なぜCMSが必要とされるのか?解決できる課題は何か!?

Webページを作るツールならばCMS以外にもたくさんありますが、なぜCMSが必要なのでしょうか。どこにメリットがあるのでしょうか。

理由の1つとして考えられるのが、CMSを導入することでマーケティング活動のムダを解消し、コンテンツ価値向上につながるからです。

CMSがないと、Webページは作れたとしてもその後の管理を全て手作業で行わなくてはなりません。手作業での管理には専門的なスキルが必要な上に、手間がかかるため、時間をムダにしてしまうことも少なくありません。

CMSを導入すれば専門的なスキルや時間がなくともWebページの更新ができるため、スキルの習得や作業時間が必要ないだけではなく、人材確保が不要となるためコスト削減にもつながります。また、手軽に情報発信ができるようになることでコンテンツの価値が高まり、結果的に顧客満足度が向上します。

CMS選定時に注意したい5つのポイント

2.gif
http://k-consulting.jp/cms/tool/index.html

CMSを選ぶ際、機能面や価格以外にも注意したいポイントがあります。

具体的には下記の5つのポイントに注意するといいでしょう。
  

1. 使いやすいかどうか

マーケティング担当者が管理をしていくことが理想ですが、必ずしもほかの担当者が関わらないとは限りません。ITリテラシーが低い人が担当した場合を想定して、誰にでも使いやすいCMSを選択しましょう。
  

2. コンテンツ制作フローに適しているか

自社のコンテンツ制作フローを確認し、フローに適しているものを選択しましょう。
  

3. PDCAサイクルを回転させやすいか

マーケティング業務の視点で考えた時、PDCAサイクルを回しやすい必要があります。A/Bテストが使えるか、効果測定に使えるデータが抽出できるか、なども確認しておきたいところです。
  

4. 連携性はどうか

営業部門とやり取りしたり、その他のアプリケーションと連携しやすいかどうかも重要です。社内で使用しているほかのシステム、アプリケーションと問題なく連携できるか、マーケティング活動全体の支援が可能かを確認しましょう。
  

5. サポート体制やセキュリティなどはどうか

機能面の高さ以外に、サポート体制やセキュリティレベル、マルチデバイス対応しているかといった点にも注意して選択しましょう。

他の記事にもCMSのメリットやデメリット、注意点を解説した記事がありますので、参考にしてみてください。

Webサイト作成に役立つCMS。そのメリット・デメリットを解説!

Webサイト作成に役立つCMS。そのメリット・デメリットを解説!

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システム(コンテンツ管理システム)の略称で、Webの専門知識を持たない初心者でも、簡単にWebサイトの運営ができる管理システムのことです。今回はCMSのメリット・デメリットに加え、導入前に知っておきたいポイントもまとめました。