般

  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定
  • 中小企業診断士
  • MBA(経営学修士)
  • IMA検定

●広告運用

  • Google広告認定試験
  • Yahoo!広告認定資格

●SEO

  • SEO検定
  • 認定SEOスペシャリスト
  • SEOマーケティングアドバイザー

●アクセス解析

  • ウェブ解析士
  • GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)
  • Webアナリスト検定

●SNSマーケティング

  • SNSマネージャー
  • SNSエキスパート検定

●PR

  • PRプランナー
  • プロモーショナル・マーケター認証資格

マーケティング全般に役立つ資格

まずは、マーケティング全般に役立つ資格を5つ紹介します。

資格名 特徴
マーケティング・ビジネス実務検定 業種にとらわれないマーケティング知識を学べる
ネットマーケティング検定 Webマーケティングに関する知識をメインに習得できる
中小企業診断士 経営課題の解決に役立つ
MBA(経営学修士) マーケティングと経営の両方の知識が身に付く
IMA検定 実践的なマーケティングスキルが身に付く

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティングビジネス検定.png

●業種を超えた共有マーケティング実務知識を習得可能

マーケティングの知識を実務的に取得したいならマーケティング・ビジネス実務検定が良いでしょう。

この検定では、特定の職業、業種などにとらわれない共有のマーケティング実務知識が問われます。学習することで、どのような業種であっても重宝される知識が身につくでしょう。

  • 受験料:B級…7,480円 C級…6,270円
  • 試験実施期間:2023年2月5日

画像出典・参考:マーケティング・ビジネス実務検定(R)

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定.png

●効果的なインターネット・マーケティングの実践知識が身につく

Webマーケティング担当者であれば、SEOSEMWebサイトを活用したマーケティングなどの知識は必要不可欠。その知識を得るためにおすすめなのがネットマーケティング検定です。

この検定では、Webマーケティングの特性など基本的なことから、市場調査やリサーチ、商品の販売までの方法を、網羅的に学習しその知識を確認できます。

  • 受験料:6,000円
  • 試験実施期間:2023年2月12日

画像出典・参考:ネットマーケティング検定

中小企業診断士

中小企業診断士.png

●Webマーケティングと経営課題解決のための知識を証明できる国家資格

国家資格である中小企業診断士は難易度が非常に高いですが、マーケターとして取っておいて損はない資格です。経営とマーケティングは強い結びつきを持っており、試験では中小企業の経営課題を解決するための知識が問われます。

中小企業のWeb集客やSEO広告の提案など、Webマーケティングの知識をもとに中小企業の課題解決に携わりたい方におすすめです。

  • 受験料:一次…14,500円 二次…17,800円
  • 一次試験(例年):8月上旬頃
  • 二次試験(例年):筆記…10月頃 口述…1月中旬頃

画像出典・参考:J-SMECA 中小企業診断協会

MBA(経営学修士)

MBA.png

●業界問わずに活躍や独立できるマーケティング&経営知識が身につく

マーケティングと経営の両方に役立つ資格を取得したいなら、MBA(経営学修士)がおすすめです。経営の視点からマーケティングを捉え直すことで視野が広がり、どんな業界でも活躍できるうえ、さらに起業家としての独立も検討できます。

ただし、MBAを取得するためにはビジネススクールに通う必要があります。そのため、長期的に学習して資格を取得したい方や、将来的に起業したい方などにおすすめです。

【グロービス経営大学院の場合】

  • 取得までの期間:1〜2年
  • 修了までの学費総額:120万〜400万

画像出典・参考:グロービス経営大学院

IMA検定

IMA検定.png

●即実践できるネットマーケティングスキルが身につく

IMA検定は、即実践できるWebマーケティングスキルを身に付けられる資格です。10年以上の実務を経験した担当者のノウハウが学べるため、実務に活かせるスキルを習得したいマーケティング担当者におすすめです。

eラーニングの講座と受験がセットになっており、約2ヶ月でカリキュラムを達成できます。

  • 受験料:Standard・Professional…19,800円
  • 試験実施期間:Standard...2023年2月18日 Professional...2023年5月24日

