メルマガはどのような端末(デバイス)で閲覧されているかご存知でしょうか?

BtoC系の企業のメルマガは通勤時間や余暇時間に読まれるためスマートフォンでの閲覧が多く、BtoB系の企業のメルマガは出社後に読まれるためデスクトップでの閲覧が多いでしょう。

とは言っても、必ずしもそのデバイスで読まれるとは限りません。
BtoB系のメルマガなのでPCで閲覧したときに最適化されるように作成したメールが、スマートフォンで見たら文字が小さいために読めないこともあります。

そんな悩みを解決するのが「レスポンシブメール」です。

レスポンシブメールとは閲覧されるデバイスによってそのサイズを自動で変形させるHTMLメールのことです。

今回はそんなレスポンシブメールのメリットとデメリットについて解説します。

メリット:どんなデバイスでも最適なサイズで表示される

レスポンシブメールのメリットは、先述した通り、メールのデザインがデバイスの画面サイズに合わせて自動で表示が変わることです。これにより、読者がどんな端末を使っていたとしても気にする必要がありません。

会社のパソコンで見ていようが、通勤中にスマートフォンで見ていようが、閲覧しているデバイスに最適なサイズでHTMLメールが表示されます。

また、1つのHTMLタグの記述で様々なデバイスを網羅できるため、これまでそれぞれのデバイス別にHTMLメールを作っていたのならば、メール作成の手間を大幅に短縮できます。

デメリット:確認の手間やファイルサイズが大きくなりやすい

一方でレスポンシブメールにはいくつかのデメリットもあります。

1つ目は、通常のHTMLメールを作るよりも正常に表示されているかを確認するのに手間がかかることです。
上述したようにレスポンシブメールは1つのHTMLタグで様々なデバイスを網羅できます。当然ながら正確に記述をしないと、思っていたような表示がされません(表示が崩れる)。

そのため、HTMLメールを作成した後のテストでは、PC・タブレット・モバイルそれぞれで正しく表示されているかの確認が必要になります。

2つ目は、レスポンシブメールを正しく表示させるためには、読者側の環境がレスポンシブメールで使用されるHTML5とCSS3という技術に対応している必要があることです。
同技術に非対応のメーラーはレスポンシブメールを表示させることができません。

特に「ガラケー」と呼ばれるフィーチャーフォンでは、ほとんどの機種でHTMLメールを表示することができないので注意が必要です。

Docomoやau、softbankなどの契約者が使用できるキャリアのメールアドレス(※)は、ガラケーでもスマートフォンでも使用ができるため、HTMLメール形式でメールを送っても読者はメールを閲覧できない可能性があります。
※メールアドレスの@マーク以降がdocomo.ne.jpのようにキャリアのドメインになっているメールアドレスのこと

とはいえ、レスポンシブメールに対応しているGmail(※)やYahoo!メールを利用する個人が多いことや、、MVNOの普及に伴いキャリアのメールアドレスを使う人も減少していること、HTMLメールを閲覧できないガラケーの所有率の減少などを鑑みると、そこまで気にする必要もないでしょう。
※一部のWebサイトではGmailはレスポンシブメールに非対応と書かれていますが、Gmailについては2016年10月にレスポンシブメールへの対応が完了しています。

表示が重くなる

レスポンシブメールを作る際には、CSSのメディアクエリで細かな指定を行います。

例えば、「見ている画面のサイズが○○より小さい場合は、この画像を表示し、それ以外の場合はこの画像を表示する」とか「画面のサイズが○○の時は3段組で表示、それより小さい時は2段組で表示させる」などといったように、いろいろなパターンを指定しているため、受信環境にとっては余分な読み込みが発生します。

この余分な読み込みと、レスポンシブメール内で使用している画像の読み込みも重なって、「HTMLメールがなかなか表示されない」ということが発生してしまうこともあるのです。

そのため、レスポンシブメールを作成する際にはいつも以上に、画像を含めたメールのサイズが小さくなるように気を使うことをおすすめします。

まとめ

メリットよりも多くのデメリットを挙げましたが、このほとんどの問題は、時間の進みとともに大した問題ではなくなってきています。

技術的な面で言えば、HTML5/CSS3に非対応の環境は減少していますし、ネットワーク環境の進化に伴い、読み込みの時間も気にするほどの問題ではなくなっています。

それよりも、表現力が高く訴求力の強いHTMLメールを一人でも多くの人に届けるメリットの方が断然大きいでしょう。

この機会にレスポンシブメールを検討してみてはいかがでしょうか。