「ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現」を支援するアライドアーキテクツ株式会社にて、SNSプロモーション支援事業のマーケティング・営業・コンサルティング部門責任者を担当している鈴木です。

今回は、様々なマーケティング課題の中で、どんなTwitterの活用手法があるのかとそのKPI設計についてお話させていただきます。

より有効にTwitterを活用するには

Twitterは、4,500万人もの月間アクティブ利用者数を誇る大規模なソーシャルメディアです。Facebookやその他のSNSがクローズドなコミュニケーションの特徴を強めている中、Twitterは幅広い層にリーチ可能なソーシャルメディアとして、昨今企業のマーケティング活動における価値が高まり、活用する企業も増加しています。

image5.png

しかしながら、Twitterにも得意領域と不得意な領域があるため、Twitterマーケティングをすれば絶対に効果がでるというわけではありません。全ての企業課題を解決できるわけではないからこそ、以下の3つの方法でTwitterの利用を検討することが重要です。

image2.png

より有効にTwitterを活用するためには、「Twitterの媒体特性と活用手法の特徴」を理解した上で、自社の課題に合わせて「Twitterの役割を設定し、Twitterマーケティング手法の設定・KPI設計をすること」が非常に重要となります。

Phase1の媒体理解については、第1回目のSNS利用実態調査から見る、いま企業がTwitterに取り組むべき理由とその取り組み方にて解説しておりますのでご覧ください。今回の記事は、Phase2の役割設定の参考として、マーケティングファネルにおけるよくある以下の5つの課題に合わせてTwitterマーケティング手法・KPI例を紹介します。

image4.png

①自社の商品・サービスを知ってもらいたい

商品やサービスを知ってもらう、つまり「認知領域」では、「Twitterキャンペーン」「Twitter広告」が代表的な手法となります。

KPI

対象の投稿がTwitter上でどれだけユーザーに見られたかを示す「インプレッション」を設定するケースが多く見られます。

施策概要

Twitter広告

Twitterには様々な広告手法が存在しますが、「認知領域」として活用する広告形式として代表的なものとして以下があります。

■圧倒的なリーチとインパクトの獲得
ファーストビューファーストビューオンリー
1日1社24時間限定で、Twitter利用者がその日のタイムラインの最初に目にする動画広告。圧倒的なリーチとインパクトを獲得できるため、その日の早い時間帯に獲得し、当日の行動を促すことも可能

■話題性を高める
プロモトレンド
「話題を検索」ページの「おすすめ」と「トレンド」タブに掲載されるトピックの一番上、タイムライン、プロフィールページに表示され、クリックすると検索結果にツイートが表示される形式の広告。中でも、トレンドは出稿場所として大きなインパクトがあるため、大きな話題性を作りたいときに有効

■効果をみながら広告配信をコントロールする
プロモツイート in タイムライン
タイムライン上に通常のツイートと同じ形で表示される広告。運用型のため、予算上限や配信期間をコントロールしながら広告配信が可能

■ターゲット層に届ける
インストリーム動画広告(Amplifyプレロール/Amplifyスポンサーシップ)
対象のTwitterアカウントでツイートされた動画本編の前に再生される広告。スポーツ、ニュースなどの広告配信先のコンテンツカテゴリーを選択でき、これにTwitterのターゲティング機能を掛け合わせて広告配信ができるため、より効率的にリーチしたいユーザーへメッセージを届けることが可能

Twitterキャンペーン

Twitterキャンペーンにも様々な座組が存在しますが、代表的な座組としては大きく以下があります。

■よりフォロワーを増やし、ツイートを拡散させる
・フォロー&リツイート
企業公式アカウントをフォローして、対象の投稿をリツイートすることで応募完了となるキャンペーン形式。Twitterキャンペーンの中でも、ユーザーがもっとも手軽にキャンペーンに参加できる手法のため、よりフォロワーを増やしたい、ツイートを拡散させたいときに有効

   
■商品・サービスの理解を促進させる
・フォロー&ハッシュタグツイート
企業公式アカウントをフォローして、指定ハッシュタグを付けて自身でツイートすることで応募完了となるキャンペーン形式。ユーザーが指定ハッシュタグを付けて自身でツイートするため、オーガニック投稿を通じた情報拡散と同時に、商品・サービスの理解促進につなげることもできる 

特徴

Twitter広告

ファーストビューやプロモトレンドは、Twitter上の限られた広告枠を、1日単位で限定された企業のみが出稿する形式のため、高額ですが短期間で認知度を飛躍的に高める施策に向いています。

プロモツイートやインストリーム動画広告では、Twitterが持つ様々なターゲティング(例:フォロワーターゲティング・キーワードターゲティング)を通して、より狙ったユーザーに対して広告の配信が可能です。そのため認知領域においては、ターゲットユーザーが比較的に狭い、BtoB系・金融系・不動産系商材等でも広く活用されます。

  

Twitterキャンペーン

ユーザーのアクション(リツイート・ハッシュタグツイート)が起こす拡散効果によって、リファラルでTwitter上で様々なユーザーに対して情報を広げることが可能です。Twitter広告を活用して、ターゲットユーザーキャンペーン参加してもらい、ターゲットユーザー起点で広くインプレッションを取っていく形が主流となっており、ターゲット層が非常に広い食品・菓子・飲料・日用品・外食等を中心に広く活用されます。