画像出典・参考:IMA検定 次世代型のネットマーケティング検定制度

広告運用におすすめマーケティング資格

次に、広告運用に関する資格を見ていきましょう。

資格名 特徴
Google広告認定試験 Google広告に関する知識を学べる
Yahoo!広告認定資格 Yahoo!広告に関する知識を学べる

Google広告認定試験

Google広告認定資格.png

●種類別のGoogle広告に関する理解度を確認できる無料資格

Google広告認定試験は、Google広告における基礎から応用レベルの知識が問われる試験です。Google広告認定試験には以下の6つの種類があるため、目的や携わる業務などに応じて選びましょう。

種類 出題内容の例
検索広告認定資格 ・検索キャンペーンの作成方法
・最適化や入札の方法
ディスプレイ広告認定資格 ・ユーザーへのリーチ
キャンペーンタイプ
・ターゲティング
動画広告認定資格 ・YouTube広告の配信方法
・クリエイティブ作成
ショッピング広告認定資格 ・宣伝方法
・店舗への誘導方法
・パフォーマンスプランナー
アプリ広告認定資格 アプリキャンペーンの作成方法
・目標設定の仕方
・効果計測
広告測定認定資格 ・トラッキング
・計測ツール
・戦略の立案

Google広告の運用を効率よく行いたい方や、より高い効果を出したい方などにおすすめの資格です。本試験はGoogleアカウントを持っている人であれば無料で受験できるので、ある程度の知識がある方は挑戦してみてもよいでしょう。

  • 受験料:無料
  • 試験実施期間:24時間365日受験可能(1日1回まで)

参考:Google 広告の認定資格について

Google広告の使い方や仕組みについて知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

Google(グーグル)広告の使い方、出稿方法やセットアップ手順を徹底解説

Google(グーグル)広告の使い方、出稿方法やセットアップ手順を徹底解説

Google広告の使い方に関する基礎知識、および出稿の流れについてわかりやすく解説します。キャプチャを交えて1から説明するので、広告設定に不安ながある方は一緒にやってみてください。

Yahoo!広告認定資格

Yahoo!広告認定資格.png

● Yahoo!検索広告と Yahoo!ディスプレイ広告の運用知識を体系的に習得できる

Yahoo!広告認定資格では、Yahoo!広告に関する問題が出題されます。Yahoo!で広告を運用したいマーケターや、体系的に学びたい方におすすめです。まずは学習プログラムに参加し、最後に行われる試験に合格すると資格を取得できます。

無料で利用できるプログラムなので、学習意欲のあるマーケターなら誰でも参加可能です。受講はオンラインでできるため、自宅で気軽に学習できます。

  • 受験料:無料
  • 試験実施期間:プログラム終了後に実施

画像出典・参考:Yahoo!広告 キャンパス

SEOに役立つマーケティング資格

次に、SEOに関係するマーケティング資格を紹介します。Webマーケティングに携わっている方は、ぜひチェックしてください。

資格名 特徴
SEO検定 SEO全般の基礎知識が身に付く
認定SEOスペシャリスト より専門的な知識が学べる
SEOマーケティングアドバイザー SEOの基礎知識やWebメディアで成果を出すためのノウハウなどを学べる

SEO検定

SEO資格.png

●初心者~プロまで段階的にSEO技術が身につく

SEO検定は、SEOの技術を総合的に学べる資格です。4級から1級まで段階的な資格が用意されており、自分のレベルにあわせて受験できます。有料ではありますが、公式のテキストや動画教材、ドリル、過去問などが用意されており、初心者でも安心です。

  • 受験料:1級...8,800円 2級...6,600円 3級...5,500円 4級...5,500円
  • 試験実施期間:各月2回(ただし、会場により開催回数が異なる)

