動画広告は、他の広告に比べて時間あたりの情報量が多く、プロモーションメディアとしては非常に訴求力が強い反面、あからさまに広告として接触するようなアプローチは、インターネットユーザーから嫌がられる傾向があります。

動画広告を使ったプロモーションの場合、自然にターゲットへアプローチするかが重要になります。

この「自然に接触する」という部分に強みを持っているのが、動画を使ったTwitter広告です。コンテンツに馴染む形でタイムラインに流れる事で、自然な形で動画広告をターゲット層へ当てることが可能です。

今回の記事では、動画再生を目的としたTwitter広告キャンペーンの特徴や設定方法について解説します。

動画再生を目的としたキャンペーンの特徴

動画コンテンツTwitter広告のクリエイティブに活用するキャンペーンです。
主にスマートフォンでTwitterを閲覧している利用者に対して、時間あたりの情報量が多い動画コンテンツで訴求することで

プロモビデオの掲載場所


プロモライブビデオ


ビデオカンバセーショナルカード



image6.png



インストリーム広告配信の時間軸


インストリーム広告の掲載イメージ