ヒートマップの導入を考えているが、どういうメリットがあるのかよくわからない」といった、企業担当者は少なくありません。この記事では、ヒートマップを導入するメリットやヒートマップツールを選ぶポイントを解説。また、おすすめのヒートマップツールを5つ紹介します。

ヒートマップでできること

ヒートマップとは、ユーザーの行動を可視化できるツール」です。ヒートマップを導入することで、自社サイトのあるページを見ているユーザーがどこをクリックしたかなど、どのような行動を取っているのかがわかります。そのため、ユーザーの行動を分析しやすくなり、ページ品質の向上やコンテンツ制作に多大なるメリットをもたらします。

ヒートマップは、主に4つの機能にわかれています。

スクロールヒートマップ

どこまでスクロールされたかを測定

マウスムーブヒートマップ

マウスの動きを測定

アテンションヒートマップ

よく読まれている箇所を測定

クリックヒートマップ

クリックされている箇所を測定

ツールごとに異なるこれら機能を使い、自社サイトの分析を行なっていきます。ヒートマップのメリットは、主に以下のとおりです。

  • ユーザーの熟読エリアがわかる
  • ユーザーの終了エリアがわかる
  • ユーザーのクリックした場所がわかる
  • マルチデバイスに対応している

ユーザーの行動は、「色」でわかるようになっています。赤が濃いほどよく読まれているエリアで、青に近ければあまり読まれていないエリアです。では、ヒートマップを導入するメリットを具体的に見ていきましょう。

ヒートマップのメリット

ここでは、4つのメリットに絞って詳しく解説していきます。

ユーザーの熟読エリアがわかる

ヒートマップツールを導入することで、Webページ内でユーザーが読んだ箇所を色で教えてくれます。よく読まれている場所なら濃い赤、あまり読まれていない場所なら青に近い色、といった具合に表示されます。

ユーザーの熟読エリアがわかることで、以下の分析ができます。

  • ユーザーの興味を引く部分はどこか
  • 自社が推したいコンテンツを見てもらえているか
  • ユーザーが興味のないコンテンツページ内上部に配置していないか

もし、自社の推したいコンテンツがあまり読まれていなかったら、構成の順序変更を行い、ユーザーの滞在時間を伸ばす対策をとらなければなりません。逆に、自社の推したいコンテンツがよく読まれているなら、ヒートマップツールの機能を使って年齢や地域を変え、各ユーザーのより細かい傾向を把握していきましょう。

意図していない場所が読まれていた場合は、そのコンテンツを充実させることで思ってもいなかった顧客が生まれるかもしれません。または、ユーザーが本当に知りたい情報は、自社で考えていた情報ではなかったという可能性もあります。思いがけないユーザーニーズを生み出すことができるのは、ヒートマップのメリットでしょう。

ユーザーの終了エリアがわかる

ユーザーページのどこまでスクロールしたかを「%」で分析できます。ポイントは50%のラインです。ユーザーの興味を引けているうちに、自社が推したいコンテンツをどの程度ユーザーに見せることができるかが大切です。

ユーザーの終了エリアがわかることで、以下の分析ができます。

  • どの程度のユーザーページのどこまで見ているか
  • ユーザーの興味のないコンテンツに時間をかけていないか
  • 優先度の高いコンテンツを配置する場所は適切か

通常、Webページは下に行けば行くほど見られなくなっていく傾向にあります。ページ上部が濃い赤で、下に行けば行くほど青くなる、ということです。そのため、「赤」があるうちに自社が推したいコンテンツを配置する必要があります。

もし、自社が推したいコンテンツの前にユーザーが大量に離脱してしまっていたら、改善策を考えなければなりません。ユーザーが大量離脱を行う主な理由は、以下の2点です。

  • ユーザーのほしい情報がない
  • ページ内の画像が不適切

こういった場合、画像の変更やコンテンツの追加を行いましょう。

また、ユーザーをコンバージョンさせたいポイントまでどのくらいのユーザーが滞在していたのかを知ることも大切です。コンバージョンポイントまで滞在しているユーザーが少なかった場合は、構成を見直し、コンバージョンポイントを上に持っていくことでCVRが増える可能性もあります。

ユーザーのクリックした場所がわかる

ユーザーのクリックした場所を知ることによって、よりユーザーが求めている情報を作成できます。また、ボタンの位置や形、色を修正するヒントにもなるため、CVR上昇につながるでしょう。

ユーザーのクリックした場所がわかることで、以下の分析ができます。

  • ユーザーのクリックアクションの傾向
  • クリックしてもらいたい場所でどれくらいクリックしてもらえているか
  • 同一の複数リンクページ内のどの場所からクリックされているか

中には、リンク先のない場所がクリックされていることがあります。その際のユーザー心理として、リンク先に飛びたい=より詳しい情報を知りたい」ということがわかります。

空クリックされていることがわかったら、新しくリンク先を作り、コンテンツを充実させましょう。ユーザーの離脱を阻止するとともに、機会損失を防げます。

マルチデバイスに対応している

多くのヒートマップツールでは、PCだけではなく、スマートフォンやタブレットなどマルチデバイスでの分析・セグメント(分類)が可能です。「機能の一部しか使えない」ということはなく、ほとんどすべてPCと同じように使用できます。

PCやタブレット、スマートフォンは、画面のサイズが異なることから、同じWebサイトを見ていても同じようなページ表示がされません。そのため、PCとタブレット、スマートフォンでユーザーの行動も変わる可能性があります。各デバイスの傾向を分析することで、よりユーザーの求めるコンテンツを作成できるようになるでしょう。