ASOアプリストア最適化)に必要なのはカテゴリやキーワードだけではありません。カテゴリやキーワードは、ユーザーアプリを見つけてもらうための第一歩です。そして、アプリを見つけたユーザーにはダウンロードを決断させる必要があります。

ダウンロードの決め手となるのはアプリストアで使用するアプリアイコンやスクリーンショット、動画といったクリエイティブです。これらのクリエイティブを通じて、印象的で効果的なストーリーを形成し、ダウンロードにつなげることができます。

詳細を見ていきましょう。

ストアページのクリエイティブ

新規ユーザーにダウンロードを促すクリエイティブデザインには、ロジックとデザイン性の両方を考えなければいけません。直感的で魅力的なクリエイティブでユーザーの目を引くと同時に、質の高いユーザーの獲得につながるビジュアルとメッセージを両立させましょう。

どのようなメッセージやビジュアルが良いかは、A/Bテストなどで見極める必要があります。

アプリアイコン:シンプルで様々なサイズ対応を可能に

アプリアイコンは、アプリストアで一覧を表示したときに最初に目にするビジュアル要素です。所定のピクセルでアイコンを構成し、アプリに関する情報をできるだけシンプルに伝える必要があります。特に次の3点に気をつけましょう。

1. サイズ対応を考慮しシンプルなデザインで作成する

アイコンは複数の場所に表示され、異なるサイズに自動調整されることに留意しましょう。そのため、細かい模様などが入ったデザインの場合は見にくくなってしまう場合があります。アイコンはシンプルなデザインで作成することを心がけましょう。

2. 競合アプリを研究する

競合アプリが使っている定番の図像やカラーパレットを調査しましょう。ビジネスモデルや業種が近いアプリに似たアイコンデザインを作ることは、ユーザーが他業種との違いから見つけやすくなります。そして、同種のアプリであることを示しながらも、ほかよりも目立つことができれば理想的です。シンプルさと目立つ要素のバランスをとることが、クリエイティブの技の見せ所です。

3. テストを繰り返す

好まれるであろうアイコンを作るだけでなく、それを裏付けるデータを集めましょう。他国向けにローカライズする際は、アイコンがその国で適切かどうかを必ず調査します。

スクリーンショット:必要かつ魅力的な画像を厳選する

アプリ機能画面のスクリーンショットは単に機能を紹介するものではなく、アプリの魅力を伝える広告だと考えましょう。各スクリーンショットは、具体的なメリットを強調し、可能であれば、テキストで主な機能を補足するべきです。以下のようないくつかのルールがあります。

1. 主要なメッセージに絞る

冗長なメッセージではユーザーに読まれません。アプリの主要機能に絞って明確に示しましょう。

2. スクリーンショットは最初の2枚

アップできるスクリーンショットの上限は、iOS App Storeの5枚に対し、Google Playは8枚です。しかし、最初に表示されるのは2枚だけで、大半の見込みユーザーが最初の2枚のスクリーンショットしか見ないとされています。したがって、最初の2枚が特に重要であり、ストーリーの最重要部分を伝えるべきものとして構成しましょう。

3. ユーザーをストーリーに導く:

スクリーンショットは重要な最初の2枚の後も大切です。全体のスクリーンショットによって、アプリのストーリーを伝えることができるからです。目標は、ユーザーに面白い物語を読み進めているように感じてもらうことです。これにより、最初の2枚以外のスクリーンショットを見てもらえる可能性も高まります。

3枚で魅力を伝えるTinderの事例

Tinderのスクリーンショットは、人気アプリの仕組みをユーザーに概説しながら、パートナー探しについてビジュアル的に魅力あるストーリーを伝えています。 わずか3枚のスクリーンショットで、アプリの機能、使い方、対象ユーザーを把握できます。

3枚で魅力を伝えるTinderの事例

動画: 短くても効果的に

Google PlayとiOS App Storeの両方で短い動画を使用できます。適切な動画ならオーディエンスをしっかりと引き込めるでしょう。多くの調査では、ユーザーテキストを読むより動画を見るほうを好むことを示しています。ただし、動画の制作は大きな投資になるため、動画に取り組む前に必ず以下のアドバイスを検討しましょう。