画像出典・参考:SEO検定

認定SEOスペシャリスト

認定SEOスペシャリスト.png

●現場で即戦力となれるSEOスキルを習得できる

認定SEOスペシャリストは、SEOに関するより高いスキルや専門知識を得るための資格です。SEOの全体像を掴むのはもちろん、効果を最大限に引き出すためのノウハウなども身につきます。SEOをメインとしたマーケティングや顧客への提案などを行う方には特におすすめです。

ただ、SEOスペシャリストの認定を受けるには全2回の講座を受講し、SEO検定の4級~1級に合格する必要があります。

  • 受験料:82,500円
  • 試験実施期間:随時

画像出典・参考:認定SEOスペシャリスト

SEOマーケティングアドバイザー

SEOマーケティングアドバイザー.png

●Webサイトの成果につなげるSEO知識とノウハウが身につく

SEOマーケティングアドバイザーは、 一般社団法人日本技能開発協会が運営する資格試験です。SEO基礎知識やWebメディアで成果を出すためのノウハウなどを学べます。

試験の難易度としては、専用テキストがあれば十分に対応できるレベルとされています。そのため、SEOを勉強し始めた方などにおすすめです。試験は自宅で随時受験可能なので、気軽に受験できるでしょう。

  • 受験料:試験のみ...11,000円 テキスト教材+試験...49,500円
  • 試験実施期間:随時(自宅で受験可能)

画像出典・参考:SEOマーケティングアドバイザー認定資格試験

SEO資格の受験を検討している方は、まず以下の記事で基礎知識を身につけておくことをおすすめします。

【2023年最新】SEOをわかりやすく解説。SEO対策のやり方やキーワード選定、便利ツールを紹介

【2023年最新】SEOをわかりやすく解説。SEO対策のやり方やキーワード選定、便利ツールを紹介

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、検索結果で自社サイトを上位表示させるための対策のことです。検索エンジン最適化とも呼ばれます。この記事では、「これからSEO対策を始めたい!」「検索順位を上げるにはどうしたらいいの?」という方向けに、SEO対策の基礎について詳しく解説していきます。

アクセス解析のマーケティング資格

次に、アクセス解析に関わるマーケティング資格を見ていきましょう。

資格名 特徴
ウェブ解析士 自分のレベルに合った実践的な知識を身に付けられる
GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格) Googleアナリティクスの習熟度を把握できる
Webアナリスト検定 Googleアナリティクスの使い方が学べる

ウェブ解析士

ウェブ解析士.png

●実践的なWeb解析スキルが段階的に身につく

ウェブ解析士は、実務に活かせる知識が身につく資格です。下記3つのレベルがあり、Web解析の基礎知識やWeb解析の設計、戦略立案、レポーティングなど幅広い問題が出題されます。

  • ウェブ解析士
  • 上級ウェブ解析士
  • ウェブ解析マスター

なお、認定試験の受験後にはGoogleアナリティクス講座(有料)の受講も可能です。

  • 受験料:試験費用 17,600円
  • 試験実施期間:随時開催

画像出典・参考:ウェブ解析士協会

GAIQ(Google Analytics Individual Qualification・Google アナリティクス個人認定資格)

●Google アナリティクスの理解度を確認できる無料資格

GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)は、Googleアナリティクスの習熟度をGoogleが認定する資格です。取得することで、Googleアナリティクスの機能を最大限に活かせるようになります。

本番の試験や受験前に必要なトレーニングが全てオンライン完結となっており、手軽に学習・受験できるのが特徴です。

  • 受験料:無料
  • 試験実施期間:随時

画像出典・参考:Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)について

Webアナリスト検定

webアナリスト検定.png

●Googleアナリティクスの基礎~活用方法を集中的に習得できる

Webアナリスト検定は、Googleアナリティクスの使い方やデータ分析の考え方などが問われる検定です。

検定を受ける前には指定の講座を受ける必要があり、受講することで単なる解析ツールの見方だけではなく、課題解決の糸口を見つけるなど、すぐに現場で活用できるスキルが身に付きます。

講師から1日5時間の講習を受け、その後オンラインテストを実施する流れとなるので、プロから知識を学んだあとにテストが受けられるのも特徴です。

  • 講座+受験料:22,325円
  • 試験実施期間:各所で毎月開催(詳しくはWebサイトをご確認ください)

