デジタルを起点としたユーザーとの接点作りの重要性が高まる中、Web広告施策に取り組む企業・店舗が増えています。Web広告施策の中でも「Google広告」は、比較的簡単かつ少額から商品・サービスの宣伝に活用できるため、これからWeb広告に取り組みたい方におすすめです。

この記事では、Google広告に焦点を当て、はじめて出稿する人が最低限押さえるべきポイントを解説します。

目次

  1. Google広告とは
  2. Google広告を活用するメリットとデメリット
  3. Google広告の種類と使い分けのポイント
  4. Google広告のアカウント作成から出稿までの流れ
  5. Google広告でよくある疑問点
  6. Google広告の基本をおさえて、少額からスタートしよう

Google広告を初めて運用する方はこちら

知っておくべきリスティング広告運用のポイント

知っておくべきリスティング広告運用のポイント

知っておかないと広告費がもったいない!?そんなポイントをまとめた資料です。

Google広告とは

Google広告とは、Google社が提供しているWeb広告サービスです。

例えば、Google検索で「フラワーギフト」などと検索した場合、検索結果画面内に広告が表示されることがあります。

[図1]Google広告の一例
google広告-1.jpg

参考:Google広告

このような広告を簡単な手順で作成でき、料金の発生は「Web広告経由でお客様が実際に電話をかけてきた」など、成果が発生した時だけです。

「自社のビジネスについて知ってもらう機会を増やしたい」などの目的で、比較的少額からトライすることができるWeb広告サービスです。

Google広告を活用するメリットとデメリット

Google広告のメリット

「電話予約・問い合わせ件数を増やしたい」「実店舗への来店者数を増やしたい」「サイトへの訪問者数を増やしたい」など、自社のビジネスの目標に応じて広告を作成できます。

また、広告を掲載する地域は、国内でも海外でも指定できるので、自社ビジネスを海外に向けて宣伝することも可能です。

そして、どんな言葉や画像でユーザーに対してアピールしたいかは、出稿時に自分で決めることができます。

広告料金に関しては、あらかじめ設定した1か月の予算上限額の範囲内で運用でき、予算はいつでも調整可能で、広告掲載を途中で停止することも可能です。

つまり、

- 自社ビジネスを知ってほしい人に
- 伝えたいキャッチコピーやクリエイティブで
- あらかじめ決めた予算の範囲内で

リーチできるメリットがあります。

Google広告のデメリット

例えば「花屋 渋谷」「居酒屋 新宿」など、自社ビジネスに関係の深いキーワードを決めて出稿することになりますが、そのキーワード選定が難しい点が挙げられます。キーワードによっては競合が多すぎて、広告を出すために必要な予算が莫大になる場合もあるからです。

また、前項で「メリット」として自分でキャッチコピーを決められる点を述べましたが、文字数には制約があるため、短文で言いたいことをすべて表現しようとすると難しく、ハードルとなってしまう場合も考えられます。

関連記事:Google(グーグル)広告の成果アップ!クリックされる広告文の作り方

Google広告の種類と使い分けのポイント

①検索連動型広告

商品・サービスに関連する検索が行われたときに表示する、テキスト広告です。自社Webサイトへのアクセスや、売り上げを増やしたい、見込み顧客を獲得したいなどの目的におすすめです。

[図1]検索連動型広告の例
google広告-2.jpg

参考:Google広告

②ディスプレイ広告

バナー画像を使用して、視覚に訴えるタイプの広告です。「Googleディスプレイネットワーク」という広告ネットワークを通じて、各種ニュースサイト、ブログ、Gmail、YouTube など200 万以上のさまざまなWebサイト広告を表示することができます。リーチを多く獲得し、認知を拡大したい目的に適しています。

[図3]ディスプレイ広告の一例
google広告-3.jpg

参考:Google広告

③ショッピング キャンペーン

商品に関連する検索が行われたときに、検索結果画面内で自社の取扱商品をアピールできます。自宅や外出先、店頭などで商品を検索している見込み顧客に対して「ECサイトや店頭に在庫がある」と効果的に伝えることができ、来店・購買を促します。

[図4]ショッピングキャンペーンの一例
google広告-4.jpg

参考:Google広告

関連記事:Googleショッピングにタダで掲載できる?無料の商品リスティングとは

④動画広告

YouTube内で表示する動画広告です。動画の視聴や検索を行っている見込み顧客に対して強力にアピールできます。動画は、視覚だけでなく聴覚でも訴求するので宣伝内容がユーザーの印象に残りやすく、クリック率、コンバージョン率が静止画広告と比較して高くなると言われています。

[図5]動画広告の一例
google広告-5.jpg
参考:Google広告

関連記事:Google広告の動画キャンペーンとは?YouTube広告を成功させるコツ

⑤アプリ キャンペーン

Google検索、YouTube、Google Playなどで、iOS アプリAndroid アプリを宣伝できる広告メニューです。自社のアプリと似たアプリに高い関心を持つユーザーにリーチできるため、アプリの認知を獲得し、ダウンロードを促すことができます。

[図6]アプリ キャンペーンの一例
google広告-6.jpg
参考:Google広告

関連記事:Google(グーグル)広告」の「アプリキャンペーン」で自社アプリを宣伝しよう

Google広告のアカウント作成から出稿までの流れ

①Google広告のアカウントを作成する

まず、Google広告トップページを開き、画面上の「今すぐ開始」から広告アカウントを作成します。既にGoogleアカウントを保有している場合は、広告アカウントと連携することで出稿が可能になります。

google広告-7.jpg
参考:Google広告

関連記事:複数のアカウントがある場合は、一括管理できる便利な機能も!

