インターネット環境やモバイル端末の爆発的な普及により、マーケティングに関する仕事の幅は急速に拡大しました。実際のところ、Webマーケティングはメールマガジンやステップメール、ソーシャルメディアブログ、オプトインフォームの作成とやるべきことが多過ぎて、何から手を付けていけばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

no

オンライン・オフライン施策を統合してOne to Oneマーケティングを実現するMAツールは? >>チェック

サイト来訪者の獲得からCRM、メールマーケティング、購買分析、ランディングページ構築、アンケート機能など、One to Oneマーケティングを実現するためのあらゆる機能を取り揃えたMA(マーケティングオートメーション)ツール「MOTENASU」をチェック。

そこで登場したキーワードが、マーケティングオートメーション(以下MA)」です。

MAはもともと米国のベンチャー企業が使い始めた言葉です。2015年頃からMA開発元の日本進出に伴い、日本国内でも頻繁に耳にするようになりました。

今回は、Webマーケティングを効率化するMAの入門記事として、概要や主な特徴などを紹介します。Webマーケティングを数人あるいは1人で行っていると、なかなか結果が出ないと感じてしまうこともあるでしょう。そんな時は、MAを取り入れてみるといいかもしれません。
  

MA(マーケティングオートメーション)とは

original.jpg

MAとはメールやソーシャルメディア、ホームページなどを活用して、企業のマーケティング活動の効果をより向上することを目的としたサービスで、Marketing Automationの頭文字を取って「MA(エムエー)」と呼ぶこともあります。

様々なマーケティング施策を展開するためのツールは、すでに多数存在します。

WordPressを始めとするCMSHTMLメールを配信できるMailChimp、来訪ユーザーに関する指標分析が行えるGoogle Analyticsソーシャルメディア投稿を自動化するHootSuiteなどがそれにあたります。

MAでは、これらの分断されたツールを包括し、人力で回されていた繰り返し行われるプロセスを自動化(オートメーション化)することにより、業務効率化を行ったり1対1での対人顧客マーケティングを展開するための「総合プラットフォーム」と考えることもできます。つまり、MAには企業マーケティングで必要な機能が1つのソフトウェアで実現できるのです。

現在流通しているMAは、アプリケーションをサーバーにインストールする従来のソフトウェア型ではなく、クラウド型のSaaSのMAが大多数です。

マーケティングオートメーション(MA)とは?機能や効果、おすすめツールの料金、選び方を解説

マーケティングオートメーション(MA)とは?機能や効果、おすすめツールの料金、選び方を解説

「マーケティングオートメーション」と聞いて、どんなものかしっかり答えることはできますか?「ちゃんと答えられる!」と言う方もいるかと思いますが、この記事を読む方の6割以上が正確に答えられないのではないでしょうか。今回は、近い将来必ず来るマーケティングオートメーションが必要とされる理由と、その選び方についてご紹介します。