企業がオンライン上で定期的に情報発信することは、デジタルマーケティングにおいてとても重要です。このような流れを受け、自社でもこれからコンテンツを発信できるWebサイトを構築したいと考えている企業も多いのではないでしょうか。

そんなシーンで役立つのが「CMSコンテンツ・マネジメント・システム)ツール」です。
そこで今回の記事では、「Wordpress」「Hubspot」「ferret One」という3つのCMSツールを徹底比較してご紹介します。

CMSツール」の選定に悩んでいる企業担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

思想・目的の違い

Wordpress

ス クリーンショット 2020-09-10 10.28.07.png
[出典]WordPress.com: 無料のサイトやブログを作成
https://ja.wordpress.com/

「Wordpress」とは、オープンソース、つまり無償で提供されているCMSツールです。
事業規模、サイト規模に応じて複数の有償プランも提供されていますが、まずはWordpressをインストールすれば、無料でサイトやブログを立ち上げられる点が大きなメリットです。

また、ただサイトやブログを立ち上げるだけでなく、後から機能を追加できる「プラグイン」が多数用意されています。これらは簡単にインストールできるアドオンで、その数は実に数千個。サイトの拡大に合わせて、お問い合わせフォームの作成、サブスクリプションの作成、サイトの自動バックアップなど、さまざまな操作を追加できるようになっています。

このように、サイトやブログを立ち上げ、その後の機能追加やメンテナンスまで一貫して自分で行う、という運用方法になります。

[参考]WordPress|ferret
https://ferret-plus.com/words/920
WordPress.com: 無料のサイトやブログを作成
https://ja.wordpress.com/

HubSpot

スクリーンショット 2020-09-10 10.29.36.png
[出典]HubSpot | インバウンドマーケティング&セールスソフトウェア
https://www.hubspot.jp/

「HubSpot」は海外のCMSツールで、操作画面の英語表記に抵抗がない人に向いています。Webサイトブログ構築機能だけでなく、どちらかといえばマーケティングオートメーションツール、CRMツールを土台とした製品です。

この製品を開発したHubSpot社は、「インバウンドマーケティング」という考え方を提唱しています。

検索ユーザーのニーズに合ったコンテンツWebサイトやSNSを通じて提供。「リードジェネレーション」によってコンテンツを見つけてもらいます。そして、閲覧するコンテンツに対する興味関心度をマーケティングオートメーションを活用しながら分析し、見込み客に対して「適切なタイミング」で「適切な情報」を提供し続けることで顧客へと育成していく(=リードナーチャリング)マーケティングコンセプトを掲げています。

つまり、Webサイトブログ訪問者を魅了し、見込み顧客に転換後、顧客化する流れをアシストしてくれるというものです。

よって「HubSpot」は、インバウンドマーケティングインバウンドセールスを得意とした「ブログ構築+マーケティングソフトウェア」とも言えます。

[参考]
電通西日本が電通グループ初の「HubSpot」の正規認定パートナー企業に。地域のBtoB企業の営業活動支援の強化|ferret
https://ferret-plus.com/5818
01BoosterがHubSpot社の日系初のスタートアップパートナーに|ferret
https://ferret-plus.com/6847
HubSpot社認定パートナーとしてインバウンドマーケティング事業を開始|ferret
https://ferret-plus.com/7501

ferret One

スクリーンショット 2020-09-10 10.31.10.png

[出典]BtoBマーケティングに必要な機能がこれ1つで!ferret One(フェレットワン)
https://ferret-one.com/

株式会社ベーシックが提供する「ferret One」は、HTMLCSSといったマークアップ言語の知識を持っていない初心者でも直感的に操作・編集ができるCMSツールです。

通常、新規にWebページを作成するためには毎回外部へ発注したり、プラグインの更新をシステム担当者に依頼したりと、Webマーケティング施策を実行していくうえで時間をかけなければならないケースが多くあります。

しかし、「ferret One」は直感的な操作で誰でもページ制作やサイト更新が可能。マーケティング施策の実行スピードが格段にアップします。

BtoBマーケティングに必要な機能も一通り備わっているため、自社のサービスサイトやLPを活用して、リード獲得を強化したい企業に向いています。

また、施策ごとにツールを適切に使用できるよう、開発元である株式会社ベーシックの蓄積してきたノウハウに基づき、マーケティングの初期戦略設計や、運用サポートも提供されています。

機能の違い

Wordpress

「Wordpress」は基本はシンプルなCMSツールなので、Webサイト立ち上げ、ブログ作成を行うことができます。

デザイナーなしでデザインを作成することができ、プロが手掛けた、美しいデザインの「テーマ」を導入することも可能。写真、画像ギャラリー、地図などもクリックするだけでサイトに追加でき、見栄えをよくできます。

さらに、数千個用意されたプラグインを後から導入することで、サイトの統計、SEOツール、ソーシャルメディアボタンの追加、お問合せフォームの作成、ウィジェットの埋め込みなど、必要に応じたさまざまな追加機能を自分のサイトに追加することも可能です。

[参考]
WordPress.com: 無料のサイトやブログを作成
https://ja.wordpress.com/

HubSpot

「HubSpot」はCRMツールを土台にしており、「訪問者の分析」や「リード管理」の機能に強みがあります。

各コンタクトの情報にアクセスしてコミュニケーションの履歴を確認することができるため、データに基づいて対象キャンペーンを作成し、成約率向上に繋げることも可能です。

また、CMSツールでもあるためブログ作成機能も備えており、一貫した形式での記事作成や、SEO対策にも取り組みやすくなっています。

メール配信機能では、リード育成に効果的なメールテンプレートを作成可能。送信相手に合わせて件名や内容を自動的にパーソナライズしたり、A/Bテスト開封率やクリックスルー率を改善したりできます。