②Google広告へログインする

①で作成したアカウントを使って、Google広告にログインします。

③支払情報の登録

次に、広告料金の支払情報を登録します。
画面右上の自分のアイコンをクリックして現れるポップアップ内の、「Googleアカウントを管理」をクリック。

google広告-8.jpg
Googleアカウントの「お支払いと定期購入」タブから、広告料金の支払いに使用するクレジットカード情報を登録します。

google広告-9.jpg

④Google広告の費用と相場

出稿予算について、ここで決めておきましょう。

例えば、国内の中小企業における検索連動型広告の一般的な予算は、月額20万円程度が相場です。ただし、業種やビジネスの規模によって異なります。

予算の決め方の一例として、「獲得したい成果から逆算して予算を算出」という方法があります。

<例>
1件販売につき、1,500円の収益が得られる商品を100件販売したい場合
検索連動型広告予算の上限は1,500円×100件=150,000円です。
ただし、広告費が150,000円かかってしまうと利益が残らないため、実際には100,000円など上限を下回る金額で予算を設定する必要があります。

▼相場や、決め方について詳しくはこちらも参考にしてください。

バナー広告の料金相場は?効率的に運用する方法を解説
Google(グーグル)広告の料金はどう決める?仕組みや相場を解説

⑤設定

●目標設定

広告でどんな目標を達成したいか決めて、それに合う目標設定をします。
例として「ウェブサイトでの商品購入や申込みを増やす」を選択し、画面右下の「次へ」で次に進みます。

Google広告_目標設定.jpeg

●店舗・サービス名入力

お店やサービスの名前を入力します。

google広告サービス名入力.jpeg

●LP(誘導先)入力

広告から誘導したいURLを入力します。

Google広告_LPのURL入力.jpeg

●広告文入力

広告の見出しやキャッチコピーを入力します。
ここでお店や会社の電話番号を登録し、「広告に通話ボタンを表示する」にチェックを入れておくと、広告経由で電話問い合わせも促進できます。

Google広告_広告文の作成.jpeg

●キーワード設定

自社のビジネスに関連の高いキーワードを設定します。

Google広告_キーワード設定.jpeg

●ターゲティング設定

広告を適切な地域に表示するために、ターゲティング設定をします。

Google広告_ターゲティング設定.jpeg

●予算設定

予算を設定します。

Google広告_.jpeg

関連記事:Google(グーグル) 広告エディターとは?驚くほど広告運用が楽になる使い方

▼こちらのPDF資料では広告運用についてのポイントも詳しく解説しています。

広告運用を始めるなら知っておきたいポイントまとめ

広告運用を始めるなら知っておきたいポイントまとめ

知っておかないと広告費がもったいない!?そんなポイントをまとめた資料です。

Google広告でよくある疑問点

Google広告の停止について

Google広告の出稿を始めたけれど、手応えを感じられない」という場合には、途中で出稿を取りやめることができます。広告料金の前払い残高がない場合は、「キャンペーンの一時停止」をすると、特定の広告の出稿を取り下げることができます。前払いの残高がある場合は、払い戻しを受けることができます(※プロモーション特典分は除く)。

広告停止に関しては以下の記事をチェックください
Google(グーグル)広告はどんな基準で審査される?対象項目や落ちたときの対処法まで
Google(グーグル)広告のアカウント停止時の注意点と対処法

コンバージョンの設定方法

広告出稿ができたら、次は広告の効果測定をするためのコンバージョン設定をしましょう。コンバージョン設定をし、測定できるようになると、Webサイトの成果と広告の関係を知ることができます。つまり、いくらの広告費を使って成果につながったのかなどの費用対効果を明確にできます。

▼手順について詳しくはこちらで解説しています。
ポイントを理解!Google(グーグル)広告のコンバージョンを設定しよう
運用:Google AdWordsのコンバージョンの設定方法

困ったときのGoogle広告ヘルプ

出稿時や、運用中に疑問点が出てきた場合には、まずGoogle広告ヘルプを活用しましょう。例えば、「検索連動型広告を出そうとしているけど、途中でつまづいた」「出稿後に修正したいけど、どうしたらいいの?」「自分の業界での効果はどれぐらい?」など、疑問解決のためのナレッジを参考にできます。

Google広告認定資格

Google広告認定資格とは、Googleが設けているGoogle広告に関する資格で、Google広告の知識を持っている点をアピールできます。Web広告業界では非常に評価の高い資格であり、これから広告代理店で働きたい方、また社内で広告運用部署に異動したい方などにおすすめです。

関連記事:Google(グーグル)広告認定資格とは?メリットや取得方法を解説

Google広告の基本をおさえて、少額からスタートしよう

この記事で解説してきたように、Google広告の出稿手順そのものは、それほど難易度の高いものではなく、比較的少額でも始められるため、「まずはやってみる」ことが大事です。
ただし、決して「出稿することがゴール」ではなく、ビジネスの成果につなげるためには、出稿後の運用こそが肝心です。運用とは、コンバージョン率などの数値を追い、成果を見ながら広告内容に改善を加えていき、売上につなげる取り組みのことです。
「そこまで自社で手が回らない!」という場合は、専門の知見を持つ会社に運用代行してもらう方法もあります。
運用代行のメリット・デメリットについて詳しくはこちらの記事でも解説していますので、参考にしてください。

関連記事:Google(グーグル)広告の運用代行とは?メリット・デメリットなどを詳細解説

あわせて、こちらのPDF資料では広告運用や広告費について詳しく解説しています。これから広告運用を始める方はぜひ参考にしてください。

知っておくべきリスティング広告運用のポイント

知っておくべきリスティング広告運用のポイント

知っておかないと広告費がもったいない!?そんなポイントをまとめた資料です。