「旅するマーケター」西井敏恭が、マーケティング分野で注目の人物にインタビューをする連載企画。

第5回は、野菜宅配サービスを運営するOisixでEC事業本部PR室およびユーザー・エクスペリエンス(UX)室の室長を務める白石夏輝氏(写真左)と、Oisix Hong Kong Co., Ltd.取締役を務める鵜飼晃弘氏(写真中央)にお話を伺いました。

実質4年目の二人が広告と海外事業のトップに

西井:二人は同期ですよね。

白石:僕と鵜飼は同期で、新卒3年目になります。学生時代に二人ともインターンをしていて、そのまま入社しました。

西井:実質4年目ということですね。白石さんの業務を教えてください。

02.jpg

白石:僕は、インターンの時から新規獲得のチームにずっといます。なので、これまでのキャリアは、プロモーションを中心にやってきました。

リスティングやFacebook広告をまわしてみたり、あるプロモーションの立ち上げをやってきました。Oisixを定期的に使ってくださるお客様を増やす活動をWeb広告と、リアル広告の両軸で行ってきました。

西井:今のポジション的にはOisixの広告のトップということですよね。鵜飼さんは?

03.jpg

鵜飼:白石より約1ヶ月遅れてインターンとして入社しました。その時から海外事業部です。

正直、Oisixに入った時には、まだ海外に一度も行ったことがなくて、パスポートも持っていませんでした(笑)。

西井:そうなんですか?(笑)

鵜飼:岐阜出身なんですが、大学入学のために東京へ出てきただけでも大きなことなのに、なぜ僕が海外事業部なのかという(笑)。

そんな感じで焦っていたら、いきなりマーケティングをやれという話になって。

もともとは違う会社でインターンをしていたのですが、そこに就職するのはやりたいことと少し違うなと思い、その会社の部長さんに相談したら、Oisixがいいんじゃないかと薦められたんです。

西井:その部長さんは、Oisixのことを知っていたんですね。なぜOisixを薦めたのでしょうか。

鵜飼:ベンチャー企業で社会貢献性が高くて、面白いことをやっている会社はどういうところがありますか?と尋ねたら、教えてくれました。Oisixが今流行っているらしいよって。僕は当時、Oisixを知りませんでした。

西井:それでOisixに入社したと。岐阜から東京に来て、次が海外へ。

鵜飼:はじめて海外事業部で働き出した時は、左遷かと思いましたね(笑)。入った当時は、売り上げも利益も出ていない部署でしたから。

4年前で売上数百万円程度しかないくらいでした。会社としても、海外事業部を継続するかどうかという議論がずっとあった中でジョインしました。

最初は、とりあえず売り上げを出せということでやっていたのですが、全然上手くいきませんでした。

白石と同様、広告の運用をやったり、売り場を作ったりというのをずっとやっていたら、ある程度売り上げがついてきて。

次に利益を生み出そうということで、構造改革を行いました。

物流面や商品展開を改善する中で、黒字ができるようになった段階で、「オイシックスクラブ」という定期サービスを海外で展開しようということになり、定期宅配サービスを香港で立ち上げました。

これがある程度ベースができてきたということで、今度は海外法人を現地に作ろうという話になって、僕が現地法人の会社の運営を担当しながら、中国などの新しい市場を開拓しています。

西井:鵜飼さんは、広告の経験はあったのですか?

鵜飼:Oisixの前にいた会社でもやってはいました。ただ、広告運用というより、既存ユーザーリテンションですが。

西井:それで、海外向けの事業をいきなり任されて。

04.jpg

鵜飼:誰もやる人がいなかったということもありました。まずはリスティングとはなんぞやというところからやっていましたね(笑)。

それこそ、ferretさんで勉強させてもらっていた感じでした。

西井:リスティングなども全部自分でやられていたと。日本で海外向けの施策をやっていた感じですか?

鵜飼:管理画面はもともとあったんですが、一度設定したまま放置されていたものを、整備して作り直して。

西井:その時、中国語はどうしていたんですか?

鵜飼:一応、翻訳してくれる人がいました。

西井:それ二重で大変そう(笑)。

入札の仕方が悪いのかコピーが悪いのか、判断が難しいですね。

鵜飼:クオリティチェックが難しかったですね。

西井:黒字化したのはいつのことですか?

鵜飼:2年前です。

西井:黒字化とともに現地法人化して、今はそこの役員になったと。白石さんは広告部長、鵜飼さんは現地法人の経営者。

入社3年目でそのポジションにさせているOisixは、すごい会社だなと思ってるんですが(笑)。

でも、Oisixが若手だから常に優遇するとか、そういう会社なのかというと全然そうでもないんですよね。ただ、実力があれば年齢は関係なくチャンスを与える、という会社ですね。

特殊な二人が同世代にいたというのが、すごい偶然だなと。今回対談したかったのは、Oisix以外の会社でもこういう人が増えていくと面白いなと思っているんです。

ぜひ面白い話を聞かせてください。