[参考]HubSpot | インバウンドマーケティング&セールスソフトウェア
https://www.hubspot.jp/

ferret One

「ferret One」は、直感的な操作感のCMSに加え、BtoBマーケティングに必要な機能を備えている点が特徴です。

BtoBマーケティングにおいて、買い手は営業担当の接触前にWeb上の情報からサービスの検討を進めるケースが少なくありません。そのため、自社のサービスサイトやランディングページコンテンツは、いわば「営業担当の代わり」とも言える役割を担います。

「ferret One」では、制作したサイトへの導入事例の追加や、デモ画面・ホワイトペーパーの設置、セミナー情報の更新、LP作成・改善など、リード獲得のために必要なコンテンツ更新を、社内でスピーディに行うことができます。外注のコストをかけることなく、各種ページの更新からフォームでのリード獲得まで実施できるため、常にサイト内の情報を最適化することが可能です。

アクセス解析機能や、ユーザーの行動分析機能もあり、ferret One1つで施策のPDCAが素早く回せるようになっています。

[参考]
BtoBマーケティングに必要な機能がこれ1つで!ferret One(フェレットワン)
https://ferret-one.com/

サポートの違い

Wordpress

「Wordpress」の操作に困った際には、日本語に対応した「開発者向けブログ」が用意されています。ここに、コンテンツを公開するための初級者向けチェックリストや、よくある質問などナレッジがまとめられていますので、困った際は、まずはここを参照しましょう。

また、「Wordpress」利用者どうしのフォーラム(コミュニティ)もあり、困りごとを投稿すれば他の利用者から回答・アドバイスを受けることも可能です。

上記を利用しても困りごとが解消しない場合には、Wordpressに強いホームページ制作会社に依頼して、制作・運営のサポートを受けるという手もあります。

[参考]
WordPress.com: 無料のサイトやブログを作成
https://ja.wordpress.com/

HubSpot

「HubSpot」の利用について困りごとがある際には、利用プランに応じてコミュニティ、メール、チャット、あるいは電話で日本語のテクニカルサポートを受けることができます。

無料プランを利用しているユーザーは、コミュニティを活用することになります。このコミュニティには過去にHubSpotユーザーから寄せられたQ&Aが蓄積しているため、よくある質問であればコミュニティが解決の一助となるでしょう。

[参考]HubSpot | インバウンドマーケティング&セールスソフトウェア
https://www.hubspot.jp/

ferret One

「ferret One」は国内の会社が提供しているCMSツールですから、導入後の日本語によるサポートが充実しています。

基本的な操作方法についてはヘルプページも用意されていますが、細かな疑問については、管理画面から問い合わせをして、テクニカルサポートを受けることができます。事前に予約すれば、Web会議形式でマンツーマンレクチャーも受けられ、操作画面を共有しながら、リアルタイムで質問することもでき、個別の疑問が解消されます。

また、ツール・画面操作に関するサポートだけではありません。BtoBマーケティングにおいては闇雲にサイトを更新すればいいというわけはなく、ユーザーの動きに合わせたマーケティング設計が重要であるため、初期の戦略からサポートを受けられます。自社サービスに関する課題を整理し、自社に最適なWebマーケティング戦略を共に考えてもらうことができます。

施策実行サポートもあり、目的に合わせ、いつまでに誰が何をするか?を提示し、目標に向けて伴走を受けられます。
サイト公開・運用開始に向けたTODOを明確に整理してくれる、進捗サポートも用意されています。

オンラインセミナー」や「ferret Oneユーザー会」など各種無料セミナーも充実。Webマーケティング施策の実行フェーズで出てくる課題に具体的に回答を得られるほか、他企業の施策事例からヒントを得ることもできます。

[参考]
BtoBマーケティングに必要な機能がこれ1つで!ferret One(フェレットワン)
https://ferret-one.com/

こんな方におすすめ

Wordpress

「Wordpress」は、基本は無料で利用できますから、まずは無料で簡単にブログを始めたい人におすすめのツールです。
また、導入後はプラグインを自力でメンテナンスすることが基本なので、一定のプログラムスキルを持っていることも必要になります。

HubSpot

「HubSpot」はMAツール・CRMツールを土台としている点に強みがあり、無償プランも用意されています。
よって「インバウンドマーケティング」をまずは無料で手軽に始めたい、と考えている人におすすめのツールです。
また、海外ツールなので、英語に抵抗がないかどうか?という点にも留意が必要です。

ferret One

「ferret One」はBtoBマーケティングにおけるリード獲得に特化したCMSツールですから、
BtoB向け事業を行っている会社、オンラインでリード獲得を増やしたいと考えている会社におすすめのツールです。
また、運用フェーズに至るまで日本語による細やかなサポート体制も充実していることから、「BtoBマーケティングを始めたいけれど、何から手を付けて良いのか、先のビジョンをどのように描いたらよいか全く分からない」と悩んでいる企業にもおすすめできるツールだと言えます。

「CMSツール」導入前に自社の強み・弱みを棚卸ししよう

ひと口に「CMSツール」と言ってもさまざまな特長を備えた複数のツールがあります。
導入後は日々の業務において、インハウスで利用するものですから、事前に自社の強み・弱みを棚卸しした上で慎重に選ぶことが肝要です。