アクセス解析ツールの選び方のポイントは?

この記事では、8つのアクセス解析ツールを具体的に挙げながら、その特長などをお伝えしました。

「初心者向けで、シンプルな機能に絞り込まれたツール」から、「規模の大きいサイトを運営する大企業向けで、ログ保持も長期間可能なツール」など、さまざまなタイプのツールが存在する事が分かります。

また、ただアクセス解析を設置するだけでなく、Web施策改善に繋げていくことが重要という観点から、「ヒートマップ」や「Web接客」「NPS調査」などWebマーケ施策に直結するサービスを付加した製品も見られるようになっています。

選び方としては、

  • 自社サイトの目的や規模を再確認し、それに合ったツールを選ぶ
  • 導入候補ツールを絞り込んだら、管理画面のデモなどを見て、日々の運用において理解できそうかどうか確認する

といった点がポイントだと言えるでしょう。ぜひ自社に最適なツールを見つけて、Webサイトの改善・成長に繋げていってください。

関連記事

自社サイトの成長をアシストする重要ツール「アクセス解析」を詳しく解説

自社サイトの成長をアシストする重要ツール「アクセス解析」を詳しく解説

企業のWeb担当者やマーケ担当者で、自社サイトにアクセス解析を入れるために基本的な知識を身につけたい人に向けて、「アクセス解析って何?」「何のために入れるの?」「何ができるの?」「メリットは?」といったことを解説していきます。

Webマーケター必須の「Google データポータル」。データの可視化で業務を効率的に

Webマーケター必須の「Google データポータル」。データの可視化で業務を効率的に

Webマーケターにはおなじみの「Google データポータル」。大多数の企業が活用しているGoogle アナリティクスやGoogle Search Consoleといったアクセス解析ツールで収集したデータを参照しながら、表やグラフで「見える化」するツールです。この記事でGoogle データポータルの使い方や活用するメリットを学んで、提案や分析をよりスピーディーに行っていきましょう。