画像出典・参考:Webアナリスト検定 一般社団法人日本Web協会

次世代のアナリティクス「GA4」について知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

GA4とは?導入のメリットや注意点、UAとの併用がおすすめの理由

GA4とは?導入のメリットや注意点、UAとの併用がおすすめの理由

マーケターはUAのサポートが2023年7月までというGoogleの発表を受けて、GA4の導入を本格的に検討し始めたのではないでしょうか。ここでは、GA4はUAとの併用で早くから利用を開始することをおすすめする理由とGA4とUAの違いについて説明します。

SNSマーケティングに役立つ資格

次に、SNSマーケティングに役立つ資格を紹介します。最近ではSNSマーケティングの注目度が上がってきているので、ぜひこちらも参考にしてください。

資格名 特徴
SNSマネージャー 企業におけるSNS運用の基礎から危機管理まで包括的に学べる
SNSエキスパート検定 企業向けのSNSマーケティングの知識・手法を学べる

SNSマネージャー

SNSマネージャー.png

●企業のSNS運用から危機管理まで包括的にマネジメントする知識が身につく

SNSマネージャーは、SNSの開設から運用、危機管理まで幅広い知識を得られる資格です。戦略構築や運用体制の確保、炎上防止策などを学べるため、実務に活かせるスキルが身に付くでしょう。

初級・上級・チーフの3段階の資格が用意されており、指定の講座を受講してから試験に合格することで認定証が貰えます。初級から順に受講し、チーフを目指しましょう。

  • 受験料:33,000円
  • 試験実施期間:在宅で随時受験可能

画像出典・参考:SNSマネージャー養成講座

SNSエキスパート検定

SNSエキスパート.png

●SNSの基礎から具体的な活用方法まで段階的に知識を習得できる

SNSエキスパート検定は、企業や団体向けのSNS運用に関する知識を学べる資格です。プログラムを受講したのち、試験を受けて合格すると認定証が貰えます。初級と上級が用意されており、それぞれ以下のような知識が問われます。

種類 試験概要
初級 ・SNS活用に必要な用語
・SNS運用の考え方
・SNS運用の注意点
上級 KGIKPIの設定方法
コンテンツの作り方
広告配信の考え方
  • 受験料(受講料込):初級...11,000円 上級...110,000円
  • 試験実施期間:随時在宅で受験可能

画像出典・参考:SNSエキスパート協会

SNSマーケティングの概要や事例について知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください。

SNSマーケティングの事例9選!成功事例から学ぶSNSの運営方法

SNSマーケティングの事例9選!成功事例から学ぶSNSの運営方法

SNSを有効活用すればユーザーとコミュニケーションを図れる上、自社の商品・サービスなどを効果的にプロモーションすることができます。本記事では、SNS別にマーケティング施策の事例を紹介します。SNSマーケティングの必要性やマーケティングで重要なSNSの種類についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

PRに関するマーケティング資格

最後に、PRに関するマーケティング資格を2つ紹介します。

資格名 特徴
PRプランナー PRの基礎から応用まで身に付く
プロモーショナル・マーケター認証資格 PRの専門知識や技術が学べる

PRプランナー

PRプランナー認定試験.png

●企業の社会的責任の高まりの中で注目が高まるPR知識が身につく

PRプランナーは、PRに関する基礎知識から応用まで学べる資格です。1次試験・1次試験・3次試験と3つのステップが用意されており、順番に合格していく必要があります。試験で出題される内容の例は、次の通りです。

  1. 企業経営と広報・PR
  2. PR活動のマネジメント
  3. マーケティングの基礎理論
  4. ブランドの基礎理論
  5. CSR(企業の社会的責任)
  6. IR
  7. グローバル広報
  8. 危機管理広報
  9. 行政・団体等の広報・PR

試験は年に2回程度行われているので、受験したい試験のスケジュールに合わせて学習を進めていきましょう。

  • 受験料:1次試験...11,000円 2次試験...17,600円 3次試験...13,200円
  • 試験実施期間:2023年2月11日~2月26日(年2回実施)

