本記事で学ぶ内容

・Googleアナリティクスを連携する理由がわかる
・GoogleアナリティクスとGoogle AdWordsの連携方法がわかる
・GoogleアナリティクスとYahoo!プロモーション広告の連携方法がわかる

リスティング広告で成果を上げるには、運用後の分析が必要不可欠です。Yahoo!プロモーション広告Google AdWords共に、管理画面から様々なことが分析できます。

しかし、ユーザー広告をクリックした後の行動については分析できません。そこで活用したいのが、Googleの提供しているアクセス解析ツールGoogleアナリティクス」です。

今回は、Googleアナリティクスとリスティング広告の連携方法を解説します。

Yahoo!プロモーション広告
Google AdWords

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Googleアナリティクスを連携するメリット

GoogleアナリティクスはGoogleが提供する無料のWeb解析ツールです。

Google AdWordsの管理画面からでも、広告の表示回数やクリック数など様々なことがわかります。しかし、リンク先Webページにどのくらい滞在したのか、どのページで離脱したのかはわかりません。

Google AdWordsの場合、Googleアナリティクスと連携することで、これらの情報が得られるようになります。

つまり、より多くの情報を分析でき、広告運用や予算計画が改善できようになるのです。

Googleアナリティクスの連携方法

Google AdWordsと連携する

lis-14_-_1.jpg
Googleアナリティクスにログインをして、左下の「設定」をクリックします。

lis-14_-_2.jpg
「AdWordsのリンク設定」をクリックします。

lis-14_-_3.jpg
リンク済みのAdWordsアカウントの選択」の該当アカウントにチェックを入れて、「続行」をクリックします。

lis-14_-_4.jpg
リンクグループのタイトルを入力し、「すべてのウェブサイトのデータ」をオンにして、「アカウントリンク」をクリックします。

これでGoogleアナリティクスとGoogle AdWordsの連携は完了です。

Yahoo!プロモーション広告と連携する

Yahoo!プロモーション広告の場合Googleアナリティクスと直接連携できません。そのため、何も設定しないでホームページの解析をすると、Yahoo!プロモーション広告経由でアクセスがあったのか、Yahoo!の自然検索でアクセスがあったのか判断できません。

しかし、あらかじめ設定しておけば、Yahoo!プロモーション広告経由でのアクセス数がわかります。

方法はとても簡単で、広告出稿しているホームページURLに「?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc」のパラメーターを追加するだけです。

【例】
URLhttps://ferret-plus.com/
パラメーター付URLhttps://ferret-plus.com/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

lis-14_-_5.jpg
これでGoogleアナリティクス上でYahoo!プロモーション広告から来たのか、純粋にYahoo!の検索から来たのかがわかるようになります。

Yahoo!/organic:自然検索
Yahoo!/cpc:Yahoo!プロモーション広告経由

また、Googleが提供する下記のURL生成ツールを活用することで、キーワードやキャンペーン別の流入など詳細に参照元を確認することも可能です。

lis-14_-_6.jpg

参考
URL生成ツール

まとめ

リスティング広告Googleアナリティクスを連携すると、ユーザーがWebページに訪れた後の行動も分析できるようになります。連携方法は簡単なので設定するようにしましょう。

リスティング広告を詳しく分析するため、Googleアナリティクスを活用しましょう。