動画広告をYouTube(ユーチューブ)に出稿する流れ

実際に動画広告をYouTubeに出稿する流れを紹介します。

Google広告(旧Googleアドワーズ)で新しいキャンペーンを作成する

まずはGoogle広告青い枠組みのプラスボタンをクリックし、新しいキャンペーンを作成しましょう。

グーグル広告のキャプチャ

キャンペーンタイプを選択

次にキャンペーンタイプを選択します。YouTubeに動画広告を配信する場合は「ブランドと認知度のリーチ」から「動画」をクリックしましょう

グーグル広告のキャプチャ

広告配信の具体的な情報を入力する

次に、広告配信に関する具体的な情報を入力しましょう。入力する内容は以下の通りです。

・入札単価
・リーチする国と地域
・広告のスケジュール
・配信期間
・配信場所

これらの具体的な情報を入力しましょう。

グーグル広告のキャプチャ

YouTube(ユーチューブ)にアップロードされた動画で【動画広告の作成】を開始

YouTubeにアップロード済みの動画のURLを指定の場所に貼り付けましょう。その後、広告経由でどのページに誘導したいのかを設定します。

グーグル広告のキャプチャ

最後に「保存して次へ」をクリックすれば、YouTubeを活用した動画広告の配信設定は完了です。あとは、広告が適切なものか審査が入り、クリアすれば動画広告が配信されます。

動画広告を配信して自社のサービスや製品の認知度をアップさせよう

サービスのローンチや新商品の発表には、動画広告がオススメです。バナー広告などに比べると作成の難易度が上がりますが、ユーザーの目にとまりやすい効果的な動画広告をつくることによって、商品やサービスの購買、契約につながります。

どの種類の動画広告が自社に適しているかを検討し、YouTubeに動画広告を出稿してみましょう。

YouTube(ユーチューブ)広告の基礎知識

YouTube(ユーチューブ)の動画広告の料金と成果を上げるポイント!最初の5秒で心を掴め

YouTube(ユーチューブ)の動画広告の料金と成果を上げるポイント!最初の5秒で心を掴め

YouTubeの動画広告はまだまだ参入が少ないものの、すでにプロモーション効果のある動画を配信している企業は大きな利益を得ています。また、YouTube動画を活用した広告を配信を検討する企業も増えていますが、まだまだわからないことだらけでしょう。そこで、YouTubeの動画広告を配信する仕組みや料金、広告にかかる費用目安をご紹介します。記事の最後には、成果を上げるために押さえておく3つのポイントをご紹介します。「YouTubeを活用して自社商品やサービスをたくさんの人に認知してもらいたい」と考えている企業やウェブ担当者は、参考にしてください。

YouTube広告のターゲティング配信の基本を解説。広告効果を最大化するテクニック

YouTube広告のターゲティング配信の基本を解説。広告効果を最大化するテクニック

YouTubeは全世界で最も親しまれている動画共有サービスです。視聴はもちろん、最近ではYouTuberといった仕事もあるくらいの盛り上がりを見せています。 最近では企業の広告をYouTubeに配信するケースも増えており、広告媒体としての側面も強くなってきています。 YouTubeの広告では、特にそのターゲティングが重要になってきます。 ターゲティング次第で大きく広告の認知度をあげたり、反対になかなか思うような結果が出なかったりといったことも考えられます。 そこで今回は、YouTube広告のターゲティングについて詳しく解説していきます。