1. 長さを意識する

現在は15~30秒の動画が多く掲載されています。長さを意識した上で、全体のストーリーを考えましょう。てきぱきとしたペースを保ち、それでいて速すぎない展開にしましょう。

2. 最初に重要な機能に絞る

動画の冒頭にアプリの主なセールスポイントを入れましょう。動画は最初の5秒が肝心です。ただ重要と言っても、アプリの基本的な特徴をすべて詰め込むのは禁物です。

3. 行動喚起(CTA)を加える

動画の最後で、次にすべきことを視聴者に伝えます。可能な限り、アプリをダウンロードしてすぐに使い始めるよう呼びかけるのがいいでしょう。

4. 画面上のテキストでシンプルに保つ

多くの視聴者はサウンドをオフにして視聴するため、重要なポイントは画面上のテキストで強調し、気が散るような効果や遷移は避けましょう。

アイコンや動画作成での注意点

著作権とガイドラインの順守

当然のことながら、アプリストアのページで使用するスクリーンショットや動画を作成する際には必ず著作権法に従い、著作権のある画像や音楽についてはライセンスを受けなければいけません。各アプリストアの規約とガイドラインを常に把握しておきましょう。何よりも避けたいのは、時間、労力、資金を注いだ素晴らしいクリエイティブが、アプリストアに却下されたり、著作権侵害で削除されたりすることです。

評価とレビュー:傾聴と対応

評価とレビューをチェックすることで、ユーザーから見たアプリの好きな点、嫌いな点、改善を望む点、追加してほしい機能などを把握できます。ユーザーとその感想を直接確認できる希少な場所です。

人は信頼できないアプリのダウンロードに時間を浪費したくないので、レビューや評価を見て判断材料にします。肯定的な評価やレビューが多いほど、価値ある人気アプリと判断され、さらに支持が集まります。

重要なのは、ユーザーを直接コントロールできなくても、ユーザーを肯定的な方向に導く方法は確かにあるということです。良い評価とレビューに向けて最適化するには、以下を実行しましょう。

ユーザーの声を傾聴する

初歩的なことながら、ランキングとレビューを確認し、アップデートや機能に対するユーザーの反応を把握する必要があります。ランキングとレビューは、アプリのパフォーマンスを示すのに不可欠であり、製品ロードマップに組み込むべき改善点を明らかにできます。

真摯に対応する

ユーザーのフィードバックに対応して舞台裏で製品を調整するだけでなく、傾聴している姿勢を伝えましょう。これにはブログやリリースノートが有効です。iOS App StoreとGoogle Playの両方で、ユーザーのフィードバックに直接回答できます。これは、意見を傾聴し対応していることを証明する良い方法です。1つ注意していただきたいのは、ユーザーの声に応えて修正を行えば評価は変わりますが、それには時間がかかるということです。焦ることなく毎日少しずつ改善してください。

アプリで高評価を狙う

肯定的なレビューをもらう可能性を高めるために、フィードバックを求めるべきタイミングは、ユーザーアプリで素晴らしい体験をしたときです。例えば、難題をクリアしたときや重要なアクションを達成したとき、レベルアップしたときなどです。

これ以外の一般的な戦術は、アプリ内でフィードバックを求めることです。低い評価を付けたユーザーには直接フィードバックを求め、高い評価を付けたユーザーアプリストア内で評価するよう依頼しましょう。ユーザーに迷惑がられたり、押しつけがましくなったりしないよう注意しましょう。

信頼できるレビュアーにアプローチする

ベータ版のユーザーや同業者に対し、アプリストアで率直なレビューを依頼することを検討しましょう。これは、アプリストアのページにレビューが少ない(あるいはまったくない)アプリライフサイクルの初期段階で特に重要です。最初はもちろん、友人や家族に頼みましょう。ただしその後は、これまでに説明した戦術を使ってレビューを増やす段階に移ります。

まとめ

ユーザーの反応を常に把握し、有意義なフィードバックに最適化することで、アプリストアのページからのコンバージョンが向上するでしょう。傾聴、対応、テスト、改善を継続しましょう。