ランディングページを作成する方法

ランディングページを作成する際の、コツについては理解できたと思いますが、実際に作るにはどのような作成方法があるのでしょうか。ここでは、ランディングページを作る方法について紹介していきます。

社内で作成する

ランディングページを作るには、まず社内で作成する方法があります。

最近は、ランディングページを自分で作れるサービスなどが増えているため、基本的な知識があればある程度のレベルのページは作れるでしょう。

社内で作成すると、LPOランディングページ最適化)が行いやすいメリットがあります。基本的に、期待通りの成果が出ない場合が多いので、その都度LPOが必要です。社内で作成しておけば、LPOがやりやすく、外注費用もかかりません。

ランディングページを作れるサービスとしては、下記のようなものがあるので、チェックしてくださいね。

外部に依頼する

社内で作成するリソースがない場合には、外注がおすすめです。ランディングページを作成できる会社やフリーランスの人に依頼を出しましょう。

依頼先 外注費用
フリーランス 5〜30万円
中小企業 10~50万円
大手企業 50万円以上

ランディングページの外注費用は、企業サイトを依頼するほど高くはないでしょう。

ランディングページは、自社の商品やサービスの売り上げをUPさせるために大切な、マーケティング施策のひとつです。

ランディングページを作る際に大事なコツは以下の4つ。

  • ページ全体の構成要素
  • 配色パターン
  • 中間部分にCTAボタンの設置
  • A/Bテストの実施

この4つのコツを抑えておくと、より効果的なランディングページを作れるでしょう。

ランディングページを作る時に忘れてはいけないのはユーザーの存在です。上記のコツを抑えたとしても、ユーザーのことを考えていないページになってしまうと意味がありません。

設計から運用まで、常にユーザーのことを考えて、ランディングページを作っていきましょう!

関連記事

WordPressで簡単にランディングページを作成する方法

WordPressで簡単にランディングページを作成する方法

世界的に多くのユーザーに愛用されているWordPressは、ランディングページの制作も簡単に行えます。ランディングページページを作成するには、どのようなプロセスが必要なのかご紹介します。

LPO(ランディングページ最適化)のA/Bテストで押さえておくべきポイント

LPO(ランディングページ最適化)のA/Bテストで押さえておくべきポイント

Webサイトを利用して集客を行う場合、訪問したユーザーのモチベーションを高められるかは最初に閲覧したページ(ランディングページ)に影響するところが大きいです。ユーザーが、すぐにページから離脱してしまうことなく、コンバージョンにまで結びつけるには、有益な情報を掲載したページであることをスムーズに理解してもらわなければいけません。しかし、ユーザーと言っても千差万別であり、自社がターゲットとするユーザーのモチベーションを高められるページを作り上げるのは、容易なことではなく色々な仮説を検証してみなければいけません。

LP(ランディングページ)の効果を上げる色の選び方とは?色彩心理学に基づく制作術

LP(ランディングページ)の効果を上げる色の選び方とは?色彩心理学に基づく制作術

LP(ランディングページ)の効果は十分に出ていますか? LPは購入や問い合わせに直結するページであり、Webマーケティングの肝となる存在です。継続的に売上げが上がるLPを作ることができれば、反響が増えて無駄なテレアポなどの営業をする必要がなくなり、今まで新規営業にかけていたコストをリピーター創出や新規事業立ち上げに回すことができます。消費者に行動を起こしてもらうLPを作るためには、色選びがとても大切です。今回は色彩心理学に基づいて、人々がすぐに行動を起こしたくなる色の選び方を紹介します。LPの効果を上げる色を知り、売り上げをアップさせるLPを制作しましょう。

_