アクセス解析にGoogle標準のユニバーサル アナリティクス プロパティ(UA)を利用し、慣れ親しんでいるマーケターの中には、Googleがいう次世代の測定ソリューションGA4Googleアナリティクス4)の導入になかなか踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

しかし、先日Googleから「2023 年 7 月 1 日をもって、標準のユニバーサル アナリティクス プロパティにおける新しいヒットの処理は停止されます」と発表されたことによって、本格的にGA4の導入について考え始める必要性が出てきました。

ここでは、GA4とUAの違いやGA4導入のメリット、UAとの併用がおすすめの理由などについて説明します。

目次

  1. GA4とは
  2. GA4 とUAの主な違い
  3. GA4導入のメリット
  4. GA4導入の注意点
  5. UAとの併用がおすすめの理由
  6. 早めにGA4に慣れてマーケティングに役立てよう

GA4とは

001.png

出典:[GA4] アナリティクスの使用方法

GA4とは、2020年10月にリリースされた最新版のGoogle アナリティクスです。すでに公式サイトでも使用方法などのガイドが展開されています。

GA4の特徴としては、UAがWebサイトのアクセスデータしか収集できなかったことに対して、Webとアプリのデータを統合して計測できるようになったことです。Webサイトアプリの両方を運用しているマーケターにとっては、嬉しい機能でしょう。

もう一つ、AIを活用した分析・予測機能が備わっていることも特徴的です。過去のデータを分析することでユーザーの行動(購入に至る確率や離脱する確率)が予測できます。

蓄積されるデータが多くなればなるほど精度も上がるため、予測された行動を元に広告のアプローチ方法を検討するなど、効率的なマーケティング活動が可能になります。

GA4とUAの主な違い

ここではGAとUAの主な違いについて解説します。

データの計測方法

GA4とUAの最も大きな違いはデータの計測方法です。UAでは、セッションを中心とした「ページ単位」の計測方法が用いられてきましたが、GA4では「ページ単位ではなくイベント単位の計測方法に変わりました。

ページ単位ではそのページを数秒見ただけでも何分もかけてじっくり見た場合でも、ページビューは1になります。またアプリではスクロールしてみていくことが多いためページ遷移がほとんど発生することはなく、ページ単位という概念では、アプリを計測することは難しいといえます。

「イベント」単位の計測では、ユーザーコンテンツに対する行動、例えばダウンロードや動画再生などをそれぞれ1イベントとして計測します。

計測単位をイベントにすることで、アプリの計測はもちろん、Webサイトの動的に実装されているログインや検索なども計測できるようになりました。

取得できるデータ

UAではページビュー数はデフォルトで計測されていましたが、GA4ではそれに加えてデータ収集を設定すると自動的に収集される「自動収集イベント」、自分で実装しなくてはいけないが事前に定義された名前とパラメータを持つ「推奨イベント」、自分で名前を指定して実装する「カスタムイベント」が収集できます。

自動収集イベントには次のようなものがあります。

● 初回訪問

Webサイトに初めてアクセス、またアプリでは初めて起動したとき記録される

● ページビュー数

ページが読み込まれる、または閲覧履歴のステータスが変更されるたび記録される

● クリック数

現在のドメインから移動するリンクをクリックするたび記録される

● スクロール

ページの90%の深さまで初めてスクロールしたとき記録される

● ファイルダウンロード

ファイル拡張子がついたファイルに移動するリンクをクリックしたとき記録される

● 動画再生(動画エンゲージメント)

動画が終了したとき、動画が再生時間の 10%、25%、50%、75% 以降まで進んだとき、動画の再生が開始されたとき記録される

● サイト内検索

ユーザーがサイト内検索を行うたび記録される

レポート様式

UAとGA4の違いとして、GA4ではレポートが「レポート」と「データ探索」に分かれたことも挙げられます。「レポート」はUAで用意されているレポートと同じように、決まった項目が表示されるため、全体の傾向をつかむのには適しています。

しかし、項目はUAと異なる部分もあり、UAの時にはなかった「エンゲージメント(エンゲージのあったセッション数、平均エンゲージメント時間・ページ表示回数など)」などがあります。

● レポート

レポート画面も変更されていますので、見慣れるまでには時間がかかるかもしれません。ただユーザー数や閲覧数が多いページ、上位のイベントなどの指標を確認することができる「レポートのスナップショット」はカスタマイズ可能なので、マーケターがチェックしやすいように簡易ダッシュボードを作成することができます。

● データ探索

「データ探索」はUAのカスタムレポートに近いものです。レポートに掲載されないデータや分析手法を利用でき、データを詳細に探索できるため、データの深掘りや気付き、発見に適しています。