画像出典・参考:PRプランナー資格認定制度/検定試験

プロモーショナル・マーケター認証資格

プロモーショナルマーケター.png

●マーケティング活動全体を俯瞰(ふかん)できる「プロモーショナル・マーケター」の認証資格

マーケティング活動全体を俯瞰する視点を持った「プロモーショナル・マーケター」を目指したい場合に役立つ資格です。プロモーショナル・マーケティングの計画や実行などに必要な専門的知識を習得できます。

PRをはじめとする汎用性の高い知識が身に着くため、様々なシーンで活躍できるマーケターになりたい方におすすめです。

  • 受験料:33,000円
  • 試験実施期間:年1回実施

画像出典・参考:プロモーショナル・マーケター認証資格

PRの基本について知りたい方はこちらの記事も確認してみてください。

「攻めるPR」を身に着ける。BtoBマーケターも知っておきたい戦略PRの基本

「攻めるPR」を身に着ける。BtoBマーケターも知っておきたい戦略PRの基本

広報・PR業務といえばパッと思いつく仕事のイメージとしては「メディア対応」や「プレスリリースの作成」など、どちらかといえばパッシブな印象がまだまだ根強いのではないでしょうか。しかしそれは「PR後進国」ともいわれる日本企業においての話。大統領選などでもPRパーソンが大いに活躍する米国などでは戦略的に世論形成を仕掛けていく「攻めるPR=戦略PR」が主流です。

集中すれば1ヶ月程度で合格できる検定もあります。今の自分のレベルとこれから到達したいレベルを考え、資格や検定の合格を目指して目標を立ててみましょう。

組織としてWebマーケ人材の育成に取り組むなら

ferretは、Webマーケティングを体系的かつ、実践的に学べるeラーニングサービス「ferret Learning(フェレットラーニング)」を提供しています。

組織のDX化やデジタルマーケティング、Webマーケティングに力を入れたいが

  • 教えられる人がいない・育成できるメンバーが忙しい
  • 社内に体系化されたカリキュラムがない
  • 社内で研修やOJTでの育成にかけられる時間がとれない

といったお悩みをお持ちの企業におすすめです。

基礎から実践までを網羅した約300の動画授業で学習しながら、理解度チェックテストで知識を定着させ、無理なくスキルアップできます。
カリキュラムは、組織の課題に合わせてカスタマイズ可能。管理者は各メンバーの学習進捗や理解度も確認できます。

約300の動画授業.png

ferret Learningとは.png

マーケター向けの学習コンテンツ

学び直しに最適。ビジネスからプログラミングまで「無料のオンライン学習サービス」

学び直しに最適。ビジネスからプログラミングまで「無料のオンライン学習サービス」

少子高齢化や労働人口の減少といった課題の中で、2020年3月には「改正高年齢者雇用安定法」が成立し、企業は“70歳までの就業機会確保を努力義務”とすることが求められるようになり、これからの人生100年時代に向けて、私たちは自らのキャリアをいま働いている企業や組織に依存するのではなく、自身でキャリア形成をする必要性が求められています。昨今、社会人の学び直し(リカレント教育)が注目されており、その流れのなかでオンライン学習サービスが広まっています。記事では、特にマーケターや社会人として視野を広げたい方向けの、「無料で学べるオンライン学習サービス」を紹介します。

マーケティングが学べる研修用ボードゲーム「Marketing Town」をferret編集部でやってみた

マーケティングが学べる研修用ボードゲーム「Marketing Town」をferret編集部でやってみた

ボードゲームといえば、「友人や家族などで楽しむもの」というイメージがありますが、企業研修やインターンなど、学習用に利用されるものもあります。 今回は株式会社NEXERA(ネクセラ)が提供している、マーケティングの基礎を体感できる学習用次世代ボードゲーム「Marketing Town」を、実際にferret編集部で体験した様子をゲーム開発者のインタビューも交えてお伝えします。