Facebookページには、クーポンを発行する機能がついています。お得なクーポンを発行し、広告などを使って拡散すれば、店舗やサイトの知名度を高めたり、利用者を増やしたりする効果を期待できます。Facebookのクーポンは少ない手順で発行可能で、物理的に割引券を発行して配布するよりずっと手軽です。

今回は、プロモーションに役に立つFacebookクーポンの発行方法と活用の仕方をご紹介します。

Facebookのクーポンとは

coupon0.png
Facebookのクーポンとは、Facebookページから作成できる割引券のようなイメージです。飲食店であれば「店舗で使えるソフトドリンクサービス券」、ECサイトなら「○円以上お買い上げで10%オフ」など、業態やサービスに合わせて割引内容を自由に設定できます。

クーポンはFacebookページを運営している管理者であれば誰でも手軽に作成できます。クーポンの利用方法は作成時に指定可能で、画面上にクーポンコードを提示し、ユーザーに入力してもらうことでクーポンが発行されるようにすることも可能です。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

クーポンの作成方法

ではさっそくクーポンの作成方法を解説していきます。

まず、クーポンを発行したいFacebookページの管理者権限を持つアカウントでログインした状態で、該当のFacebookページへアクセスします。そこからクーポン作成画面を開きます。ページによって表示が若干異なる場合があるので、以下の画像を参考にしてください。

coupon2.png
投稿入力欄にアイコンが表示されている場合、「クーポンを作成」のボタンをクリックします。

coupon1.png
アイコン等が表示されていない場合、投稿欄上部の「イベント、製品+」をクリックして表示されるメニューの中から「クーポンの利用を増やす」を選びます。

coupon3.png
必要事項を入力してクーポンを作成します。「タイトル」は50文字以内です。「有効期限」「画像」「クーポンを利用できる場所」は必須項目、クーポンコードの文字列や利用規約は任意の入力項目です。

すべて入力したら右下にある「公開」ボタンをクリックします。公開の横の▼からはクーポン投稿を予約するための日付指定ができます。

クーポンが表示される場所

coupon4.png
完成したクーポンは、ページにいいね!してくれている人のフィードに流れます。また、Facebookページの「クーポン」タブから、閲覧することも可能です。

赤枠で囲んだクーポン画像をクリックすると、保存画面が出てきます。

coupon4-2.png
ユーザーはクーポン画像を保存することで、店頭で手軽に提示して利用できます。また、クーポンがメール送信設定の場合はユーザーの登録アドレスにクーポンが送信されます。クーポンは非公開にすることも可能です。

クーポンを宣伝しよう

クーポンを宣伝できるクーポン広告を使えば、既存顧客の再来店を促したり、新規顧客を獲得したりできます。クーポン広告の作成方法を解説します。

coupon5.png
すでにクーポンを作成している人は、クーポン投稿右下の「投稿を宣伝」をクリックすると広告設定画面が表示されるので、ターゲットや予算を設定すれば出稿完了です。

広告マネージャを使った宣伝方法

広告マネージャからクーポン広告を作成することもできます。

coupon6.png
広告の目的として「トラフィック」「コンバージョン」「来店数の増加」のいずれかを選択します。

coupon7.png
広告キャンペーン名」と「主な結果」を入力し、「広告アカウントを設定」をクリックします。

coupon8.png
アカウントの国、通貨、時間帯など広告アカウントを設定し、「次へ」をクリックします。

coupon9.png
クーポンのセクションが表示されるので、切替えボタンをオンにして、「クーポンを作成」をクリックします。

coupon10.png
「クーポンのタイトル」「詳細」「終了日」「終了時間」「クーポンを利用できる場所」「オンラインクーポンURL」「クーポンコード」「合計クーポン数」を記入し、「作成する」をクリックします。

coupon11.png
クーポン広告の「ターゲット」「配置」「予算」「掲載期間」を選択し、「次へ」をクリックします。

coupon12.png
クーポン広告に使用するフォーマット・画像・見出しやテキストを設定し、「実行する」をクリックして終了です。

まとめ

Facebookクーポンの作成自体は無料です。紙のクーポンと違って初期投資がかからないため、ちょっとしたタイミングに気軽に作成、発行ができます。例えば、雨の日に当日限定のクーポンを配布するなど、状況やタイミングに合わせた使い方も考えられるでしょう。Facebookページ上で簡単に作成、拡散できるクーポン、この機会にぜひ活用してみてください。