ターゲットを細かく設定でき、精度の高い広告配信ができるメディアとして注目が集まるFacebook広告。Facebookは次々と斬新な広告フォーマットを提供しており、自社にあった広告を選択できれば、高い効果を発揮してくれます

今回はそのFacebook広告を使いこなすために知っておきたい、Facebook広告の特徴をまとめました。

Facebook広告の特徴とは

Facebook広告広告商品としての特徴、強みを解説します。

1.ターゲティングの精度が高い

Facebook広告の特徴のひとつとして、高いターゲティングの精度が挙げられます。
所在地・年齢・性別・言語などの基本的なデモグラフィック条件に加えて、趣味・関心・行動などの属性データでも細かくターゲティングできるほか、すでにある顧客リストなどを使ったカスタムオーディエンス機能も備わっています。そのためFacebook広告では広告主の意図を反映したターゲット層にリーチしやすいと言えます。

2.デバイスを超えたターゲティングが出来る

スマートフォン・タブレット・PCなど、デバイスの多様化に伴い、複数のデバイスを使用するクロスデバイスが当たり前のことになっています。しかしながら、従来のCookieによる行動追跡では、複数デバイスにまたがった購買行動をトラッキングするのは困難です。

そこで、Facebookはクロスデバイスレポート機能を導入し、ピープルベースドマーケティング(人軸でデータをまとめマーケティングしていく考え方)に対応しています。ログイン情報を利用することで、デバイスをまたいだピープルベースのトラッキングを可能にしています。また、ほかのアプリやサービスとのログイン連携が活発なので、サービスをまたいでトラッキングできるという優位性もあります。

3.幅広い購買ファネルに対して有効

Facebookではさまざまな広告フォーマットを装備しています。フォーマットやクリエイティブを使い分けることで、認知段階のユーザーにも、刈り取り段階のユーザーにもアプローチ可能です。

たとえば認知獲得であれば、インフィードの動画広告やスライドショー広告など、視覚に訴える広告が有効です。ユーザーの目に留まりやすく、その時点でアクションにつながらなくても認知度を高めてくれます。

比較検討段階のユーザー向けであれば、判断材料となるリッチな情報を表現できる広告が効果的でしょう。リンク付き画像を複数設定できるカルーセル広告やフル画面で表示されるキャンバス広告などが有力な選択肢となります。

購買ファネルのなかでもより購買意欲が高いと考えられるユーザーに対して有効なのが、ダイナミック広告です。インフィード型のリターゲティング広告であるダイナミック広告は、短期で高い効果を上げる広告手法として人気が集まっています。

4.Instagramへ同時出稿できる

今人気上昇中のInstagramはFacebookの傘下にあるため、Facebook広告の出稿画面から、Instagramへの同時出稿が可能です。Instagramのアカウントを持っていなくても広告を出稿できるので、手間がかかりません。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Facebook広告のさまざまなフォーマット

Facebook広告の表示場所として、PCのみサイドメニューがありますが、メインはPC・スマートフォンともにニュースフィードです。上でも触れたように多様なFacebook広告の特徴をとらえて、目的に合った広告フォーマットを選んでいく必要があります。

ここでは、よく使われる広告フォーマットをいくつかご紹介します。

画像広告

001.png
Facebook広告の基本となるフォーマットです。画像広告をベースに以下の広告フォーマットが展開されています。

動画広告

002.png
動画を使って商品を店頭で見るかのように紹介したり、音や動きで見る人の注目を集めたりできます。

スライドショー広告

003.png

カルーセル広告

004.png
カルーセル形式の広告では、1つの広告で最大10枚の画像や動画を表示し、そのすべてに異なるリンク先やCTAを設定可能です。ブランドの認知度アップ・コンバージョン獲得・リンク誘導・来店促進など、幅広い目的に使えます。

キャンバス広告

005.png
キャンバス広告はモバイル専用の広告フォーマットです。フルスクリーン表示で大きな画像を見たり、スワイプでカルーセル間を移動したりとインタラクティブに操作できるので、ユーザーにリッチな広告体験を提供できます。
モバイルに最適化されているため読み込みが早く、ユーザーを待たせることなく広告に引き込めます。

コレクション広告

006.png
コレクション広告は商品の詳細を動画や写真で確認しながらスムーズに買い物ができる広告フォーマットです。動画また静止画のメインビジュアルの下に商品画像が並んだ状態でニュースフィードに配信されます。

ユーザーが画面をタップするとフルスクリーン表示に切り替わり、動画または静止画のメインビジュアルの下をスクロールすることで最大50枚の商品画像が表示可能になります。ニュースフィード内の広告からユーザーを購買行動に誘導できます。

ダイナミック広告

007.png
ダイナミック広告はそれぞれのユーザーの興味関心に合わせた広告が表示されるリターゲティング広告です。広告主のサイトに訪問した際の閲覧情報をもとに、個別のユーザーに関連性が高い広告を自動で表示してくれます。
既存顧客だけでなくターゲット層を設定すると、新規の潜在顧客にもリーチしたりできます。

画像引用:
https://gaiax-socialmedialab.jp/post-41224/
https://www.facebook.com/business/help/1263626780415224

まとめ

Facebook広告はたくさんありすぎてどれを使ったらいいかわからないという場合も、いくつかのポイントになる特徴をつかめば、使いこなすヒントになっていくでしょう。「とにかく始めたいのでマルチなタイプの広告を」といった目的や、「どの広告フォーマットがどんな効果を期待できるか」、「どんな状況に適しているか」などを調べて、用途に適した広告を選びましょう。