Google アナリティクスは、以下の図のように、計測タグが埋まったページユーザーが表示することで、ユーザーの行動やデバイスなどの情報を計測しています。
original.png

そのため、Google アナリティクスで計測を行うためには、ホームページのすべてのページのソースコードに計測用のHTMLタグ(以下、計測タグ)を貼り付ける必要があります。

キャプチャ2.PNG
Google アナリティクスの計測タグGoogle アナリティクス管理画面より)

ここでは、具体的に計測タグを実装する手順を解説します。
計測タグが適切な箇所に貼り付けられていないと、データが正しく計測されません。必ずデータが正しく計測できているか確認しながら実装を進めましょう。

Google アナリティクスを実装する方法

Google アナリティクスを実装するには、2種類の方法があります。

  • Google アナリティクスのタグを全ページのソースコードに直接貼り付ける
  • Google タグマネージャ(GTM)のタグを全ページのソースコードに直接貼り付け、GTM上でGoogle アナリティクスのタグを実装する

これから実装を行う場合には、GTMを使う方法をおすすめします。

先述のとおり、通常Google アナリティクスをホームページに実装するためには、計測対象のすべてのページのソースコードに計測用のHTMLタグを実装する必要があります。

しかし、GTMを使うことで、Google アナリティクスのタグを実装したり内容を変更する場合に、毎回全てのページのソースコードを変更する必要がなくなります。

代わりに、GTMの画面上で設定を変更するだけで、すべてのページに変更内容が反映されます。

この記事では、GTMを用いてGoolgle アナリティクスを実装するために必要な手順を、GTMのアカウント作成から解説します。

Google タグマネージャとは

Google タグマネージャとは、Googleが無料で提供しているホームページ用のタグ管理ツールです。略称として「GTM」と表記されるのが一般的です。

Google アナリティクスだけでなく、Google AdWordsやDouble ClickなどのGoogleの他ツールはもちろん、Googleが連携している他企業のタグ、カスタムHTMLを使用することで連携していない企業のタグも実装・管理することができます。

GTMのアカウント開設と実装

GTMを利用するにはGoogleアカウントが必要です。もし持っていない場合は取得しておきましょう。

GTMの公式サイトにアクセスし、「Sign in to Tag Manager」をクリックします。

gtm01a.jpg
GTMの公式サイト

キャプチャ1.PNG
必要事項を埋めて「作成」をクリックします。通常のホームページの場合は「ウェブ」を選択します。「iOS」「Android」はアプリ用なので、スマホサイト用だと勘違いして選択しないように注意してください。

表示される規約に同意すると次画面に進みます。

キャプチャ2.PNG

表示された2種類のタグを、すべてのページのソースコードに埋め込みます。
上段のコードは内のなるべく上、下段のコードはの直後に埋め込みます。

タグをソースコード上に埋め終わったら、GTMが使えるようになります。

GTMの基本構造を理解する

GTMには「変数」「タグ」「トリガー」という3つの要素が存在し、これらの組み合わせでタグを管理します。

タグ

タグは文字通り、ページ上で実行されるHTMLなどのコードです。

5.JPG
GTMは、Google アナリティクスなどのタグの他、「カスタムHTML」という形式を指定することでGTMと連携していないツールのタグページ上に埋め込めるのが特徴です。

トリガー

トリガーは「発生条件」のことで、タグを読み込むタイミングを指定します。

6.JPG

変数

変数とは、GTM上で扱う動的な値のことです。

例えば、クリックしたボタンの文字を取得したい場合は「クリックしたボタンの文字」という変数を作ります。中に入ってくる値は、ユーザーがどのボタンを押したかによって変わります。
キャプチャ5.PNG

GTMでは「変数の値が●●の時に」という条件でトリガーを指定したり、「Google アナリティクスのカスタムディメンションにこの変数の値を送る」というタグを指定したりできます。

7.JPG
変数は2種類あります。デフォルトでGoogleが用意している「組み込み変数」と、ユーザーが自社のホームページに合わせて設定する「ユーザー定義変数」です。

Google アナリティクスを実装する

では早速、Google アナリティクスを実際にGTMで実装してみましょう。

Googleアナリティクスはすべてのページで計測タグが読み込まれなければなりませんを読み込む必要があります。そして、今回は特に追加の値などを送らず、基本の計測タグを実装します。

これらの条件をまとめると以下のような設定が必要になります。

キャプチャ.JPG

それでは実際に設定しましょう。

タグ:Google アナリティクスの計測用タグ

左メニューから「タグ」を選択し、「新規」のボタンをクリックします。
キャプチャ9.PNG

右側から出てくるメニューの中から「ユニバーサルアナリティクス」を選択します。「従来のGoogle アナリティクス」と間違えないように注意しましょう。

トラッキングタイプが「ページビュー」になっていることを確認し、「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックを入れます。

次に、「トラッキングID」の箇所に、Google アナリティクスのトラッキングIDを入力してください。

スクリーンショット_2018-05-27_17.05.12.png

Google アナリティクスのトラッキングIDは、Google アナリティクスの画面で確認できる「UA-」から始まるIDです。

Google アナリティクスの「管理」から該当のプロパティを選択し、「 トラッキング情報>トラッキングコード」の画面からコピーすると入力ミスが防げるため、ぜひ試してみてください。

スクリーンショット_2018-05-27_17_05_50.png

これで、「該当のプロパティにGoogle アナリティクスの情報を送る」というタグが設定できました。

トリガー:全てのページが読み込まれたタイミングで

上記で設定したタグを、すべてのページで呼び出すためにトリガーを設定します。
画面下部の「トリガー」をクリックし、デフォルトで設定されている「All Pages」を選択します。

これで「全てのページが読み込まれたタイミングで処理を実行する」というトリガーが設定できました。

最後に、タグに任意の名前をつけて右上の「保存」ボタンをクリックして設定を保存します。

まとめ

ここまでで、GTMの概要とGoogle アナリティクスのタグ設定方法を理解できたでしょうか。

GTMを使うことで、Google アナリティクスをはじめとするタグの設定と管理がかなり簡便になります。これからGoogle アナリティクスを導入する方はもちろん、広告などのタグ管理が煩雑で困っている方は、ぜひ導入してみてください。