ferret編集部:2015年9月24日に公開された記事を再編集しています。

ここ1,2年で「コンテンツマーケティング」という言葉が流行し、様々な企業がコンテンツマーケティングに取り組み始めています。
ただ、コンテンツマーケティングは売上に直結するような施策では無いため、評価基準が非常にわかりづらいという難点があります。
とりあえず始めてみたはいいものの、成功しているのか否かが不安だという担当者様は多いのではないでしょうか。

今回は、コンテンツマーケティングが流行した背景から、コンテンツマーケティングにおける「成功の定義」と「成功に必要な要素」を解説します。

<コンテンツマーケティング記事一覧>

  1. コンテンツマーケティングとは何か〜歴史・事例などから解説
  2. コンテンツマーケティングの歴史を徹底解説
  3. コンテンツマーケティング界隈の市場規模を徹底解説
  4. コンテンツマーケティングを成功させるために必要な7つの要素(今読んでいる記事)
  5. コンテンツマーケティングでやりがちな失敗事例5選
  6. コンテンツマーケティングの目的とゴールの設計方法
  7. コンテンツマーケティングに不可欠なユーザーニーズの調べ方
  8. オウンドメディアを一から立ち上げるための方法論
  9. コンテンツマーケティング開始直後の効果測定の考え方
  10. コンテンツマーケティングに立ちはだかる最大の障壁!会社や上司を説得する方法とは
  11. コンテンツマーケティングでよく使われる13の手法
  12. コンテンツマーケティング時代のスマホ対応方法とは?
  13. コンテンツマーケティングの時代に本当に必要なライティング方法を徹底解説

コンテンツマーケティングが流行した背景

コンテンツマーケティングが注目され始めた要因の1つとして、Google検索エンジンの精度の向上が挙げられます。

Googleは創業当初からユーザーファーストを貫いており、「ユーザーが求めるコンテンツが見つけやすい検索エンジン」を目指していますが、アルゴリズムの精度が低かった数年前までは、そのようなGoogleの意図に反して、アルゴリズムの隙をつくようなSEOブラックハットSEO)が横行していました。

しかし、検索エンジンが大幅にアップデートされて以降は、Googleが目指す検索エンジンの姿に近づき、ブラックハットSEOを行っていると効果が出るどころかペナルティを受けるケースも多発し、徐々にGoogleが推奨するSEO(ホワイトハットSEO)へのシフトが始まりました。
この流れの中で、コンテンツを重視した集客=そのままコンテンツマーケティングに注目が集まり始めました。