一方、自分で設定するものなので、分析したい内容を考え項目を選ぶ必要があり、自分で何を調べたいのかを決められなければ、利用できない機能とも言えます。また、使いこなすためにはスキルが必要になるでしょう。

GA4導入のメリット

ここではGA4を導入するメリットについて見ていきましょう。

データの計測が簡単にできる

UAでは、サイト内の行動分析をするためにはコードを書くなど手動での設定が必要でした。しかしGA4では、データを計測する際の設定が非常に簡易化されています。

例えば「サイト内検索」「動画エンゲージメント」「ファイルのダウンロード」など「自動収集イベント」はすでに用意されており、各項目に対して、ON/OFFのスイッチを切り替えるだけで計測できるようになりました。

BigQueryへエクスポート可能

BigQueryとは、Google Cloud Platformで提供されている、ビッグデータプロダクトの1つです。これまではGoogleアナリティクスの有料版「Googleアナリティクス360」で使用可能でしたが、GA4では無料で使用することが可能になりました。

BigQueryの特徴は超高速なデータ処理ができることです。GA4のデータをBigQueryにエクスポートできるようになったことで、高速かつ高度な分析が可能になります。

GA4導入の注意点

GA4を導入する際の注意点についても押さえておきましょう。

まだ完成版ではない

GA4はリリースされていますが、完成版というわけではなく未実装の機能もあります。そのため、現時点のGA4の使い方に慣れることは大切ですが、機能が追加されれば現時点での知識や経験だけでは運用が難しくなってくる可能性があることを理解しておくことが重要です。

新しい機能が追加されて、よりユーザー行動の把握ができるようになったとき、GA4を使いこなせずマーケティングに役立てられないという事態に陥らないように注意しましょう。

GA4 に関する情報が不足している

GA4は完成版ではなく、2020年10月にリリースされた後も機能の追加などが行われています。そのため、GA4の情報を収集しようとしても、紹介している記事では〇年〇月時点での情報という書き方をされていることが多く、現時点のGA4の状況がはっきりつかめないという問題があります。

Googleアナリティクスのヘルプページは、GA4がある程度分かっており困りごとが明確な人は活用できますが、GA4自体がよくわかっていないマーケターは活用しいにくい部分もあるでしょう。

このようにGA4に関する情報はまだまだ不足しているということを前提に情報収集していくことが必要です。

UAからのデータ移行はできない

UAとGA4ではデータの計測方法が異なります。そのため、UAからGA4へのデータの移行・引継ぎはできません。UAが使用できなくなるまで、まだ時間があるからとのんびりしていると、GA4に変更した際にはデータが何もなく、分析ができないという事態を招きます。

GA4を利用するためにはGA4でデータを収集・蓄積する必要があることをしっかりと頭に入れておきましょう。

UAとの併用がおすすめの理由

GA4の利用を開始する場合、まずはUAとの併用をおすすめします。ここでは、その理由について解説します。

GA4へのデータの蓄積

先述したようにUAからGA4へのデータの移行・引継ぎはできません。そのため、GA4を利用するためにはGA4にデータを蓄積しておく必要があります。

マーケターはデータ分析の際、前年同月比での数値比較を行うことも多いでしょう。UAが使えなくなるのが2023年7月1日のため、GA4で前年同月比での数値比較を行うためには、遅くとも2022年7月からGA4にデータを蓄積する必要があることがわかります。

GA4の利用を始めてもUAと併用するようにすれば、まだUAで分析ができます。データの蓄積のためにGA4の設定は早く行っておきましょう。

学習コスト

レポート様式の項でも触れましたが、UAとGA4ではレポート様式が大きく変更されています。そのため、UAの知識・経験が豊富なマーケターであってもGA4を使いこなすまでには、一定量の学習が必要になります。

また、GA4が未完成なこともあり、情報が不足していることから使い方についてわからないことがあっても、なかなか答えにたどり着けない、または得られない可能性があります。

マーケターは、いきなりGA4を使いこなすことは難しいことを理解し、GA4を早く設定して、UAをメインに分析を行いながら、GA4の学習をし徐々に慣れていく必要があるでしょう。

GA4の設定方法はGoogleアナリティクスヘルプで確認できます。
https://support.google.com/analytics/answer/9306384?hl=ja&ref_topic=9303319

早めにGA4に慣れて、マーケティングに役立てよう

GA4はアプリWebサイトを横断した分析ができるなど、UAではできなかった多くの分析が可能になります。GA4を使いこなすことによって、マーケティング活動に活かせることも多くなるでしょう。

GA4に早く慣れて、これまでにはない新しいマーケティング施策を考えてみてはいかがでしょうか。