本記事で学ぶ内容

・Webプロモーションにおいて登場するデータ指標で優先すべきもの
・登場するデータ指標で優先すべき理由

Web広告を自社や代理店経由で依頼したとき、戻ってきたレポートには必ず、様々な指標が登場します。一例を挙げると「表示回数、クリック数、CTRCVR、CPA、CPM」などです。

##広告のログデータにおいて見るべき重要指標はひとつ

特に1つのWeb広告を展開していると、まず、「ホームページにどのくらい来訪させることができたのか」を知りたくなるため、「クリック数」などに目を向けがちです。

しかし、前回解説したように、本来の広告の効果とは「投資対効果」なので、「売上に寄与するもの」を優先して考えると良いでしょう。Web施策において、まず見るべき効果測定の指標は「CPA(顧客獲得単価)」です。

なぜ「CPA」が重要なのか? CV数ではないのか?

たとえば、ある商品が1,000円で売れたとしましょう。この時に重要なのは、「1,000円で何個売れたか?」よりも「1,000円の売上を作るためにいくら使ったのか?」です。

1,000円の商品を売るために5,000円も使っていたら、これは間違いなく大赤字です。そのため、CPAはCV数に優先されて考えられるべきなのです。

##まず、投資対効果に直接関与するものを見て、それを関節に波及させる

「ものがいくらで売れている」という指標がある場合、それが儲かっているからこそ「何個売れたの?」という考え方が出てきます。

そして次に影響を与えるものが「集客の状況」となり、この段階において初めて「クリック数」に目を向けると良いでしょう。最初に「獲得」があって、次に「集客効率」となるのです。

まとめ

広告の目的」というと「集客」に目が行きがちですが、広告とはそもそも「獲得を最大化するための手段」ということを念頭におくべきです。そのため、プロモーションにおいてみるべき重要な指標も安直にCVの発生数だけをみるのではなく、1件の売上を獲得するために何円の費用が発生しているのかを確認することが大切なのです。

先述の通り、何のためにプロモーションを行っているのか、目的に順序をつけて正しい評価を行いましょう。