Twitter(ツイッター)広告のターゲティング

言語ターゲティング

初期設定では全ての言語がターゲティングされますが、必要に応じて、特定の言語を話すユーザーをターゲティングできます。

例えば、日本語で作ったキャンペーンをアメリカ、中国、フランス、ドイツに絞って配信を行う場合、その地域に住む日本語を話すユーザーに限定して配信することも可能です。

性別ターゲティング

初期設定では全ての性別が対象となっていますが、キャンペーンの内容に応じて、ターゲティングをいずれかの性別に絞り込めます。

ユーザーの性別は、プロフィール名を含めた、ユーザーTwitterを利用する際に提供した情報から推測されています。

インタレストターゲティング

インタレストターゲティングでは、教育やスポーツなどの25カテゴリーと、350ものサブトピックから選択することができます。ビジネスとの関連性が高いトピックを選ぶことで、効率的に潜在顧客にアプローチすることが可能です。
  
キャンペーンを実施していく中で、各サブインタレストを効果があるものとないものに定期的に選別していき、有効なものだけに絞り込んでいきましょう。

Twitter公式ページ内では、1つのキャンペーンで対象にするサブカテゴリーは、10個以内にするようにと言われています。
  

フォロワーターゲティング

フォロワーターゲティングは自社のフォロワーに配信するのではなく、特定のユーザーを選ぶことで、選んだユーザーのフォロワーに似ている人たちにキャンペーンが表示されます。

よって、Twitter公式ページでは、配信対象の母数が多くなるように、1つのキャンペーンで30件ほどのユーザーをターゲティングすることを推奨しています。なお、選んだユーザーをもとに、どの程度の範囲に広告が配信されるかについてはキャンペーン管理画面で予測値を確認できます。

端末ターゲティング

端末ターゲティングは、以下のユーザーが利用している各端末に対して絞り込みをかけて広告を配信することができます。以下のようなステータスによってユーザーをセグメント化し、最適なターゲティングを行えるのがメリット。

  • OSのバージョン
  • 端末の種類
  • Wi-Fi接続状況
  • 携帯電話会社
  • 新しい端末

Twitter公式ページによると、Twitterユーザーの80%以上はモバイル端末からTwitterにアクセスしているので、特にモバイルを意識した端末ターゲティングは有効だと言えるでしょう。モバイルというセグメントの中に、追加でOSによるセグメンテーションをかけることで、AndroidユーザーとiOSユーザーの反応状況に応じて、柔軟にキャンペーンを使いわけることも可能です。
  

行動ターゲティング

行動ターゲティングは、ユーザーのツイート、いいね、リツイートによって配信ターゲットを決めるわけではありません。Twitterパートナーから情報を得て、ユーザーオンラインやオフラインでの行動をもとに、キャンペーンを適切に表示していきます。

なお、行動ターゲティングは、現在、米国および英国内でキャンペーンを実施する場合に活用できる広告です。
  
参考:Introducing partner audiences|Twitter公式サイト
  

テイラードオーディエンスターゲティング

自社で保有しているリスト(メールアドレス、Twitterユーザー名、モバイル広告ID)をもとにユーザーをターゲティングする広告です。

例えば、TwitterWebサイトタグTwitter広告から利用できます)を自社Webサイトに埋め込み、自社サイトにアクセスしたユーザーをリスト化して、その対象をもとに自社キャンペーンを表示させることができます。
  

キーワードターゲティング

キーワードターゲティングでは、Twitterで最近ツイートされたり検索された言葉をもとに、キャンペーンにマッチするユーザーをターゲティングします。

広告の配信方法は「検索」と「タイムライン」の2つの方法があります。

使いわけのポイントは、「過去」と「現在」の時間軸で考えてください。Twitterで検索された言葉は、ユーザーが「そのとき」に何に最も興味を持っているかを表しています。一方で、タイムラインのツイートはユーザーが「いま」考えていること、感情、ニーズなどを表しています。
  

地域ターゲティング

地域ターゲティングでは、200を越える市場のユーザーを対象に設定することが可能です。

その単位は国という大きなまとまりだけではなく、都市や州など、さらに細かく地域を設定して広告を配信することができます。日本では、都道府県単位でのターゲティングを行えます。

なお、広い地域(例:日本)とその地域内に含まれる狭い地域(例:東京)を同時に設定すると、広い地域の設定が優先され、広告が配信されることになります。