本記事で学ぶ内容

・キーワードの入札の仕組みが理解できる
・クリック単価を調べる方法がわかる

今回は、リスティング広告のクリック単価相場を調べる方法を解説します。

リスティング広告は、ユーザーにクリックされると料金が発生する広告です。この「1クリックあたりの料金(クリック単価)」は広告主による入札価格で決まります。

しかし、初めてリスティング広告を出稿するのであれば、キーワードを何円で入札すれば良いのか迷ってしまうでしょう。

Yahoo!プロモーション広告にもGoogle AdWordsにも、キーワードの平均クリック単価を調べられる機能が搭載されています。リスティング広告を出稿する時は、自社が入札を検討しているキーワードのクリック単価相場を調べましょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

入札価格とクリック単価の関係

「入札価格」とは、広告主がキーワードに対して設定する金額で、1クリックに対して支払う上限金額のことを差します。入札価格は広告主側で設定します。

そして、入札したキーワードに対して広告が表示され、その広告ユーザーがクリックすると料金が発生します。この時に発生する料金が「クリック単価」となります。

キーワードの入札価格について

リスティング広告では、広告主が自由にキーワードの入札額を設定できます。極端な話、キーワードを1円で入札することも可能です。

しかし、できるだけ広告予算を低くしたいからといって、キーワードの入札価格を下げ過ぎるのには注意してください。なぜなら、リスティング広告の掲載順位には入札価格が関わっており、入札価格が低すぎると広告自体が表示されなくなるためです。

とはいえ、初めてリスティング広告を出稿するときに、何円でキーワードを入札するのが適切なのかを判断に困ることもあるはずです。

そこで、活用したいのがYahoo!プロモーション広告の「キーワードアドバイスツール」やGoogle AdWordsの「キーワードプランナー」です。

Yahoo!プロモーション広告
Google AdWords

クリック単価相場の調べ方

Yahoo!プロモーション広告

lis-8_-_1.jpg
Yahoo!プロモーション広告にログインし、「スポンサードサーチ」タブをクリックします。

lis-8_-_2.jpg
「ツール」をクリックし、「キーワードアドバイスツール」をクリックします。

lis-8_-_3.jpg
調べたいキーワードもしくはフレーズと希望入札価格を入力し、マッチタイプを選択後、「キーワードを抽出」をクリックします。

lis-8_-_4.jpg

推定CPC(クリック単価相場)、1日あたりの推定コストの最小値と最大値が確認できます。

Google AdWords

lis-8_-_5.jpg

Google AdWordsにログインし、「運用ツール」をクリックします。

lis-8_-_6.jpg

「キーワードプランナー」をクリックします。

lis-8_-_7.jpg

「検索ボリュームと傾向を取得」をクリックします。

lis-8_-_8.jpg

調べたいキーワード、もしくはフレーズを入力し、「検索ボリュームを取得」をクリックします。

lis-8_-_9.jpg

推奨クリック単価が表示されます。

見積もり額は正確ではないので注意

Yahoo!プロモーション広告Google AdWordsも、表示される額はあくまで推定値です。

相場に合わせて入札価格を決めても、「実際に運用してみたら広告の掲載順位が低かった」ということもあり得ます。リスティング広告を運用しながら、適切なクリック単価を探して行きましょう。

また、初めて運用する方は、推定値からクリック単価を決めて出稿し、2日~5日程度は毎日管理画面を確認してください。設定しているクリック単価での掲載順位やクリック数を知っておけば、「いつの間にか予算がなくなっていた」というリスクを回避して運用ができます。

キーワードと平均クリック単価の関係

検索数が多いキーワードは広告主からの入札が多く、平均クリック単価は高くなります。一方、検索数が少ないキーワードは入札も少ないため、平均クリック単価は低くなります。

「キーワードを調べてみたら入札単価相場が高かった」という場合、キーワードを入札するか迷う場合もあるでしょう。

低予算でリスティング広告をはじめるときは、検索数が少なく平均クリック単価の低いキーワードを入札し、コンバージョン数を増やしていくのが理想です。しかし、1件でもコンバージョンすれば高額な利益が期待できる場合、平均クリック単価が高くても入札する価値があります。

この平均クリック単価のコントロールがリスティング広告の運用の重要事項のひとつになります。リスティング広告を運用しながら様子をみて、効果的なキーワードを探しましょう。

まとめ

リスティング広告の料金は、キーワードの入札額により決まります。入札額は広告主が自由に設定できますが、金額が低すぎると広告が表示されないこともあります。

リスティング広告を始める時は、ツールを使ってキーワードの平均クリック単価を調べましょう。

自社商材の利益率を考え、指定するキーワードと入札価格を考えてください。