自社ホームページのアクセス数やコンバージョンを増加させるためWeb広告を出稿している広告主はたくさんいるでしょう。

Twitter広告には、これらの目的を達成するための広告キャンペーン「ウェブサイトの誘導数またはコンバージョン」があります。今回は、「ウェブサイトの誘導数またはコンバージョン」の特徴と始め方について解説します。

「ウェブサイトの誘導数またはコンバージョン」キャンペーンの特徴

プロモツイートキャンペーンの一種で、、ホームページのアクセス数やコンバージョンを促すことに最適化されたキャンペーンです。

このキャンペーンでは、広告に設定したリンクのクリック回数に応じて課金されます。

広告クリエイティブには、誘導したい先のURLを含んだツイートを利用するフォーマットのほかに、より印象的なプロモーションができる「カード型広告」を設定できます。
ホームページへの誘導を促す「イメージウェブサイトカード」や、動画を再生しつつホームページを読み込む「ビデオウェブサイトカード」があります。

【イメージウェブサイトカードの掲載イメージ】
twitter-10_-_1.jpg

【ビデオウェブサイトカードの動画再生イメージ】
twitter-10_-_2.jpg

これらのリッチな広告クリエイティブを活用すると、ユーザーはより企業や商品・サービスに興味を抱きやすくなるため、ホームページの誘導やコンバージョンの最大化に繋がる可能性があります。
とくに、動画を活用した「ビデオウェブサイトカード」はよく利用されており、クリック率やコンバージョン率が改善した事例も多くあります。

キャンペーンの掲載場所

twitter-10_-_3.jpg

広告は、ターゲティングしたユーザーのタイムライン上に、通常のツイートに馴染む形で表示されます。

タイムライン上に自然な形で掲載されるので、ユーザーに「広告」と敬遠せずに閲覧してもらえるという特徴があります。

参考:
ビデオウェブサイトカードのご紹介

##ウェブサイトクリック(コンバージョン)キャンペーンの設定手順
キャンペーンの開始までの手順を解説します。
下記7ステップで配信を開始できます。

1. キャンペーンの目的を選択
2. キャンペーン名と日別予算を設定
3. キャンペーン開始のタイミングを選択
4. 広告グループ名と入札タイプを選択
5. ターゲティングの設定
6. クリエイティブを選択
7. 内容確認後に配信開始

各ステップごとに詳しく見ていきましょう。

1.キャンペーンの目的を選択

キャンペーンを初めて作成する場合は、Twitter広告の管理画面からキャンペーンの目的を選択します。「ウェブサイトの誘導数またはコンバージョン」を選択してください。
twitter-10_-_4.jpg

すでにキャンペーンを作成している場合は、管理画面にある「 [新規作成(目的を選ぶ)」ボタンをクリック後、キャンペーンの選択画面で、「ウェブサイトの誘導数またはコンバージョン]」を選択します。

2.キャンペーン名と日別予算を設定

twitter-10_-_5.jpg

次に、キャンペーン名を入力します。
あとからどのようなプロモーションだったかがわかる名前をつけましょう。

キャンペーン名を入力したら予算を設定します。
予算のタイプは、1日ごとの上限予算と、このキャンペーンに使用する総予算の2通りあります。
プロモーションの予算が明確に決まっている場合は、キャンペーンの総予算を設定しておくと予算超過を防げます。

3.キャンペーン開始と終了のタイミングを選択

予算を設定したら、キャンペーン開始のタイミングを選択します。

設定完了と同時に配信を開始する場合は「今すぐ開始して、継続的に実施」を選択します。
広告配信の開始と終了のスケジュールを決めたいときは「開始日と終了日を設定」を選択します。スケジュール設定は日時単位のほか、時間単位まで設定できます。

4.広告グループ名と入札タイプを選択

twitter-10_-_6.jpg

キャンペーンの設定が完了したら、次に広告グループ名を入力します。
どんなクリエイティブを配信したかがわかりやすい名前をつけましょう。

広告グループ単位でも予算とスケジュールを設定できます。クリエイティブ単位で予算を決めたいときや、日時によって広告を切り替えたい場合は、広告グループで予算やスケジュールを設定しましょう。

次に入札タイプを選択します。

入札タイプは、3つあり、Twitterのアルゴリズムによって自動で最適化されるものと、目標コストを設定し1日あたりの平均コストを設定した目標額以下に調整されるものと、上限入札単価を設定するものがあります。

さらに最適化設定で、リンクのクリック数に最適化するのか、ウェブサイトコンバージョンに最適化するのかを選べます。

5.ターゲティングの設定

クリエイティブを選択したら、つぎにターゲティングを設定します。
ターゲティングについては下記講座を参考にしてください。

参考:
Twitter広告をフル活用!全ターゲティング設定を解説

6.クリエイティブを選択

twitter-10_-_7.jpg

次に、広告として使用するツイートを選択します。
広告に使うツイートは、広告ツイートを新規作成する以外に下記3つから選択できます。

  1. オーガニックツイート
    すでにツイートしているものから広告に使用するツイートを選択できます。

  2. 予約投稿ツイート
    予約投稿されたツイートを選択できます。

  3. 広告用ツイート
    すでに作成している広告用ツイートから選択できます。
    このツイートは広告としてだけ使えるものなので、通常のツイートのようにタイムラインには表示されません。

7.内容確認後に配信開始

すべての設定が完了したら、設定内容の確認画面が表示されます。
設定内容に誤りがないかを確認したら、右上の「キャンペーンを開始」をクリックして広告配信を開始しましょう。

タグの設定(コンバージョン計測する場合)

Twitter広告をクリックしたユーザーがどの程度コンバージョンしたのかを計測するためには、コンバージョンタグの設定が必要です。

Twitter広告のコンバージョンを計測する場合は、「コンバージョン計測タグ」をホームページのコンバージョンページに設置します。

コンバージョンイベントを作成していない場合は、「広告グループ作成」画面で「キーコンバージョンデータ(オプション)」からコンバージョンイベントを作成しましょう。

Twitterのクッキー使用ポリシーに同意して、「コンバージョントラッキングのウェブサイトタグを作成」ボタンをクリックし、発行された計測タグをホームページのコンバージョンページに設置してください。これで、コンバージョンの計測が可能になります。

まとめ:コンバージョンを最大化するキャンペーンを活用しよう

Twitter広告には、ホームページのアクセス数やコンバージョンの最大化を目的としたキャンペーン、「ウェブサイトの誘導数またはコンバージョン」があります。このキャンペーンを活用して、自社ホームページのコンバージョン数を最大化を目指しましょう。

広告クリエイティブには、誘導したい先のURLを含んだツイートを利用するフォーマットの他に画像や動画を用いたリッチなフォーマットも選べます。「ビデオウェブサイトカード」は、通常の動画広告に比べてクリック率が高くなる例もありますので、積極的に利用してください。

また、広告を出稿するときは、コンバージョン計測タグの設置も忘れないようにしましょう。